【7/31イベント開催】ワンランク上の創作カクテルバー「THE KEY」福田区にオープン!

ここ数年で、深センには数多くのお洒落なバーを見かけるようになってきました。
その中でも異彩を放つ、福田区にオープンした創作カクテルバーをご紹介します!

その名は「THE KEY」

今までは夜8時開店の完全なバー形態でしたが、2019年7月からは開店時間を6時に前倒ししてディナーも楽しめるようになりました。

7/31には、以前に世界ナンバーワンバーテンダーの称号を手にした日本の有名バーテンダー SHINGO GOKAN(後閑慎吾)さんが来店され、特別なイベントが開催されるとのこと!(詳細は記事巻末に)

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「THE KEY」とは

THE KEYは、2019年にオープンした創作カクテルバーです。

様々な異なる文化からインスピレーションを得たクリエイティブなカクテルがたくさん揃っています。

入り口の扉。写真では分かりづらいですが大きい!

高級感溢れる店内

さっそく、店内の様子を見てみましょう!

これらは私が適当に撮った写真なのですが、すべてがイメージ画像のようでお洒落な写真ばかり撮れるんです!フォトジェニック!

カクテルメニュー

このバーのウリは、「様々な異なる文化からインスピレーションを得た」カクテル…一体どんなカクテルなのでしょう?

価格帯は、カクテル88元〜

ハーブは自家栽培

まず、カクテルに欠かせない彩りをもたらすハーブは…

カウンターの前で育てています!超安心。

La Citadel

これが一番人気だそうです!

La Citadel

La Citadel

La Citadel

Topsy Turvy

Topsy Turvy

Filipino Mule

Filipino Mule

Filipino Mule

Luohan Old Fashioned

Luohan Old Fashioned

Bookoo Martini

Bookoo Martini

Wulong House Punch

Wulong House Punch

Lakahma

Wulong House Punch

Lakahma

Affogato

Affogato

Tempus Judit

Tempus Judit

Negroni

Negroni

京都 芦生の森にインスパイアされた「Ashiu Sour」

日本人におすすめなのが、これ!

Ashiu Sour

京都 芦生の森にインスパイアされた「Ashiu Sour」

なぜAshiu Sourと名付けられたのかというと…

Ashiu Sour

このカクテルのベースが、日本人好みの味で有名なウィスキー「シーバスリーガル ミズナラ」だからなのだそう。

私も飲みましたが、本当に美味しいです!

オリジナルカクテルやMocktailも充実!

お酒が苦手な方向けに、アルコール抜きのMocktailも充実しています。

Mocktail

その場でオリジナルカクテルももちろん作ってくれます。

オリジナルカクテル

たくさんの種類があり、紹介しきれません。詳しくは店内で!

フードメニュー

そして、ついにフードメニューもスタート。

Patatas Bravas

人気メニューの一つ「Patatas Bravas」

Patatas Bravas

ベビーポテトとスパイシーなトマトソースの絶妙な味わい。

IPA CHICKEN

これも人気メニューなのだそう。

IPA CHICKEN

ビールに浸けて処理したチキンとタルタルソース!

IPA CHICKEN

Pizza Margherita

Pizza Margherita

Charcuterie Board

Charcuterie Board

カクテルと同じように、一つ一つに力を入れているのが分かります!

メインバーテンダーは、Giuseppeさん

超気さくなイタリア人!

Giuseppe

色々な注文に応えてくれます!

Giuseppe

 

(7/31)超有名日本人バーテンダー後閑慎吾さん来店&スペシャルイベント開催!

7/31(水)には、上海在住の超有名日本人バーテンダー「SHINGO GOKAN」(後閑慎吾)さんがスペシャルゲストとして来店されます!

後閑慎吾さん、ご存知の方もおられると思いますが、どんな方かというと…

日本人バーテンダー、バーコンサルタント、レストランプロデューサー、カクテル講師。神奈川県川崎市出身、米国ニューヨーク在住。 元「Angel's Share NY」ディレクター、現在はSGManagementNY代表、株式会社ファイブセンシス(東京)取締役、上海后感公司(上海)取締役、「Speak Low Shanghai」及び「Sober Company」設立者(経営パートナー)。株式会社SGマネジメント(東京)代表。

「バカルディ・レガシー・カクテルコンペティション2012」総合優勝(世界No.1バーテンダーの地位を獲得)2017年、Tales of the Cocktail「International Bartender of the Year 2017」を受賞。

上海にある後閑慎吾さんのバー「SPEAK LOW」は、2019年アジアのBest Barランキングで7位とのこと!

日本から取り寄せた抹茶とラムをミックスしたカクテル「SPEAK LOW」がとても高い評価を得ているのだそうです。

当イベントに合わせて、その日限定のオリジナルカクテルも提供される見込みです。
「Cafe for Geisha」が気になる!

イベントは、7/31(水)夜9時から始まります!お仕事帰りにぜひお立ち寄りください!

アクセス・ロケーション

  • 住所:深圳市福田区兴融九路福华一路98号卓越大厦108
  • 最寄駅:
    2号線/11号線「福田」駅 1出口 徒歩7分
    1号線「购物公园」駅 B出口 徒歩11分
  • 営業時間:
    18:00-1:30(毎日営業)


 福田駅、购物公园駅から徒歩圏内!!

Shenzhen Fanが自信を持ってお勧めします!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事