中国ビザ申請センターからのお知らせ:ビザ申請はしばらく見送るのが最善!

新型コロナウイルス感染予防に伴い、中国ビザ申請サービスセンターよりアナウンスが発せられています。

要約すると、現在ビザ申請を行うと審査の所要時間が延長され、追加資料も求められる可能性があるとのこと。申請センターとしては特別な事情がなければビザ申請を見送ることを勧めています。

深センといえばこの本!

アナウンス内容

アナウンス内容全文を以下に引用します。(赤字・青字はShenzhen Fanによる)

1.中国ビザ申請サービスセンターは東京、大阪、名古屋の3センターに於いて、当面正常に営業し、普通旅券所持の日本国民及び在日第三カ国国民のビザ申請を受付しています。

  しかし、新型コロナウイルス感染予防のため、当センターではお客様にマスクの着用と体温測定のご協力をお願いしています。と同時に当センタースタッフも交替勤務、仕事場付く前の体温測定及び職場の消毒などの基本的な予防措置を取っています。これから営業時間調整の可能性もありますので、当センターのホームページなどでのお知らせへのご注目とご確認をお願い致します。 

2.中国駐外国大使館は中国の法律に基づき、すべてのビザ申請に対して審査を行い、ビザを発給するか否かを決めます。中国駐日本大使館は終始客観かつ厳密な態度で、ビザ申請者の訪中目的及び申請資料の真実に対して、審査、確認をしています。審査時間も各自の状況によって違います。当面、新型コロナウイルス感染予防の必要がある状況の中で、ビザ審査の所要時間も延長される可能性があります。

3.皆様のご健康の為、新型コロナウイルス感染流行の期間中に、特別に緊急な事情がなければ、ビザセンターでの中国行のビザ申請を一時見送った方が良いと中国ビザ申請サービスセンターとしてお勧め致します。どうしても申請しなければならない場合は、真実に基づいて申請表を記入し、基本かつ有効的な申請資料を提出してください。当センターは受付できます。ただ状況によって、担当領事に要求された補足資料の再提出をして頂くこともありますし、ビザが発行される時間が決められなく、辛抱よく待って頂くことになりますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

※ お葬式、危篤患者の見舞いなど人道的な理由で緊急に中国ビザを取得しなければならない場合は当センターにお問い合わせ下さい。

営業時間も変更(10:00-15:00)

東京/大阪/名古屋のビザ申請センターは、3月17日より営業時間も変更となっていますのでご注意ください。

日本各地のビザ申請センター/領事館の情報はこちらから

日本各地のビザ申請センターの情報は、以前にご紹介した以下のページをご覧ください。

今はできるだけ渡航を控えて欲しそうな感じですね。皆さんも体調管理には十分お気をつけください。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事