BAY ART eyecatch
「BAY ART 2018」は、深セン最先端の大型商業施設「深圳湾万象城」(MixC Shenzhen Bay)の目玉として12/18のオープンと同時に開催されるアートイベントです。世界中から19名(うち3名は日本人)のアーティストを迎えて大々的な展示が行われるとのこと。様々なテクノロジーを組み込んだこのアートイベント。一体どんな作品なのでしょうか? [12/19追記:オープニング時の様子や、予約方法等を加筆修正しました] 深圳湾万象城(MIXC SHENZHEN BAY)についてはこちらのリンクを参照↓

BAY ART展とは?

BAY ART展は、中国本土、香港、中国、オーストラリア、ドイツ、オランダ、アメリカ、日本、その他の国や地域から著名なアーティスト19名を招聘し、合計23作品が参加します。 そのうち4作品は深センで新たに導入されるドルビーサウンドなどの音響施設を活用した作品になるとのこと。 開催期間は、2018/12/18 - 2019/2/20まで。場所は深圳湾万象城の一階部分が丸々BAY ARTのエリアとなります。ほとんどの作品は自由に閲覧可能ですが、いくつかの作品は事前予約が必要です。予約方法は記事最下部に記載してあります。
BAY ART前日

オープン前日の様子。1階部分がBAY ART、2階以降がモールになります

主な作品

「SHIKI1 四季」- Makoto Azuma(東 信)

Azuma Makoto 日本の有名なフラワーアーティスト。自然と生命の永遠の美を表現した作品。

「啊金吧」- 张鼎

张鼎 先進的なアーティストの张鼎は、2015年にアートニュースアジア美術貢献賞を受賞。 今回は黄金の空間を表現するとのこと。要予約です。

「Sundew」- Elaine Yan Ling Ng for Swarovski

Elaine Yan Ling Ng for Swarovski DesignMiami で、"Designers of The Future" を獲得したElaine Yan Ling Ng は、2000万個のスワロフスキークリスタルを使用して、光や音楽の官能的な衝撃をもたらします。 非常に未来的な芸術の饗宴が行われます。要予約です。

ESPER」- Nick VerstandBrandinitial

Nick Verstand Nick Verstandの代表作”AURA”は「2017年 世界トップ10インスタレーションアート」の一つと言われたそうです。 この作品、本当に良かったです! 要予約です。

「Wind Form」- WOW

Wind Form WOWは日本の先鋭的アート集団で、パリのルーヴル美術館、六本木アートナイト、Tent London、ミラノ国際家具フェア展示会、また資生堂、POLA、Issey Miyake、Nikeや他の国際的なブランドと協力しているそうです。今回の「Wind Form」は、SHISEIDO ULTIMUNEの2周年記念のシーンを再現しています。要予約です。

THE MIXC (SHENZHEN BAY) × Meguru Yamaguchi 山口歴

<OUT OF BOUNDS No.85 Inspired by Infinity Nets> MeguruYamaguchi 現在ニューヨーク ブルックリン在住の、日本生まれのアーティスト 山口歴さんは、草間彌生さんの「Infinity Nets」に触発されてこの作品を作り上げたそう。山口歴さんはUNIQLOやNike kicks loungeとコラボレーションもしており活動範囲を拡大しています。 [12/20追記] 公開当日にお話を伺うことができました。 当作品は、このBAY ARTのために造ったオリジナル作品で、今までに造り上げたものの中で最大のサイズだそうです。 今回「BAY ART 2018」の主催者は、インターネットを通じて山口さんを見つけ、作品展示を依頼されたとのこと。この経緯を通して、人と人を結びつけるインターネットの持つ可能性やその広がりを強く感じたため、それを作品に反映したそうです。 「Infinity Nets」=網のようなインターネット 「Out of bounds」=既成概念を飛び越え、境界の外側に行く キャンパスもいらない、筆で書いた文字だけが存在する作品です。 この作品、実物を直接間近で見ないと分からないのですが意外と厚みがあり、丁寧に色が塗られています(実は裏側にも色が塗ってあるとのこと。見ることができませんが…)。一筆書きで書いた字をスキャンし、木をレーザーカットするといった作業を要したようです。ダイナミックで緻密。必見です!

前檐 × Tobias Gremmler

<Chinese Calligraphy in Motion>

Tobias Gremmler

Tobias Gremmlerはドイツ人のアーティストのようですが、この作品は中国の書道に触発され、トレース装置を介して動きや強さ、書き込みの経路をモーションキャプチャし、現代的な技術で書道から団結の精神を表現しています。非常に美しい作品です。


BORA AKSU × LAAB

<Pleated Canvas 百褶布> BORA AKSU "シルクのプリーツスカート"はBora Aksuのデザインの特徴で、非常に繊細な芸術を見ることができます。

Dolby Cinema × LAAB

<Crystalscopes 镜中花> Dolby Cinema "镜中花"は、ハニカムステレオ反射装置を使用し、深セン初のDolby Cinemaを活用した作品のようです。

POLA × Makoto Azuma(東 信)

<The Beauty of Life 生命美> POLA 当作品は女性の活力、美しい再生を表現しています。

NISISS × 王加加

<Only the World Changed 只有世界变了>

NISISS 特別な照明装置を使用した、新しいメディアアート作品とのこと。

Hi艺术 × 郑路

<Unknown Location 不知处> Hi艺术 生命の状態の多様性と可能性を表現したアートとのこと。

drivepro × 刘泳岐

<YU羽> drivepro 機械的な動きのリズムを表現しています。(画像なので分かりませんが、実際は真ん中の歯車が回っています)

James TapscottArc Zero

ARC ZERO オーストラリアのアーティスト、James Tapscottは日本でも芸術祭を開催したことがあるとのこと。要予約です。

WOW:Unity of Motion

Unity of Motion デバイスを用いて、仮想空間内で「生命」と「物質」を統合するという視覚芸術です。要予約です。

予約方法

以下のQRコードをスキャンした後、WeChatで開いてください。
QRコードをスキャン

WeChatで開いた後、「即刻预约BAYART艺术展」をタップ

「即刻预约」をタップ

閲覧予約したいアート作品をタップすると、日付・時刻を選択できます。

各作品の場所


オープニングイベント

「BAY ART 2018」主催者のKeithさんとOliviaさん(中央)
Opening cocktailは、関係者向けに各作品の先行鑑賞後、深圳湾万像城内にある Bar Constellation Diamond にて行われました。前日まで夜を徹して工事が行なわれ、歴史に残る大プロジェクトを完成していただきました。本当におつかれさまでした!
上記で紹介した以外にも非常に美しいアート作品が多数展示されています。全て力作ですので存分に楽しまれてください。 深圳湾万象城のアクセス方法等は、冒頭もしくはこちらのリンクをご覧ください。 参考リンク:
深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事