「TACO BELL」が深セン再上陸ーCOCO PARKに6月3日オープン!

朗報です!

あのTabo Bell(タコベル/塔可贝尔)が6月3日、深セン福田COCO PARKに再上陸するとのこと!

Taco Bellは2008年に中国から撤退していましたが紆余曲折を経て2016年に上海、そして2020年深センに再オープンを果たします。6月3日はオープニングイベントも開催予定!

Source:

TacoBell塔可贝尔:探索新地标,TacoBell登陆深圳!

ShekouDaily: Taco Bell Returns to Shenzhen!

That's Shenzhen: Taco Bell is Opening (Again) in Shenzhen!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

Taco Bellとは

Taco Bell(タコベル)は、言わずと知れたアメリカのファーストフードチェーン。トルティーヤを使用したメニューで有名です。日本では2015年に(再)オープンして話題になりました。

この朗報をいち早く報じたのはShekoudaily。Shekoudailyは蛇口エリアのローカルメディアなので福田COCO PARKのタコベルはいわば管轄外。でもあえて報じるということはいかに彼らにとって待ち望んでいたニュースなのかが分かります。

2003年に上海上陸、その後深センにも展開

Taco Bellは2003年に上海に2店舗を展開し、その後深センに2店舗オープンしました。

深センではMIXc mallに「Taco Bell Grande」という名前で本家アメリカよりも高級なラインナップで提供されていたようです。

2005年深圳オープン時の記事(News Guangdong)

2008年に中国撤退

しかし残念ながら、Taco Bellは2008年に中国の4つの支店をすべて閉鎖し、中国から撤退してしまいました。

2016年、中国再上陸

その8年後、タコベルは上海に再上陸。そして2020年、深センに12年ぶりのTaco Bellが帰ってきます。

Taco Bellは2015年に、2020年までに海外の支店を1,000店開くという野心的な目標を掲げており、今回の中国再上陸はその一環と思われます。

前回はなぜ失敗したかー今回の勝算は?

しかし、前回の中国撤退は何が原因だったのでしょうか?アジアタイムズのレポートによると、Taco Bellのチェーンが中国の消費者の好みに訴えるのに苦労したことを示唆しています。

タコスとブリトーは、ほとんどの中国人が試したことがなく、中国人の味覚にはまったく異質のものととらえられたようです。白米文化の中国(日本もそうですが)にとって、ハーブとスパイスをミックスしたメキシコ米は、あまり魅力的ではなかったのかもしれない…とのこと。チーズやメキシコの揚げた豆もあまり人気がなかったようです。

時代が早すぎたのでしょうね。

それでも近年は中国各地で中級〜高級のメキシコ料理店が増えています。新しい食べ物を取り入れやすい時代になってきましたし、市場拡大のチャンスかもしれません。

6月3日 オープニングイベント開催予定

Taco Bellは2020年3月の時点でオープンの噂が立っていました。新型コロナウイルスの影響も響いたかと思われますが、ついにグランドオープンです!

6月3日 10:00-22:00はオープニングイベントを開催予定です。

イベント内容は以下の通り。

QRコード会員登録で、100元相当のクーポンが。

そして68元以上の店内飲食で先着700名に限定バッグ(これ欲しい!)

そして指定の時間内に抽選も実施される模様。外れくじなし!

アクセス・ロケーション

住所:深圳市福田区福民路 COCOPARK L1-B1

最寄駅:地下鉄1/11号線「购物公园」徒歩数分

今回はもう撤退しないで欲しいものです!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事