深セン 华强北電気街 おすすめの多国籍レストラン「SHAWARMA HOUSE」(沙瓦吉)

深セン 华强北 には世界中からたくさんの人々が訪れます。国籍や宗教など多種多様な人々が入り混じるこの街で、特に欧米・中東の方に人気の多国籍レストラン「SHAWARMA HOUSE」(沙瓦吉)を今回はご紹介します!人気の秘密は一体なんでしょうか?

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「SHAWARMA HOUSE」(沙瓦吉)

「SHAWARMA」は中東の肉料理の名前ですが、ハラルフード(豚肉を使わない料理)や宗教上・健康上の理由などで肉を食べない方向けのベジタリアン料理などを提供しています。华强北には中東などからもたくさんのバイヤーが訪れるため、彼らにとっては非常に助かるところですが、この店はムスリム以外にも人気です。

気になるメニューですが、どんな料理を提供しているのでしょうか?

メニュー

まずは定番の「SHAWARMA RICE」。羊・牛・鶏肉などのバリエーションがあります。
写真は羊肉バージョン(羊肉沙瓦玛拼盘配米饭)。

SHAWARMA

RAMB SHAWARMA RICE(羊肉沙瓦玛拼盘配米饭)

ブリトーのように包んだバージョンもあります。食べやすくていいですね。

BEEF-SHAWARMA

BEEF-SHAWARMA

ここのお店の特徴は、肉を使わないベジタリアン料理が揃っていることです。

例えばこのハンバーガー…肉を一切使っていません!

FALAFEL BURGER

FALAFEL BURGER(炸鹰嘴豆丸汉堡套餐)

「FALAFEL BURGER」(炸鹰嘴豆丸汉堡套餐) ...別名 "ベジタリアンバーガー" と言われるこのハンバーガー、肉の代わりにひよこ豆(Chick Peas)をつぶしてコロッケのように揚げて挟んでいます。

このひよこ豆を使ったサイドメニューも人気です!

FALAFEL SIDE DISH

FALAFEL SIDE DISH(炸鹰嘴豆小吃)

それだけではありません。

今年より経験豊富なエジプト人シェフが加入したため、メニューのバリエーションが一気に拡大したとのこと。

例えば、カレー!すごくまろやかで美味です!

※ここのお客のほとんどは辛くないカレーを希望するため、何も言わずにカレーを注文すると辛くないカレーが出てきます。辛くないと言っても、本当にカレーと呼んでいいのか迷うレベルの全く辛くないカレーなので、普通に辛いカレーを希望される方は、店員に「Spicy!」と叫んでください。

SHAWARAMA CURRY

チキンカレーとベジタリアンカレーの2種類があります

ほかにも…

レモンチキン!これは絶対美味い!

SHAWARAMA MENU LEMON CHICKEN

LEMON CHICKEN

そして、トマトソースをベースにしたレッドカレー!

SHAWARMA RED CURRY

RED CURRY

まだあります!

パスタも追加! しかも、ベジタリアンパスタです!(牛肉のパスタ・ペンネもあります)

SHAWARMA PASTA

新パスタメニュー

ピザも登場しました!しかもベジタリアンピザだけでなく、チーズを使わないヴィーガンピザも揃っています。

SHAWARMA PIZZA

お客さんの比率は欧米人が8割近く中東からが2割くらい、残りがアジア人とのこと。ほとんどが深セン在住のリピーターで、その人たちが買い物に訪れる旅行者を連れてくるのだそう。

アジア人の比率はまだ少ないですが(日本人の常連は私だけかもしれません…笑)、それでも多国籍の人々が集まる多国籍レストラン。ハラルフードがメインの方にとっては貴重なレストランですね。しかも美味しいとなれば人気が出るのもうなずけます。

オーナーのAssisさんはマルチリンガルです。英語/中国語/フランス語/スウェーデン語/デンマーク語/ノルウェー語/アラビア語…7ヶ国語を話せるとのこと。タイ語も少し話せるそうです。

7ヶ国語!!

スウェーデン語やノルウェー語は言語の距離が近いとはいえ、驚異的な数です。(頭の中どうなっているんでしょう…)

オーナーのAssisさん

とても気さくな方なので、初めての方も安心して訪れることができます。ピーク時にはコンパクトな店内に人があふれることもしばしば。

アクセス・ロケーション

住所:深圳市福田区华强北路3003号 港澳城1F
最寄駅:地下鉄2/7号線 华强北(Huaqiang North)・地下鉄3/7号線 华新(Huaxin) 徒歩約3分

地図ではモールの建物の中にあるように見えますが、実際はモール外側に位置します。
(小さなレストランが連なっている通りにあります)

SHAWARAMA MAP

画像クリックで拡大

华强北を訪れる際はぜひお寄りください!(カレー好きな皆様のご意見も聞きたいです)

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事