【国慶節限定】シャングリ・ラ ホテル x Shenzhen Fan 特別割引 (一泊 699元)!

皆さん、国慶節期間中は何をして過ごしますか?
会社・学校が休みなのはいいけれど、お店も休みのところが多いし、営業してても混んでいるし…とお悩みのあなた。

1日ホテルでゆっくり過ごす、なんてのはどうでしょう?

ニュースです!
なんと、あのシャングリ・ラ ホテルが国慶節限定でShenzhen Fanだけに特別割引をしてくださるとのこと!

値段はどこよりも安い 一泊 699元!税込です!しかも朝食付き(←本当です)

Shangri-La (シャングリ・ラ)ホテル とは?

Shangri-La HOTEL は、ビジネス客のみならずリゾート客を主要顧客層としたシンガポール系列のラグジュアリーホテルです。
日本人にも馴染みのある超有名ホテルですね。

最初のホテルは1971年に誕生し、アジアを中心に展開していたそうですが、
2000年代になるとオーストラリア・カナダ・東京にも進出を始めます。現在はドバイ・パリ・ローマなど各主要都市に展開中で、新たなホテルブランドも誕生しています。

40年以上の歴史がある老舗ホテルでブランドも確立されているため安心して利用できます。

深センには2店舗展開中

深センでは、罗湖区と福田区に一店舗ずつ展開しています。

特に罗湖のホテルは罗湖口岸のすぐそばで抜群のロケーションです。

期間・料金とサービス

割引期間と料金の詳細は以下の通り

  • 期間:9/30-10/7
  • 料金:税込 699元(シングル・ダブル・ツイン)
  • 利用できるサービス:朝食(2人まで)・ジム・ジャグジー

一部屋を2人で利用すれば超お得!

朝食は2人まで無料なので、一部屋を2人で利用すれば1人あたり約350元で使えますね!

他の格安サイトよりも安い!

他の格安サイトにもシャングリ・ラ ホテルが一泊640元で載っていたりしますが、それらは税抜きでしかも朝食がつきません。税込にすると(x 1.166)なので、それだけでも750元近くなります。

そして朝食は138元なので、トータルで考えるとやはり今回の限定価格がいかに安いかがわかります。

ちなみに、東京のシャングリ・ラは…

参考までに、東京のシャングリ・ラ ホテルの値段を少しチェックしてみると…

10万超え!!

ひえぇー

もちろん単純比較はできませんが、同じシャングリ・ラ ホテルが 699元で利用できるのは凄すぎです。

※注意点!

罗湖の店舗のみ

今回の割引は、罗湖のホテルのみです。福田では利用できないのでお気をつけください。

日本のパスポートが必要

今回は、Shenzhen Fanを経由した日本人のお客様のみ、とのことで割引させてもらったので
受付時に日本のパスポートを提示する必要があります。

なぜ安い?

なぜ国慶節期間中に安くしてくれたのか?理由があります。

普段は、Shangri-La Hotelは満室の時も多い人気ホテルで、特に平日が人気です。
なぜならビジネスマンが出張などでよく利用するからです。

しかし国慶節などの連休になると、利用者の多くは故郷に戻ってしまい空室になるので、ぜひ利用していただきたいとのことで今回の流れになりました!

予約方法

メール・電話・WeChat(微信)で予約可能です。

  • メール(日本語可):reservations.slz@shangri-la.com
  • 電話(日本語不可(英語可)):(0755)38961333
  • WeChat(日本語担当者):yanwenbo1994

WeChat担当者のQRコード


WeChatがおすすめです。担当者のQRコードは以下の通り。日本語で質問もできます!予約時に、必ず「Shenzhen Fan」の割引を希望することを伝えてください(希望しないと正規の値段になってしまいます)

メールやWeChatで予約するときは、以下の画像を文面に添付するのもいいと思います。

長期滞在プランもあります

実は、シャングリ・ラ ホテルは長期滞在者が多く、サービスアパートメントとしても利用されているそうです。

中には10年住み続けている方も(…もはや家!)

長期滞在時の、気になる値段表(中国語)はこんな感じなのだそう。

年間契約なら月15,000元から。

悪くないですね!

シャングリ・ラ ホテルは日本人が好き

ちなみに、シャングリ・ラ ホテルは日本人がお気に入りなのだそうです。

理由は…「綺麗に使ってくれるから」だそうです(!)

嬉しいですね〜

 


大型連休の国慶節、最高のサービスで心も体もリフレッシュするのはいかがですか?

香港におられる日本の方にもお勧めです。ぜひ深センのシャングリ・ラ ホテルを利用してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事