中国本土から香港入境時も隔離ゼロ、「来港易」は不要に(9/26-)

ついに、9月26日より中国本土から香港入境時に求められる事前PCR検査や隔離措置は撤廃されました。

これにより、これまで必要とされていた隔離免除のための取り決め「来港易」も不要となります。香港入境者は入境前に電子健康申告書への記入が求められますが、入境後は2日目にPCR検査と3日間の健康観察で基本的に完了となります。

中国渡航ホテル隔離グッズ特集!

香港行政府発表

香港行政府発表文

香港行政府は9月23日、海外から香港到着時のホテル隔離廃止を発表しましたが、同時に中国本土やマカオから香港に到着する人々の取り決めも簡素化しました。

2022年9月26日午前6時(香港時間)より、中国本土およびマカオから香港への入境者で、香港入境前7日以内に海外または台湾への渡航歴がない方は、陸上入出境コントロールポイント(口岸)または香港国際空港経由での入境にかかわらず、以下の通り最新の案内を行います。

本土・マカオから香港への入境手続きについて

入境前の必要事項:入出境コントロールポイント(口岸)到着前に、保健省の電子健康申告書に記入し、発行されるQRコードを取得してください。案内文はこちら

(ワクチン接種の要件を満たした方は、ワクチン接種通行証の発行要件を満たすため、ワクチン接種記録を申告するよう政府から推奨されています)

保健省電子健康申告書

到着後の健康観察

注:入境者が到着日または到着前7日間にリスクエリアリストに記載されている地域に滞在していた場合、香港到着初日に追加のPCR検査が必要です。

香港に到着した日を0日目としてカウントします。 例えば、到着日が2022年9月26日の場合、2022年9月28日が2日目となります。

※リンク先のリスクエリアリストには9月26日現在、深セン福田区が数多く載せられています。

入出境コントロールポイント(口岸)業務時間

深圳湾口岸:毎日午前9時〜午後8時

港珠澳大桥香港口岸

  • 旅客ターミナルビル(旅检大楼旅客)サービス:毎日午前10時から午後8時まで
  • 専用車手配(私家车清关)サービス:毎日午前6時から午後10時まで

香港国際空港:24時間

香港→中国本土の入境制限は変更なし

中国本土→香港への入境はこれで大幅緩和となりましたが、9月26日現在香港→中国本土の入境に関しては引き続き制限のかけられている状態です。香港から中国本土またはマカオに戻る際は、その時点で適用されている本土またはマカオの検疫措置に従うことに留意するよう通知されています。

また、香港から中国本土またはマカオへ渡航する際には、入出境コントロールポイント(口岸)で無料の迅速PCR検査が必要となりますので、中国本土またはマカオへの渡航のための特別検査手配のウェブページを参照してください。

特別検査手配のウェブページ(前往内地或澳门的特别检测安排)には、以下のような注意書きがされています(抜粋します)

  • 入境審査に十分な時間をかけられるよう、少なくとも2時間以上の余裕をもって口岸に到着すること
  • 深圳湾口岸の特別無料PCR検査サービスは、7時30分から18時30分まで実施
  • 特別無料PCR検査サービスはオンライン予約システムから予約すること

加えて、中国本土入境者は隔離ホテルの予約を行う必要があります。詳しくは以下の過去記事をご参照ください。

これまで中国本土から香港入境者に必要とされていた「来港易」(Come2hk)スキームについては以下の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事