WeWork 深セン CCSS eyecatch

コワーキングスペースの黒船と言われるWeWork(ウィーワーク)が、ついに深センに上陸しました!

WeWorkは現在全世界で26万人以上の会員数を持ち、ソフトバンクグループから3億ドルの資金調達を得たとニュースにもなったように莫大な資金力を背景に持ち、
2016年7月、上海に初のスペースをオープンさせたのを皮切りに、中国への進出を加速させていきました。今では(香港を含め)合計16箇所にも広がっています。

2018/9/3、深圳市南山区にある中建钢构大厦の10階に「WeWork CCSS (China Construction Steel Structure)」をソフトオープンしましたが
まだ本稼働ではなく、レギュラーオープンは10月の予定です。その間に様々なイベントを行っていくとのこと。
今回は、ソフトオープニングの週に訪問しました。(多分)本邦初公開です!
また、ShenzhenfanとWeWorkは提携を決定しました。(詳細は後日お伝えします)

[UPDATE] 提携内容が発表されました!期間限定で大幅割引実施中です。詳細は以下の特設ページをご覧ください。

 

深センのコワーキングスペース事情

深センでもコワーキングスペースブームは健在で、有名な施設をあげると
Tencentの「衆創空間」(日本語で分かりやすく説明しているサイトがありました)や、 SimplyWork(思微)、また Bee Plus がコワーキング/インキュベーション施設としては有名で、現在も大型施設を続々と建設中です。
他にもSeg Makerや、x.factory、Trouble Maker(関連記事)など、電子部品パーツがすぐに調達できる深セン特有の利点を生かしたメイカースペースが、華強北周辺に多数存在しています。
世界中に拠点を持つWeWorkは、メンバーであればフリースペースを使うことができるので、巨大なブランド力を生かしてまずは外資系企業に人気が出そうです。

WeWork 深セン CCSS デスク

2018年内に2箇所誕生。2019年に3箇所誕生予定

怒涛の展開!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

WeWork CCSS

2018年9月オープン

China Construction Steel Structure Building (10TH – 12TH FL) 3331 Zhongxin Rd, Nanshan Shenzhen 518054
中建钢构大厦 深圳市南山区中心路 3331 号 中建钢构大厦 第10ー12楼,邮编:518054

WeWork TCL

2018年10月オープン

TCL Building 9th Floor, Tower B, TCL Building 6 Gao Xin Nan Yi Street, Nanshan Shenzhen 518057
TCL 大厦 深圳市南山区高新南一号 TCL大厦B 第9楼,邮编:518057

WeWork UpperHills Loft

2019年3月オープン

UpperHills South LOFT 5001 Huanggang Road Shenzhen Shenzhen 518000
深业上城南区LOFT 深圳皇岗路 5001 号,邮编:518000

WeWork Hon Kwok Center

準備中

Hon Kwok Center  3031 Shennan Ave Futian CBD Shenzhen 518000
汉国中心 深圳市福田区 CBD 深南大道 3031 号,邮编:518000

WeWork CR Land Tower D

準備中

CR Land Tower D  19 Kefa Road CR Land Tower D Shenzhen
华润置地大厦 D 座 19 Kefa Road CR Land Tower D Shenzhen

以下の日本語の公式サイトには地図付きで書かれてあります↓

 

アクセス・ロケーション

WeWork CCSS (中建钢构大厦) の最寄駅は、地下鉄2号線「登良」駅です。出口Cから徒歩6分の距離。

WeWork 深セン CCSS

上に「中建钢构大厦」というサインのあるビル。左側にはアリババグループの Ali Center ビルが見える。

WeWork 深セン CCSS 入り口

「钢結构博物館」の隣

WeWork 深セン CCSS エントランス

建物の入り口はセキュリティがしっかりしているので、訪問するときは事前予約が必要。

予約していない場合は左の係員に「WeWorkに行きたい」といえば担当者の名刺をくれるのでその場で電話(英語/中国語)すれば訪問可能です。

WeWork 深セン CCSS エントランス

エレベーターを降りると受付

 

内部見学

まだソフトオープンのため人は少なかったですが、スタッフみんな仲が良さそうな良い雰囲気でした。

WeWork 深セン CCSS カフェエリア

オフィススペース

WeWork 深セン CCSS オフィススペース

WeWork 深セン CCSS オフィススペース

逆光でうまく撮れなかった...

新しいオフィスなので当たり前ですが、とても綺麗。周りの景色も緑がよく見えて気持ちいい。

WeWork 深セン CCSS 通路

オフィス・会議室だけでなく、周囲の音をシャットアウトできる電話専用スペースも。

WeWork 深セン CCSS 会議室

WeWork 深セン CCSS 電源

テーブル併設の電源タップ。USBも日本の電源コネクタももちろん使える。

WeWork 深セン CCSS コピー機

プリンターは、モノクロが120枚/月、カラーが20枚/月 無料で使用可能。

WeWork 深セン CCSS 窓からの景色

オフィス一角の窓から見える景色。HISENSEや春笋と呼ばれる竹の子(ロケット)型のタワー「华润大厦」も見える。

窓からの眺めは最高です。このあたりの土地は至るところが工事中で、どんどん新しいビルが建っていく。
数年後は景色がガラッと変わりそう。中国トップのオフィス街になるんじゃないかな。

カフェ・休憩スペース

 

WeWork 深セン CCSS 休憩スペース

休憩スペース。シリアスな電話をしながらこのゲームをしている人がいた。気分転換に良さそう

WeWork 深セン CCSS カフェスペース

カフェスペース。フルーツウォーター、ビールサーバー、シリアルも完備!

WeWork 深セン CCSS SEESAWコーヒー

コーヒーは専用マシンでいつも挽きたてが飲める。豆は Seesaw Specialty Blend。美味しかった。

WeWork 深セン CCSS ビール・フルーツウォーターサーバ

フルーツウォーターは美味。ビールは飲んでないから分からない(飲めばよかった...)

wifiの速さは?

WeWorkのネットはとても速い!さすが大手だけあって分かってらっしゃる。
(すみません。計測するの忘れました…でも速かった)

 

スタッフが明るい

 

WeWork 深セン CCSS

案内してくれた、Faye Gaoさん(左)。カナダ育ちのバイリンガル。とても明るい人!

ちなみに、こういう髪の人たちばかりではありません。ほとんど黒髪です(笑)

WeWork 深セン CCSS スタッフ

楽しそうなスタッフたち

 

Tシャツやステッカーなど、お土産もいただきました。

WeWork 深セン CCSS お土産

スタッフが大事に取っておいた、限定のTOKYOステッカーもいただいてしまった。いいんでしょうか…

 

イベントは(ほぼ)毎日

 

WeWork 深セン CCSS イベントスケジュール

ソフトオープニング期間中だけだと思うけど、ほぼ毎日何かしらのイベントがある…

次回のイベントに招待されたので、都合付いたら参加します!

 

WeWork SHENZHENの、今後の展開は...

深センは、製品の工場地帯である东莞市(dōng guǎn ドングァン)と、世界のハブ空港を備える香港に挟まれているため、
作る専門の技術者と、それを売る人たち双方にとって便利な都市です。
今後も、技術者はメイカースペースで開発を行い、製品を売る側はコワーキングスペースでオフィスを構えるといった形態はいい共存の仕方かもしれないですね。

WeWork 深セン CCSS カフェエリア

WeWorkは、北京や上海とはまた異なる展開をしていくことを期待します。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事