廣深港高速鐵路 予約画面

2018/9/23に、香港ー深センー広州を結ぶ高速鉄道「广深港高速䥫路」(Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express)が開通し、大きな話題となりました。
厳密には中国国内の高速鉄道はすでに開通していましたが、今回香港(西九龍)側が開通したことで、香港から中国国内への移動がスムーズになり、また香港側に初めて中国大陸の税関・入出境管理所を設置することで内地への旅行者にとっては格段に利便が向上します。

廣深港高速鐵路 ルートマップ

High Speed Railとも呼ばれるこの高速鐵路、以下のサイトに、詳しい情報が載せられています↓

廣深港高速鐵路 Wikipedia

香港のニュースメディア「ORANGE NEWS」の特集記事

ライフマガジン「TRADE X TRADE」の広深港高速鉄路特集記事。

日本語の乗車レポートブログも増えてきています


西九龍駅

西九龍駅構内

運行時刻

西九龍→福田  07:13ー20:23
西九龍→深圳北 07:00ー22:50
西九龍→光明城 11:50ー12:49
西九龍→虎門  08:30ー21:00
西九龍→慶盛  12:49
西九龍→廣州南 08:05ー22:50

(※2018年11月現在の時刻表に基づいています)

所要時間

西九龍→福田       14分
西九龍→深圳北 19(直通)ー24分
西九龍→光明城    31−37分
西九龍→虎門     39ー47分
西九龍→慶盛       56分
西九龍→廣州南 47(直通)ー71分

(※2018年11月現在の時刻表に基づいています)

運賃

西九龍→福田  約78香港ドル(68人民元)
西九龍→深圳北 約86香港ドル(75人民元)
西九龍→光明城 約109香港ドル(95人民元)
西九龍→虎門  約205香港ドル(178人民元)
西九龍→慶盛  約213香港ドル(185人民元)
西九龍→廣州南 約247香港ドル(215人民元)

※二等席の値段です。運賃は毎月変動します(人民元が基準となります)

チケット購入方法

窓口もしくはオンラインで購入可能

オンラインチケット購入は以下の高速鐵路/香港地下鉄(MTR)公式サイトから↓

Trip.comからも予約可能(要手数料)↓

時刻表

廣深港高速鐵路 時刻表

廣深港高速鐵路 時刻表 西九龍→広州南

廣深港高速鐵路 時刻表2

廣深港高速鐵路 時刻表 西九龍→広州南

荷物制限

重量:  大人20kg、子供10kg、外交官35kg
大きさ: 3辺の合計130cm以内

動物は不可(介助犬を除く)

荷物制限

公式ページより

その他情報・注意点

 

今回、Shenzhen Fanも実際に乗車してみました(西九龍から広州南まで行ってみました)。抱いていたイメージと違っていた点をいくつかお伝えしますと…

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

公式サイトのオンラインチケット購入ページはスマホ非対応という謎仕様

なので、移動中にスマホからチケット購入ができず、時短になりません。

高鉄予約画面

チケット予約画面。このご時世にスマホ非対応とは…

ただし、Trip.com ならスマホから予約可能ですが、手数料(20−30元)がかかります。

外国人は券売機でチケット購入不可

窓口に並ばないと買えません。なので並ぶ時間も考慮に入れる必要があります。

廣深港高速鐵路 チケットカウンター

チケットカウンター。今回は空いていましたが、シーズンによっては余裕持って並ぶ必要がありそうです

 

西九龍→福田に停車するのは全体のわずか30%

10−15分間隔で発車していますが(183本)、福田に停まるのはわずか30%25本のみ)です。
上記の時刻表を見ていただくと分かりますが、午前9時台・12−13時台は本数多めです。でもそれ以外は1時間に一本くらいのレベル。電車の最終便は22:50ですが福田に停まるのは20:23で終わってしまいます。(ただ週末は福田に停まる便を9本増発しているので少しマシになります)

ただ深圳北駅にはかなりの便が停まります。ちなみに深圳北の次の駅「光明城」駅には12本しか停まらず、広州南の一つ手前の「慶盛」駅には11本しか停まりません。広州南発側の便はもう少し本数があるようです。
201811月の時点です。

車内WiFiが飛んではいるが…

「高WiFi」という車内wifiが飛んでいますが、どうも「掌上高铁」というAPPをダウンロードしないと使えないようです。iPhoneの場合、地域を中国に設定しないとダウンロードできない模様。

掌上高铁 app

ゲート入場から乗車まで45分はかかる。1時間見積もると安全

今回利用時の感想ですが、中国側イミグレの外国人レーンでは初めて中国に入国する外国人も多いため、入境手続きに時間がかかり列がなかなか進みませんでした。そのため時間ギリギリに行くと列車に乗り遅れる危険性があり心臓に悪いです。とはいえあまりに早くゲートに入ったとしても乗車ホームに店があるわけでもなく(イミグレの中間に免税店はありますが)、最終的には乗車列に並ぶだけ(並んだとしても指定席なので意味ない)なので、時間が勿体無いように感じます。

なので、西九龍駅に着いてからチケット購入などの時間を含めると乗車まで1時間くらいは必要になります。簡単に言うと、飛行機国内線レベルの所要時間と手間を要するわけです。実際私はうっかりしていて30分前にゲートに入ったのですが、結局発車ギリギリになってしまいスタッフが慌てて特別に通してくれてなんとか乗れました。でも私の後ろにも同じような人たちが5人くらいいたので、乗り遅れる人も一定数いるんじゃないかと思われます

廣深港高速鐵路 チケットカウンター

そもそも発車時間直前のチケットは買えず、発車45分前を切ると販売終了となるようです。

実際使ってみないとわからないものですね。以上のことから一刻も早く香港から福田に行かなければいけない方にとってはあまり良い手段ではありません。

でも車内は快適

ネガティブな点も書きましたが、それでも中国の入境手続きはここで全部終わらせることができるし、駅構内はキレイで美味しいお店もたくさんあるので、時間に余裕があるのであればいい経験になります。広州や(深圳北で乗り換えて)奥地へ行かれる方にとっては本当に良い手段だと思います!

廣深港高速鐵路 車内

(これは2018/11/15時点の情報ですので、今後もっと改善されていくのかもしれません)

ぜひ参考になさってください!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事