中国最大のブックシティ「湾区之眼」前海にて建設開始

深センの前海に中国最大の"書城"(ブックシティ)の建設が開始されました。約13万平方メートルもの敷地に建てられる書城の名称は「深圳书城湾区城」または「湾区之眼」と呼ばれます。

民俗博物館も包含する当施設は非常に開放的なデザインで老若男女に親しまれる文化的ランドマークになりそうです。

「深圳书城湾区城」

前海水城は放射状に新都市の開発が進められています。宝安中心部に隣接する沿岸地域には、宝安区政府、宝安図書館、宝安青少年宫、「湾区之声」というオペラハウスなどの重要な施設がひしめき、地域の文化的、生態的、交通サービスの中核となります。

Image via 深圳地产网

「湾区之眼」建設予定地は以下の青枠内。公園の西側にはビジネス街、東側には商業、住宅、オフィス街が展開する機能エリアは、「中央绿轴公园」と呼ばれる公園を中心に立体的な緑の都市フレームワークを形成します。

Image via 深圳地产网

深センには大型ブックストア「書城」がいくつも存在します。

ブックストアを多数保有し、「深圳书城」(深セン書城)「新华书店」(新華書店)「24小时书吧」(24時間ブックバー)なども運営している中国の大型出版流通グループである深圳出版集团有限公司「一区一書城」戦略を展開中。深圳を万人のための読書の世界的モデル都市にしようとしています。

総床面積は約13万平方メートル

(湾区民俗馆を含む)深圳书城湾区城の総床面積は約13万平方メートルで、完成すれば中国最大のブックシティとなります。

Image via 深圳地产网

当プロジェクトのデザイン戦略は、「建物をオープンにする」というもの。新しい建物によって人々が公園を横断する際の制約にならないように、歩行ルートが建物に邪魔されないように設計されるのだそう。

Image via 深圳地产网

床面積の74%以上が地下

書城の床面積の実に74%以上が地下にあり、地下鉄の駅から地下通路へのアクセスも容易に行えます。

Image via 深圳地产网

全天候型の都市型通路に加え、地上と地下の空間を結びつけた開放的なデザインにより、書店の営業終了後も文化的な都市体験ができるようになっています。

Image via 深圳地产网

"曲水流觞"で没入型の文化体験

建物の内部空間は、「曲水流觞」の形をした小道で結ばれます。日本では「流觴曲水」「曲水の宴」と呼ばれ、平安時代、奈良時代に流行ったこの遊びは、折れ曲がっている水の流れにを浮かべ、その杯が自分の前に流れて来ないうちを作ることを競う中国古来の風流の遊びですが、このような古来の文化をモチーフとしたパブリックスペースとなる予定。

Image via 深圳地产网

読書スペースといっても、現在は様々な人たちがそれぞれの目的を持って訪れます。当書城は、親子のためのスペース、アクティビティのためのスペース、独りで利用するためのスペース、写真撮影のためのスペースなど、さまざまな文化的消費者のニーズを満たすように注意深く設計されているのだそう。また、海外の書籍を扱うコーナーや、香港・マカオ・台湾専用の販売スペースもあります。

Image via 深圳地产网

湾区民俗馆

湾区民俗馆(民俗博物館)は、中国南部の嶺南地方の民俗文化に焦点を当てた展示となります。

Image via 深圳地产网

建物にもさまざまな工夫が

建物の屋根は「緑の絨毯」のようなデザインとなり、中央公園の緑地をほぼそのまま残します。

Image via 深圳地产网

また、地上と地下の建物を統合的にデザインすることで、敷地の気候を調整すると同時に、建物のエネルギー消費を抑えることができるのだそう。広大な敷地に雨水を再利用する「海綿城市建設技術」を採用しており、完成後はグリーン建築のベンチマークとなります。

Image via 深圳地产网

上部からは2つの目のようにも皿のようにも見える、深圳书城湾区城。完成時期は未定ながらも新たな文化的ランドマークとして期待を集めます。

Image via 深圳地产网

Source:

深圳地产网:又一全国最大地标"湾区之眼"落深圳!

深圳特区报:“湾区之眼”落户前海!深圳书城湾区城建成后将成全国最大书城

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事