(3/16 追記)中国製ワクチン接種者は3月15日より中国入境条件緩和へ/中国版「ワクチンパスポート」概要

香港の外交部特派員公署は、3月15日より中国製ワクチン接種者はビザ申請者の必要書類(招聘状など)の提出やPCR検査陰性証明書を不要にするといった優遇措置についてアナウンスを行いました。

また、3月8日に中国版ワクチンパスポート「国際旅行健康証明書」もリリースされました。

今現状は、日本からの直接の渡航者に上記の措置は当てはまりませんが、スムーズな渡航に向けての準備が進められていることが伺えます。

2021.03.16 UPDATE: 当措置はイスラエル、タイ、ミクロネシアにも適用された模様です。(本文追記済)
2021.03.15 UPDATE: 中華人民共和国駐日本国大使館からもアナウンスがありました。項目追記します。

Cybozu Conference オンラインセッション開催!(8/18)

香港外交部特派員公署アナウンス(訳文)

香港外交部特派員公署の発表原文は以下のリンクをご覧ください。

Notice on Visa Facilitation for Applicants Inoculated with COVID-19 Vaccines Produced in China

以下訳文を掲載します(赤字は当サイトによるもの)

中華人民共和国外交部駐香港特別行政区特派員公署は、2021年3月15日より、中国と諸外国との交流を秩序正しく再開するため、中国製の新型コロナワクチン予防接種証明書を保持している以下のビザ申請者に利便性を提供する。

(一)中国に赴任し、多分野で仕事や生産活動を再開する外国人及びその家族は、コロナウイルス対策以前の要求に従って資料を準備し、申請書類を提出することができる。つまり、省級の外事部、商務部、または中央企業からの招聘状(邀請函(PU))、招聘状(邀請函(TE))、及び招聘査定書の提出は不要となる。

(二)「緊急人道主義の必要性」による中国へのビザ発給範囲は今後適切に拡大する。
中国国民または中国永住権保持者の外国人家族(配偶者、両親、子供、その他の同居の近親者(兄弟姉妹、祖父母、孫を指す))は、家族との再会、高齢者の介護・扶養、親族訪問、葬儀への出席、重病の親族の見舞いなどを目的としたビザ申請を行うことができる。

(三)有効なAPECビジネストラベルカードの保有者は、有効なAPECビジネストラベルカードの原本と、中国本土の招聘者が発行した招待状を提示することで、ビジネスビザ(Mビザ)を申請することができる。

なお、上記のビザ優遇措置は、中国で製造されたCOVID-19ワクチンを接種し、接種証明書を取得した申請者にのみ適用される(中国製ワクチンを規定の間隔を空けて2回接種した場合、または申請日の14日前までに中国製ワクチンを1回接種した場合)。PCR検査陰性証明書、および「過去14日間の行動記録申告書と健康宣言書」は不要となる。

その他の申請者は依然として外交部の香港特別行政区特派員公署が2021年2月9日に更新して発表した「Notice on Updated Requirements for Chinese Visa Application During Covid-19 Pandemic(外交部の香港公署の疫病発生期間ビザ申請の心得)」と「26 Q&A about Applying for Chinese Visa in Hong Kong SAR During the COVID-19 Pandemic(疫病発生期間に香港で中国ビザを申請する場合の関連する26の事項)」に従う必要がある。

中国外交部駐香港特別行政区特派員公署

当措置は外国人も対象となりますが、香港外交部特派員公署による発表であることから、まずは香港から中国本土へ入境する者を対象としている模様です。

(3/15)中華人民共和国駐日本国大使館でも発表

中華人民共和国駐日本国大使館も香港と同様の点が発表されました。

中華人民共和国駐日本国大使館:对接种中国生产的新冠肺炎疫苗人员赴华提供有关便利的通知

日本でも中国製ワクチン接種者はビザ申請時に優遇されることになります。

現状は日本で中国製ワクチンを接種する術がないため、中国製ワクチンを摂取した中国在住日本人が日本に渡航後、中国に帰国するパターンにまず当てはまりそうです。

(3/16)イスラエル、タイ、ミクロネシアにも拡大との報道

OneTubeDailyによると、日本・香港以外の大使館でもアナウンスされているとのこと。これにより、上記の5地域で中国製ワクチン摂取者に対する優遇措置が開始された模様です。

  • 日本
  • 香港
  • イスラエル
  • タイ
  • ミクロネシア

国際旅行健康証明書(ワクチンパスポート)

3月8日、中国版「国際旅行健康証明書」WeChatアプリが正式に開始されました。「ワクチンパスポート」とも呼ばれるこのアプリは、使用者のPCR検査結果および血清IgG抗体検査結果ワクチン接種状況を示す包括的な証明書となります。

利用者はWeChatで「国际旅行健康证明」を検索するか、以下のQRコードをスキャンすることによってアプリを使用することができます。初めてログインする前には、個人の身分証明書やパスポートなどの旅行書類を認証する必要があります。

健康診断書には暗号化されたQRコードが含まれており、各国の関連当局が真偽を確認したり、個人情報を読み取ることができ、紙媒体への印刷も可能とのこと。

現在は各国と相互承認調整中

しかし現在のところは各国との相互承認調整中であり、当機能も中国籍のユーザーしか使えません。

新华网によれば、近い将来、より多くの国が中国との相互承認協定を結ぶようになると、この国際旅行健康証明書は国境を越えた人々の健康的で安全かつ秩序ある移動を促進する上で重要な役割を果たし、中国国民が「世界を歩く」ための確かな保証を提供することになると述べています。

全人代にてワクチンパスポート・国際旅行健康証明書について話す王毅国務委員(3月7日)

日本政府や他国も同様の機能を備えたワクチンパスポートをいずれ導入するのではないかと期待されます。

香港のワクチン接種プログラム

香港のワクチン接種プログラムについては、在香港日本国総領事館が以下のリンクにてアナウンスを行っています。

在香港日本国総領事館:新型コロナ(その95:香港のワクチン政策)(3/10)

対象は香港居民(香港ID保有者(外国籍およびID申請中の者も含む)ですが、政府プレスリリースによると現在提供しているワクチンはSinovac vaccine(中国製)と、Comirnaty vaccine(ファイザー/ビオンテック社製)のようです。そのため、ここでファイザー/ビオンテック社製ワクチンを選んだ人は上記の入境緩和措置の対象外となる可能性が高いですね。

メディアの反応は

深センの英字メディアShekouDailyは、当措置を「中国での外国人の生活がまもなく通常に戻ることを示す兆候」と報じています。

また、ロンドンの中国ビザ申請サービスセンターも3月16日より業務を再開するとのアナウンスもあり、徐々に交流が再開されるとの期待が高まっています。一方、香港では現在新型コロナ第5波の流行が懸念されており、まだ予断を許しません。せめて各国と情報連携が早く行われ、渡航者がスムーズに往来できるようになってほしいですね。


Source:

ShekouDaily: BREAKING NEWS: Some Vaccinated Foreigners Can Now Enter China

WorkVisaService: 【Breaking News】Visa Facilitation for Applicants with Vaccines

领事直通车:好消息!中国版“国际旅行健康证明”正式上线

新华网:如何获取国际旅行健康证明

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事