【News】深セン地下鉄9号線 <第2期>がついに開通!南山エリアの動線を塗り替える!

ついに、長らく工事をしていた南山エリアをまたがる地下鉄9号線<第2期>が、2019年12月8日に開通しました!

地下鉄9号線自体は割と新しい路線(2016年開通)で、羅湖エリア(「文錦」)から世界の窓付近(「紅樹湾南」)まで伸びているのですが、
この延長線は「紅樹湾南」駅から先日開通したばかりの地下鉄5号線「前湾」駅につながることになります。

これは近隣住民にとって待望の路線でした。なぜかというと南山エリアを走る地下鉄11号線と2号線の間には大きなスペースが空いていて、周辺施設に行くためには結局バスやタクシーを乗り継がないと難しかったからです。

POCKETALK S 中国版発売中!

「紅樹湾南」と「前湾」がつながる!

今までの9号線はこんな感じでした。

(第1期)「文錦」ー「紅樹湾南」

すでに運行されている地下鉄9号線<第1期>は、深センの東側 罗湖区にある文錦(Wenjin)を始発として、すでに開通されている1,2,3,7号線を避けながら、地下鉄が未通のエリアをつないで深圳湾まで伸びています。終点の紅樹湾南(Hongshuwan South)駅は11号線と接続しているため、宝安空港にも行きやすいルートとなっています。

この9号線、高速鉄道が停車する深圳北駅のある4号線には「上梅林」(Shangmeilin)駅で接続しますし、2号線と接続する「景田」(Jingtian)や、1,7,11号線と接続する「车公庙」(Chegongmiao)もあり、周辺住人にはかゆいところに手が届くありがたい路線なんですね。

(第2期)「紅樹湾南」ー「前湾」

そして今回の <第2期> は、以下のように拡張されました。

前湾梦海怡海茘林南油西ー南油ー南山书城ー深大南ー粤海门ー高新南ー紅樹湾南

全長10.8kmで、10駅伸びます。西に伸びるので「西延線」とも呼ばれているようです。

途中の接続路線はないものの、南山エリアが超便利に!

この路線、本当に待ち遠しく感じていた方は多いのではないでしょうか。
地図を見てもわかる通り、この辺りは羅湖/福田/宝安エリアに行くために地下鉄を使おうとすると、近隣の駅に行くまでに徒歩で10−20分かかってしまうのが普通でした。

近年はMobikeなどのシェアサイクルを使う人が増えましたが、そのために南山などの駅周辺はシェアサイクルが散らかっていましたよね。
今回の9号線開通で住人の最寄駅が近くなり、街の景観もかなり良くなるのではないかと思われます。いいことづくし!

特に注目なのは、「深大南」「南山」「南油」駅

特に注目したいのが、この3駅。

画像クリックで拡大

「深大南」「南山」「南油」駅。(いやもちろん他の駅も重要ですけどね)

「深大南」駅

深大南駅は、テンセント本社などが含まれる深圳湾創業広場(ソフトウェア産業基地とも呼ばれる)のすぐ近くに建設されたため、このエリアで働くたくさんのワーカーたちにとって待望の駅となります。

今までは最寄駅が2号線の「科苑」や「后海」、はたまた1号線の「高新园」まで歩かなければならず、いずれも徒歩10分はかかっていたのでこれは大きな変化ですね。

南山」駅

ここは地元では有名な書店があるエリア。駅名も書店から取られています。そしてこのエリア、日本人にとって超重要!

なぜなら、このあたりはたくさんの日本料理屋、そしてホリデイ・インがあるからです。南山駅からだと少し歩くんですよね。新しいお店も周辺にどんどん建っていくのかも?

南油」駅

南油エリアに住んでいる人はとても多く、今までの最寄駅は2号線の「后海」や「海月」だったのですが、これが非常に微妙な距離…

恐らくこの駅が近隣住民に一番大きな影響を及ぼしたものと思われます。完全に動線を塗り替えました!

南山エリアの路線拡張はまだ続く…次は海上世界と蛇口フェリーに接続へ!

この拡張路線、南山エリア住民にとって待望の開通だったわけですが、南山エリアの拡張は今回で終了したわけではありません。もう一つあるんです。それは…

地下鉄12号線!

そうなんです。地下鉄12号線の建設が現在粛々と勧められています。どうつながるかと言うと…

地下鉄12号線拡張

 

今回新設された9号線の「南油」駅と接続し、蛇口エリアの超有名スポット「海上世界」駅を通り、蛇口のフェリーポートまでつながるんです!

南油から海上世界のあたりは「网谷」(Net Valley)と呼ばれ、IBMなどIT系の会社も多いエリアなのですが、現状は海上世界からだとちょっと歩く距離なんですよね。たびたびイベントを行っているスペース「G&G」や、コワーキングスペース「BeePlus」、2019年にオープンした「Gaga Garden」など若者に人気のスポットもたくさんあり、この12号線開通によって界隈の雰囲気が一気に変わるはず!

そして蛇口のフェリーポートは利用した方ならお分かりと思いますが、2016年に新しく移動したため今までの2号線「蛇口港」駅からは遠くなってしまい、現在は駅からシャトルバス(1元かかります)が運行されています。

今後は12号線「太子湾」駅がフェリーポートの最寄駅となり、同時に大きなモールが建設されていく模様!
(とはいえ地図上では太子湾駅とフェリーポートまで距離ありますけどね、どうする予定なのか(動く歩道とか?)分かりませんが…)

開通は2022年!ちょっと先!でも楽しみですね!


 

source:

深圳地鉄
太好了!深圳地铁9号线预计11月28日开通!明年将开通6条地铁!
年底开通初期运营!地铁9号线二期实现“三权移交”
地铁12号线首台盾构顺利始发,全线预计2022年建成通车

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事