日本で人気のコーヒーショップ「% ARABICA」深圳湾万象城にオープン!(2019/2/1)

香港、そして京都から発祥し、数れた店舗デザインと厳選されたコーヒーで数多くの評価を得ているコーヒーショップ「% ΔRΔBICΔ」(%ARABICA)が、ついに深センに第一号をオープンしました!

%ARABICAは、わずか4年で世界中に30店舗をオープンし、日本・香港・中東などで多くのファンを獲得しています。中国では上海などで展開中です。「%ARABICA Mix C bay L1 Kiosk」と名付けられた当店舗は、中国国内で5店舗目(中国華南地区では初)となります。

今回の深セン第一号となる店舗デザインは、オーナーの 東海林克範(Kenneth Shoji)さんと日本のデザインチーム 「Onndo」 によって手がけられました。

2018年12月に、「% Arabica Kyoto」など数々のArabica建築デザインを手がけた加藤匡毅さんが深センを訪れた時に、%ARABICAの空間デザイン・コンセプトは出店する地域の景観に合わせて内装を形作る、と仰っていました。そのためどの店舗もオリジナリティがあり、訪れる人を楽しませるものとなっています。

加藤匡毅さんが「Ideaspot 2018」イベントにて講演された時の記事はこちら↓

 

では、新しく深セン湾にオープンしたこの店舗、どんなデザインなのでしょうか?

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

キオスクの形態、空間デザイン

世界中の%ARABICAの店舗は、「コーヒーショップ」と「キオスク」の2つの形態に分けられているそうですが、本日オープンしたこの店舗はキオスクの形態となります。

わずか8㎡のキオスクスペースを、どのようにデザインしたのでしょうか?

バーカウンターは春笋タワーのアウトライン

実はこの場所、人目を引くタケノコ型の 华润大厦 "春笋"タワー に深圳湾万象城の各店舗の中でも一番近い位置にあります。そして、バーカウンターのデザインを、春笋タワー のアウトラインに合わせました。

Arabica_bar counter

エスプレッソマシンは%ARABICAロゴ入り「Slayer」

また、エスプレッソマシンは世界最高と評されるイタリア製の「Slayer」に%ARABICAのロゴをあしらっています。

Arabica_espresso_machine

Arabica_espresso_machine

真っ白な大理石デザイン

店内のカウンタートップはすべて白い大理石でできており、窓の前の2つのテーブルも大理石です。

Arabica_外観

Arabica_大理石デザイン

あらゆる店舗に欠かせない「世界地図」

Arabica_worldMap

%ARABICA各店舗に欠かせない黄金の世界地図も健在です。
”See the world through coffee” (コーヒーを通して世界を見る)  このスローガンは深センでも生きています。

コーヒーの種類

%ARABICAは純粋なコーヒーを追求してきたので、種類もシンプルです。
以下の4種類のみ。

  • エスプレッソ(Espresso/浓缩)                        blend: ¥25         single origin: ¥30
  • マキアート(Espresso Macchiato/玛奇朵)     blend: ¥30         single origin: ¥35
  • ラテ(Caffee Latte/铁)                                blend: ¥35/40   single origin: ¥40/45
  • アメリカーノ(Americano/美式)                     blend: ¥30/35   single origin: ¥35/40
Arabica_espresso

エスプレッソ(Espresso/浓缩) 

Arabica_cafe_Macchiato

マキアート(Espresso Macchiato/玛奇朵)

Arabica_cafe_latte

ラテ(Caffee Latte/铁)

Arabica_cafe_latte

Arabica_americano

アメリカーノ(Americano/美式)

サイズは、大カップ・小カップ・エスプレッソの3種類とのこと。

Arabica_サイズ

また、コーヒーの種類は、BlendSingle Originに分けられます。
Blendは、エチオピアとブラジルのコーヒー豆を配合し、深く焙煎しています。
Single Originは、Yega Snowfield産の豆を天日乾燥しています。

Arabica_coffee_beans

blend / single origin

そして、%ARABICAではレモネードも用意しています。
レモン果汁とレモンの皮から作られたシロップをベースとしています。
毎日店内で作り、ボトル入りスパークリングウォーターを注いでちょうど良い甘さに仕上げています。

Arabica_レモネード

アクセス・ロケーション

[店舗名]      %ARABICA Mix C bay L1 Kiosk
[店舗住所]  广东省深圳市南山区华润深圳湾万象城L190号商铺
[Email]   info@cn.arabicacoffee.hk
[Wechat ] Arabica
[営業時間] 日曜日〜木曜日: 8:30-22:00
金曜日、土曜日: 8:30-22:30

※春節期間中も営業しています

Arabica_地図

オープン初日は長蛇の列でした!

Arabica_long_line

私もラテを一杯いただきましたが、本当に美味しいラテでした。ぜひ足を運んでみてください!

Arabica_staff

4月にオープン予定の深セン2号店も楽しみですね!

(記事作成にあたり、%ARABICA 様、vivi吃深圳 様からの写真使用許可をいただきました。ありがとうございました)

 

source: %ARABICA

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事