【2020 深圳デザインウィーク】「FUSION OF DESIGN」詳細情報(8/15-30)

ついに、2020 深圳デザインウィークの詳細情報が発表されました。

開催日時は8月15日から30日まで。メインコンテンツはオンラインの「クラウド展示」となります。

経済特区となった深センの過去40年にわたるデザインの業績や、今回のゲスト国オランダが水問題をデザインでどのように解決させてきたかを示す展示、またレオナルド・ダ・ヴィンチのバーチャル展覧会、そして武漢を始め国内外から収集した新型コロナウイルス対策ポスターの展示などタイムリーなものばかり。

オンラインで世界中から無料でアクセス可能です!

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

テーマは「クラウド上のデザイン 無限の創造性」

2020年のテーマは“云上设计  创意无限”(クラウド上のデザイン 無限の創造性)

Image via 深圳设计周SZDW

基本情報は以下の通り。

2020 深圳デザインウィーク「FUSION OF DESIGN」

日付:2020年8月15日〜8月30日

主催:深圳市人民政府

オンライン展示会場:2020深圳デザインウィーク 公式サイト

ライブ放送プラットフォーム:
bilibili, WeChat「深圳设计周SZDW」公式アカウント

展示は10の主要セクターに分かれており、国内外の20の国と地域から33のデザイン機関800の企業が参加し、有名なデザイナー同士がクラウド上で交流を行います。

市内ではオンラインとオフラインの両方で行われる展示もあり、合計40を超えるイベントが用意されています。

“クラウドビュー展”

従来のデザインウィークとは異なり、2020年の深圳デザインウィークは革新的な形の「クラウド展示」。

Image via 深圳设计周SZDW

時間、地域、会場の限界を打ち破り、デザインウィークの従来の境界を越えて、オーディエンスがいつでもどこでもデザインにアクセスできるようにします。

このために新しいWebサイトとミニプログラムを開発したそうです。オンライン仮想展示、VR展示、クラウドフォーラムライブストリーミング、クラウド展示などの機能を実装。

Image via 深圳设计周SZDW

会場のいくつかのセクターは、3Dモデリング、プログラミング、UIなどの開発が行われ、来場者に特別なオンライン体験をもたらします。

また、期間中は国内外のデザイナー・設計会社がクラウド上のグランドイベントに参加するよう招待されるとのこと。

深圳設計40年 時代的力量」展

2020年は深セン経済特別区の創立40周年にあたり、大湾区等の計画を深化させるための重要な年でもあります。そこで「深圳設計40年 時代的力量 / SHENZHEN DESIGN FOR 40 YEARS : THE POWER OF THE ERA」展が開催されます。

Image via 深圳设计周SZDW

オンラインアクティビティは以下の3つのセクションに分かれています。

  1. Brilliant Achievements(展示)
  2. Journey in the Past(インタビュー)
  3. Shenzhen Value(ドキュメント)

深センは中国で最初の、世界で6番目の国際的なデザインキャピタルとのこと。過去40年間の深センにおけるデザインの業績を振り返ると共に今後の発展について考え、「深センデザイン」のブランドやグローバルな位置付けを探ります。

水与城市:オランダの持続可能な開発デザイン

オランダは 2020 深圳デザインウィークのゲスト国。オランダの英語名"The Netherlands"は「低地」を意味しており、オランダの広い地域は海抜の下にあります。この特別な地理的環境により、水は何世紀にもわたってオランダ人の生命線となっています。

Image via 深圳设计周SZDW

オランダは、水を使った複数の課題を解決するためにデザインを使用するのが得意なのだそう。今回はそのオランダが「水と都市:持続可能な開発のためのデザイン」をテーマにオランダがどのように実践してきたかを紹介します。

また、同テーマの一連のオンラインフォーラムが8月25日から28日まで開催され、中国とオランダの水問題の専門家16人が集まります。

CROSSING INNOVATION:レオナルド・ダ・ヴィンチ Science Exhibition

ダ・ヴィンチをオンラインで!

Image via 深圳设计周SZDW

「穿越创新——达芬奇/ Through Innovation-Da Vinci」をテーマにした展覧会では、深セン市の若い国際チームが主催して、新技術のアート展示ホールが建設されました。

Image via 深圳设计周SZDW

レオナルドが生まれた街を皮切りに、「モナリザの笑顔」や「最後の晩餐」などの名作をモバイル端末で楽しむだけでなく、ダ・ヴィンチの科学的発明の復元された展示など、斬新な体験を提供するするのだそう。これは楽しみ!

粤港澳大湾区国際設計展 / 深港澳数字创意设计三城展

2020 深圳デザインウィークのメインテーマは「デザインの融合」

大湾区発展のために、広東・香港・マカオの協力関係は深まりました。このセクションでは、粤港澳大湾区に関する2つの展覧会が開催されます。

粤港澳大湾区国際設計展では29点の作品が展示されます。

深港澳数字创意设计三城展

深港澳数字创意设计三城展は、中国のデジタルクリエイティブ産業発展の軌跡をたどります。

Image via 深圳设计周SZDW

深センは、Huawei、BYD、迈瑞(Mindray)、大族激光(Han's Laser)、华强文化、雅昌(Artron)、TCLなど約40の主要企業を展示会に招待します。

香港とマカオは主に「デジタル+アート」コンテンツを展示します。これはアーティストの創造的な精神・市民の生活と文化を反映しています。

DESIGN IN THE EPIDEMIC

武漢と深センはどちらもユネスコの「デザインの中心地」であり、近年はデザインの分野での双方の交流や協力が頻繁になっています。

Image via 深圳设计周SZDW

当展示は、デザインと視覚言語で新型コロナウイルスの流行に関する物語を伝えます。

全球抗疫海报展は17か国から集めた作品、武汉设计战疫展は63のポスターなどが展示されているそうです。

VALUES OF DESIGN

当展示は前回もご紹介しましたが、合計25名のグローバルデザインシーンの第一人者が期間中毎週土曜日に新型コロナウイルスの流行阻止のためにデザインの面で意見交換し合います。

Image via 深圳设计周SZDW

SHENZHEN DESIGN AWARD FOR YOUNG TALENTS 2019

Image via 深圳设计周SZDW

ユネスコの246の創造都市から優秀な若手デザイナーを表彰する「深センクリエイティブデザインアワード」(“深圳创意设计新锐奖”)は、2013年に深センとユネスコが共同で開始したものです。

Image via 深圳设计周SZDW

今回の活動テーマは、「包容的设计 / INCLUSIVE DESIGN」ですが、新型コロナウイルス流行の影響を受けて今回初めてオンラインアワードの形で贈られることになります。

Image via 深圳设计周SZDW

SHENZHEN DESIGN EXPO 2020

デザインエキスポは、深圳デザインウィークの「展」(展示)と「商」(ビジネス)の重要な部分です。

「云社区」(クラウドコミュニティ)内には6つの区画があり、オンラインショップもあるとのこと。

Image via 深圳设计周SZDW

「設計商年展」は、デザインと商業、デザインと市場を組み合わせた展示となります。

Image via 深圳设计周SZDW

MindTalk / DESIGN SOCIETY / 垃圾去哪儿了 / 深港设计传承跨越

当展示はオンラインとオフラインが組み合わされています。MildTalkでは19のプロジェクトをご紹介。

Image via 深圳设计周SZDW

大英博物館と共同で制作した「设计的价值在中国」(中国のデザインの価値)展は、100年以上にわたる中国のデザインを体系的に整理しています。

Image via 深圳设计周SZDW

「垃圾去哪儿了」(ゴミはどこにある?)は、環境にやさしいインタラクティブリビングアート展。

「持続可能なデザイン」のコンセプトを掲げ、コミック、アーティスト、環境保護機関のコラボレーションにより、すべての年齢層にクールなゴミインタラクティブアートデザイン展を提供するとのこと。

Image via 深圳设计周SZDW

「深港设计传承跨越」展では、過去40年間の2人の名作家「靳埭强」と「韩家英」の作品、そして異なる時代のデザイナーの傑作を展示しています。

Image via 深圳设计周SZDW

公式サイト/WeChat公式アカウントからアクセス

ほとんどの展示は8月15日からとなっていますが、いくつかのイベントはそれ以前からすでに開始されています。

Image via 深圳设计周SZDW

気になる方は冒頭の公式サイトのリンクから、もしくは以下のQRコードからWeChat公式アカウントにアクセスし、デザイン都市深センの最新イベントを楽しまれてください!

Image via 深圳设计周SZDW

Source:

深圳设计周SZDW:2020深圳设计周十大看点重磅来袭

深圳设计周SZDW:2020深圳设计周主视觉大揭秘

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事