【保存版】国家移民管理局発表:中国在住外国人に重要な法律リストアップ<18項目>

4月10日に、国家移民管理局は中国滞在中の外国人に対して、新型コロナウイルス感染防止期間中は特に注意を払って遵守すべき法律<18項目>を列挙しました。

現在中国に滞在しておられる全ての外国人にとって特に重要な法律ですので、保存版として紹介します。

※可能な限り翻訳していますが、正確な内容は原文を参照してください。今後当記事の文言修正を行う可能性はあります。

国家移民管理局のサイトには中国語と英語併記で記載されています。記事内にも併記しますが、欧米人など英語圏の方はこちらのページを読むことをお勧めします。

Source:

国家移民管理局:须知!在华外国人疫情期间要遵守这些法律

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

感染症流行期間中に外国人が遵守すべき法律

ウイルスは国境を知らず、世界中の誰もが伝染病と闘う責任を負わなければなりません。中国のすべての外国人は法律と規則​​を厳守し、あなた自身と他人の健康のために、流行によって引き起こされるリスクを防ぐための措置が取られるときは積極的に協力しなければなりません。

外国人の権利保護と責任

1. 《中华人民共和国宪法》および《中华人民共和国出境入境管理法》に従い、中国における外国人の正当な権利および利益は法律によって保護される。中国の外国人は中国の法律を遵守し、中国の国家安全を危険にさらしたり、公益を害したり、社会秩序や公序良俗を乱したりしてはなりません。

第32条:中華人民共和国は、中国の領土内の外国人の合法的な権利と利益を保護します。中国の領土にいる外国人は、中華人民共和国の法律を遵守する必要があります。

中华人民共和国宪法

第3条:中国における外国人の正当な権利と利益は法律により保護されるものとします。中国の外国人は中国の法律を遵守し、中国の国家安全を危険にさらしたり、公益を害したり、社会秩序や秩序を乱したりしてはならない。

中华人民共和国出境入境管理法

住居登録と感染症予防に関する法律

2. 《中华人民共和国出境入境管理法》に基づいて、中国の外国人は期間内に住居登録を行い、公安機関の身元調査に準拠する必要があります。さらに、感染症の予防と治療に関する中華人民共和国の法律、公衆衛生に関する規制に従って、中国の外国人は、中国のすべてのレベルの人民政府および関係省庁が、感染症の拡大の効果的な予防と制御、および公衆安全と健康の保護のための監視、隔離、およびその他の措置を講じる際に協力することが求められます。

第38条:16歳に達し、中国に滞在または居住する外国人は、パスポートまたはその他の国際旅行書類、または外国人の滞在または居住許可証を携帯し、公安機関の検査を受け入れるものとする。
中国に居住する外国人は所定の期間内に、地方人民政府の公安機関に外国人の居住許可を提出しなければならない。

第39条:外国人が中国のホテルに滞在する場合、ホテルはホテル業界の公安行政に関する規則に従って宿泊施設を登録し、ホテルがある場所の公安機関に外国人の宿泊登録情報を提出するものとする。ホテル以外の居住地に居住または滞在する外国人は、外国人の到着後24時間以内に、居住地の公安機関に登録手続きを行う必要がある。

中华人民共和国出境入境管理法

第39条:医療機関の患者、病原菌保有者、感染の疑われる人と密に接触した者は、指定された場所で医学的観察を行い、他の必要な予防措置を講じること。単独での治療を拒否する者、または隔離期間の満了前に、承認なしに単独での治療から脱却する者については、公安機関は、単独での治療に対する強制措置を講じることにより医療機関を支援することができる。

第41条:カテゴリーAに基づく感染症の事例がある場所、またはそのような場所の特別地域の人々に関しては、上記の場所がある郡レベル以上の地方自治体の政府が隔離措置を実施することができる。

中华人民共和国传染病防治法

第12条:検疫可能な感染症を有する者は、保健検疫所によって医学的結果に基づいて一定期間隔離され、検疫可能な感染症を有すると疑われる者は、当該疾患の潜伏期間によって決定された期間検査のために保管されなければならない。

中华人民共和国国境卫生检疫法

第44条:緊急ハザードにおいて、医学的観察措置を受けた患者、疑いのある患者、または感染症の患者と密接に接触し、治療のために隔離されるか、または医学的観察の対象となる患者は、管轄保健管理部門または関連機関が衛生的措置を講じる際に協力しなければならない。彼らが拒否した場合、公安機関は法律に従ってこれらの措置を実施するのを支援しなければならない。

突发公共卫生事件应急条例

健康検疫措置拒否者に対する罰則規定

3. 《中华人民共和国治安管理处罚法》および《中华人民共和国刑法》等の法律に基づき、健康申告、体温検査、疫学調査およびサンプルの収集などの健康検疫措置を拒否する者、または隔離、検査、局所治療、治療のための他の病院への移送などの措置を拒否する者は法的措置を講じ、関連する法律上の責任を負い、警告、罰金または拘禁などの罰則を科せられ、法律に従って刑事責任を追及されるものとする。

第25条:次の行為のいずれかを行った者は、5日以上10日以下の拘留となるほか、500元以下の罰金が科せられる。状況が比較的軽微な場合、5日以下の拘留または500元以下の罰金が科される。

(1)噂を広め、危険な状況や伝染病の状況について誤った報告をしたり、誤った警報を発したりすることによって、意図的に公の秩序を乱すこと。 ……  

中华人民共和国治安管理处罚法

第50条:以下の行為のいずれかを行った者には、警告または200元以下の罰金が科される。状況が深刻な場合は、5日以上10日以下の拘留、さらに500元以下の罰金が科される。

(1)緊急事態の際に、国民の政府によって法律に従って発行された決定または命令の実行を拒否すること。
(2)政府機関の職員が法律に従って職務を遂行するのを妨害すること。……

中华人民共和国治安管理处罚法

第114条:【放火、堤防破りの犯罪、爆発の罪、毒の拡散の罪およびその他の危険な手段による公安に対する犯罪】放火を犯し、堤防を破り、爆発を引き起こし、感染症の病原体、毒物または放射性物質をまき散らす者、またはその他の物質や危険な手段を使用して治安を危うくするが深刻な結果をもたらさない場合、3年以上10年以下の懲役刑に処せられる。

第115条:【放火、堤防破りの犯罪、爆発の罪、毒の拡散の罪およびその他の危険な手段による公安に対する犯罪】放火を犯し、堤防を破り、爆発を引き起こし、感染症の病原体、毒物または放射性物質をまき散らす者、またはその他の物質や危険な手段を使用して人々に重大な傷害または死を与えた、または公共または私有財産の重大な損失を引き起こした場合、10年以上の懲役刑、終身刑または死刑を宣告されるものとする。前項の犯罪を不注意に犯した者は、3年以上7年以下の期限付き懲役刑を宣告される。または状況が比較的軽微な場合は、3年以下の期限付き懲役刑または刑事拘禁とする。

第277条:【公共サービスを妨害する罪】暴力又は脅迫によって国の機関の職務が法律に従ってその職務を遂行することを妨害する者は、3年以下の有期の懲役、刑事拘禁、または公共の監視または罰金。 ……自然災害や緊急事態の際に、暴力や脅迫によって赤十字社の労働者が法律に従ってその職務を遂行することを妨害した場合、最初の段落の規定に従って罰せられるものとする。

中华人民共和国刑法

第330条:【感染症予防及び治療に対する犯罪】感染症予防及び治療に関する法律の規定に違反して以下のいずれかの行為を行い、Aクラス感染症の蔓延または重大な危険を引き起こす者には、3年以下の懲役刑または刑事拘禁の刑を宣告する。結果が特に深刻である場合、3年以上7年以下の期間の懲役を宣告されなければならない……(4)感染症予防・治療法に基づき、保健・抗流行機関が提案する予防・管理措置の実施を拒否する。

第332条:【国境保健検疫妨害の犯罪】国境保健検疫規定に違反して検疫感染症の蔓延を引き起こしたり、重大な危険を及ぼす場合は、3年以下の懲役または刑事拘留に処せられ、罰金または罰金が科せられる。

中华人民共和国刑法

入出国管理法違反者の対応規定(ビザ取消、強制送還など)

4. 《中华人民共和国出境入境管理法》に基づき、外国人が中国の法律や規制に違反している場合、公安機関はビザやその他の書類の無効化、取り消し、没収などの決定を行い、期限内の中国からの出国、違反状況に応じた送還または強制送還などの決定を下す。送還された外国人は、送還日から計算して、1〜5年間は中国に入国することは認められない。強制送還された外国人は、強制送還日から計算して10年以内に中国に入国することは認められない。

第62条:以下のいずれかの状況下では、外国人は本国に送還される可能性がある。(1)規定された期限内に中国を出国するよう命令されるが、出国しない場合。(2)中国への入国が許可されていない状況に関与している。 (3)中国に不法に居住または勤務している。または(4)本法またはその他の法律または行政規則の違反のために本国に送還される必要がある場合……送還された者は、本国に送還された日から計算して、1〜5年間中国に入国することは認められない。

第67条:ビザまたは外国人の滞在または居住許可などの出入国書類が破損、紛失、または盗難された場合、またはそのような書類の発行後、所有者が書類を発行する資格がないことが判明した場合、発行機関は、上記の文書を無効と宣言するものとする。偽造、改ざん、詐欺的な手段で入手した、または発行機関によって無効と宣言された出入国書類は無効であるものとする。公安機関は、前項に規定する、または他人が不正に使用した出入国書類を取り消したり押収することができる。

中华人民共和国出境入境管理法

第81条:外国人が滞在または居住の目的に該当しない活動に従事している場合、または中国の法律または規制に違反しているために中国に滞在または居住する資格がなくなる場合は、制限時間内に中国からの出国を命じることができる。外国人のこの法律違反が重大であるが犯罪ではない場合、公安省は彼らを国外追放することができる。公安省による罰則決定は最終的な決定である。強制送還された外国人は、強制送還日から計算して10年以内に中国に入国することは許されない。

中华人民共和国出境入境管理法

在中外国人に必要な法律は他にも

もちろん中国在住外国人に求められている法律は他にもありますが、今の中国は新型コロナウイルスを抑え込んだものの第二波をとても警戒している状態なので、地元当局の指示には十分に従ってください。

現在、中国国内で外国人に対する扱いに変化が見られ、各所で注意が出されていますのでお気をつけください。

在中国日本国大使館ホームページ在広州日本国総領事館等の情報も参考になるのでご覧ください。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事