(6/3 追記)中国ビザ申請センターからのお知らせ:ビザ申請はしばらく見送るのが最善

(2020.06.03 UPDATE) 2020年6月現在の情報を追記しました。

新型コロナウイルス感染予防に伴い、中国ビザ申請サービスセンターよりアナウンスが発せられています。

要約すると、現在ビザ申請を行うと審査の所要時間が延長され、追加資料も求められる可能性があるとのこと。申請センターとしては特別な事情がなければビザ申請を見送ることを勧めています。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

アナウンス内容

アナウンス内容全文を以下に引用します。(赤字・青字はShenzhen Fanによる)

1.中国ビザ申請サービスセンターは東京、大阪、名古屋の3センターに於いて、当面正常に営業し、普通旅券所持の日本国民及び在日第三カ国国民のビザ申請を受付しています。

  しかし、新型コロナウイルス感染予防のため、当センターではお客様にマスクの着用と体温測定のご協力をお願いしています。と同時に当センタースタッフも交替勤務、仕事場付く前の体温測定及び職場の消毒などの基本的な予防措置を取っています。これから営業時間調整の可能性もありますので、当センターのホームページなどでのお知らせへのご注目とご確認をお願い致します。 

2.中国駐外国大使館は中国の法律に基づき、すべてのビザ申請に対して審査を行い、ビザを発給するか否かを決めます。中国駐日本大使館は終始客観かつ厳密な態度で、ビザ申請者の訪中目的及び申請資料の真実に対して、審査、確認をしています。審査時間も各自の状況によって違います。当面、新型コロナウイルス感染予防の必要がある状況の中で、ビザ審査の所要時間も延長される可能性があります。

3.皆様のご健康の為、新型コロナウイルス感染流行の期間中に、特別に緊急な事情がなければ、ビザセンターでの中国行のビザ申請を一時見送った方が良いと中国ビザ申請サービスセンターとしてお勧め致します。どうしても申請しなければならない場合は、真実に基づいて申請表を記入し、基本かつ有効的な申請資料を提出してください。当センターは受付できます。ただ状況によって、担当領事に要求された補足資料の再提出をして頂くこともありますし、ビザが発行される時間が決められなく、辛抱よく待って頂くことになりますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

※ お葬式、危篤患者の見舞いなど人道的な理由で緊急に中国ビザを取得しなければならない場合は当センターにお問い合わせ下さい。

営業時間も変更(10:00-15:00)

東京/大阪/名古屋のビザ申請センターは、3月17日より営業時間も変更となっていますのでご注意ください。

(6/3 追記)2020年6月現在も休業中:メール/電話で問い合わせ可能

中国ビザ申請サービスセンター(東京)のホームページには、以下のアナウンスがされています。(抜粋して掲載します。赤字はShenzhen Fanによる)

中国ビザ申請サービスセンター

休業継続のお知らせ

先日、日本政府は「緊急事態宣言」の解除を発表しましたが、新型コロナ肺炎がまだ、全世界で伝染拡大しているし、日本に於いてもまだ完全に終息した訳では無いことに鑑み、交差感染を防ぐため、東京及び名古屋ビザ申請センターは引き続き、対外営業の中止を継続することを決定致しました。

当センターとしては対外営業中止の期間中にメールによる問い合わせ、緊急申請の受付を引き続き、対応させて頂きます。

下記、特別な理由で緊急申請したい場合は事情説明書申請資料メールでのお知らせをお願い致します。当センターは確認してから、結果と申請できる時間をお知らせ致します。約束した時間にセンターに来て頂いて、申請することができます。※ ご来店の際はウイルス伝染予防の関係措置にご協力をお願い致します。

1,     経済貿易、科学技術活動に従事していて、緊急需要の有る方、又は人道主義的な理由で、緊急申請をしなければならない方のビザ申請。

2,     特別緊急な理由で緊急申請しなければならない認証申請。

東京センターMAIL:tokyocenter@visaforchina.org

名古屋センターMAIL:nagoyacenter@visaforchina.org

特別緊急時の連絡電話// 070-3295-5505

(対応時間:月曜から金曜午前10:00-12:00;午後2:30-4:30 祝祭日除外)

尚、営業回復の日程は現在未定で、別途お知らせさせて頂きます。

特別な理由のある方は受付を行なっているとのことですので、まずはメール・電話にて問い合わせをすることをお勧めします。

日本各地のビザ申請センター/領事館の情報はこちらから

日本各地のビザ申請センターの情報は、以前にご紹介した以下のページをご覧ください。

今はできるだけ渡航を控えて欲しそうな感じですね。皆さんも体調管理には十分お気をつけください。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事