【2020 深圳デザインウィーク】史上初のオンライン開催へ:オンラインフォーラム「設計的価値」先行開催中!(8/1-29)

2020年の春に3ヶ月の延期が発表されていた、毎年恒例の深圳デザインウィークは8月後半にオンラインで開催される予定です。

2020年は「FUSION OF DESIGN」(デザインの融合)というテーマ。先行してオンラインデザインフォーラムも開催中です!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

2020 深圳デザインウィーク開催スケジュール

深圳デザインウィーク(深圳设计周/SZDW)は、深センの様々な組織(深圳市人民政府主办、深圳市对外文化交流协会、深圳市创新创意设计发展办公室、市委外办、市委大湾区办、市教育局、市科技创新委、市工业和信息化局、市文化广电旅游体育局)が後援しています。官民一体となってデザイン業界の国際的なプラットフォームを作成することを目的としています。

2020年の深圳デザインウィークは本来は4月に開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により3ヶ月ほど延期するとの発表が行われました。

AppleのWWDCや広東フェアなど始め、世界中の大規模イベントが次々とオンライン開催に切り替わっていく中で、深圳デザインウィークもオンライン開催となる予定で、現在準備が進められています。

8月15日から開催予定

詳細日程ですが、公式アカウントでは「8月中旬」と発表されていますが、8月15日から開催される予定とのこと。通常は2週間の開催です。

イベントはほとんどがオンラインですが、一部はオンライン・オフライン両方での開催となる模様。10の主要会場と20の分会場にて開催が予定されています(これらすべての会場に入場することができるのかは不明。オンライン用に作られた会場もありそうです)。

深圳デザインウィークに関する前回の記事はこちら(4月時点では7月後半開催予定でしたが、8月後半開催となりました)

2020年のテーマは「FUSION OF DESIGN」(デザインの融合)

近年、デザインは従来の物理的な境界を徐々に破り、社会的な影響も考慮に入れるようになっています。
例えば、急速な都市化の過程で公共の福祉に対する課題を解決するために都市空間のデザインも行われています。

2020年のテーマ「FUSION OF DESIGN」は非常に時代に即しているのですが、特に新型コロナウイルスと世界が戦う中でのデザインの果たす役割を考える上でもタイムリーなテーマです。

オンラインデザインフォーラム「設計的価値 / VALUES OF DESIGN」(8/1-29)

先行して8月1日から行われているオンラインデザインフォーラム「設計的価値 / VALUES OF DESIGN」も、このテーマと大きく関連しています。

新型コロナウイルスの厳しい現実に直面している現在、私たちの環境とエコロジー、政治と価値観、そして様々な社会的対立に関係する課題に対処していくために、何を設計すればよいのでしょうか?

以下が参加者一覧となります。合計25名のグローバルデザインシーンの第一人者により2020年8月の毎週土曜日に開催中です。

当フォーラムでは、公共の文化機関とクリエイターが協力しながら社会、都市、文化、技術、製造、その他の側面にデザインが与える影響と可能性について議論していきます。

(週ごとにテーマが変わります)

視聴サイト

以下のBiliBiliプラットフォームにてライブ配信が行われます。

2020 SHENZHEN DESIGH WEEK DESIGN FORUM (BiliBili)

以下は8月1日に開催されたオンラインフォーラムの様子です。

今後日本人の登壇も予定されているとのことですので、ご興味ある方はアクセスしてみてください(中国語音声)

社交疏离下的设计,8月1日,16:00-18:30

面向未来的博物馆,8月8日,19:00-21:30
長谷川祐子さん、長谷川龍友さん、妹島和世さん

设计之城,8月15日,16:00-18:30

为不可见之物赋形,8月22日,19:00-21:00
赤松音呂さん、後藤映則さん

流水线观察员,8月29日,16:00-18:30

コロナ禍におけるデザインの役割は増大中

2020年深圳デザインウィークのテーマ「FUSION OF DESIGN」は、期せずしてコロナ禍においてタイムリーなものとなりました。デザイナーでなくとも優れた設計によるプロダクトを見ると感動しますし、新たなインスピレーションが湧くかもしれませんね。

史上初のオンライン開催となる深圳デザインウィーク、詳細情報が公表され次第またお伝えします。どのように開催されるのかも楽しみです!


Source:

深圳设计周SZDW:设计讲堂“设计的价值”系列论坛|社交疏离下的设计

深圳设计周SZDW:2020深圳设计周设计讲堂 “设计的价值”系列论坛八月开讲!

深圳设计周SZDW:2020 SZDW / Join us online at Design Forum!

深圳设计周SZDW:Design Society:Online Design Forum | Designing social Distancing

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事