2018年に公開された、深セン大芬村を舞台にしたドキュメンタリー映画「世界で一番ゴッホを描いた男」の主人公、 趙小勇(チャオ・シャオヨン)さんの画廊を訪れてインタビューを行ないました!とても気さくな方で、映画公開後に変わったことや今後について、映画の中では語られなかった貴重な話をたくさん教えてくださいました。

大芬村 趙小勇さんの画廊

大芬村 趙小勇さんの画廊


映画「世界で一番ゴッホを描いた男」とは?

「世界で一番ゴッホを描いた男」(原題:China’s Van Goghs)は、2018年に公開された 深セン大芬村のゴッホ複製画家 趙小勇さんのドキュメンタリー(中国・オランダ)映画です。この映画は大芬村だけでなく、「世界之窗」など深センのスポットや日常風景なども描かれています。日本ではほとんどの映画館で2018年中に公開が終了したようですが、当映画はNHKでも『中国のゴッホ 本物への旅』という短縮版が放映され、とても高い評価を受けています。

公式サイトはこちらから↓

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも全て工房の中。いつしか趙小勇はゴッホ美術館へ行くという夢ができた。本物の絵画からゴッホの心に触れて何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いと共に。
どうしても本物のゴッホの絵画を見たいという想いは日増しに募り、ついに夢を叶えるためにアムステルダムを訪れる。
本物のゴッホの絵画を見て衝撃を受けた趙小勇はいつしか、自分の人生をゴッホの生き様に写し合わせ、何をすべきか自分を見つめ直すようになる。果たして自分は職人か芸術家か。思い悩んだ趙小勇はある決断をする―。


世界最大の「油画村」深セン 大芬村

深セン 大芬(ダーフェン)は世界最大の「油画村」と呼ばれ、1万人以上の画工が働く産業の街です。ここで世界市場の6割の複製画が製作されています。

大芬村地図

大芬村の位置

大芬村は、深セン龙岗区 (罗湖区の北) に位置します。

大芬村地図

大芬駅周辺マップ

最寄駅は、地下鉄3号線「大芬」駅(A1出口)です。

大芬村

大芬村

一歩足を踏み入れると油絵の世界

大芬村

大きな絵は道路に広げて描く

大芬村

街中の至るところで絵を描く姿が見られる

大芬村

最近はほとんどの画工がタブレット・スマホを見ながら描いている

絵だけでなく、額縁・スタンド・筆など関連商材も多く売られています。大芬村を訪れる人の中には、絵を買うのではなく自分で絵を描くために必要な道具を買いに来る方も多いようで、一大商圏が形成されていますね。

大芬村

様々な色・形の額縁

大芬村

スタンドも種類豊富

また、このような絵画体験教室もあります。気になるお値段は…

大芬村 絵画教室

絵画体験教室も

以下の写真にある、一番手前の大きいサイズは150元、中央のサイズは130元、右の一番小さいサイズだと100元で描くことができるそうです。
描きたいテーマはなんでもよく、簡単なものは40分、普通は1時間で描けるとのこと。絵心のある方はぜひチャレンジを!

大芬村 絵画教室

大芬村は昔から画廊の町としてたくさんの画工が住み込みで働いていましたが、最近は少し変化が見られています。

深センの経済発展に伴い、大芬村も地価が高くなり住みづらくなりました。しかし外部からの客は大芬村に来て品定めをして買っていくため、多くのスタッフは大芬村の外に住むようになり、そこで絵を描いて、完成した絵を大芬村内で展示して売る、というスタイルになってきているのだそう。大芬村自体はショールームのような形になりつつあるのかな、と感じました。


ゴッホ複製画家 趙小勇さんインタビュー

趙小勇さんの画廊。映画のタイトルを前面に出しているのですぐに分かります。

大芬村 趙小勇さん画廊

趙小勇さんの画廊。

画廊内部は作品が所狭しと飾られています。

彼はこの映画で中国のTVにも多数出演し一躍有名になりましたが、そんなそぶりは一切なく誰に対しても気さくに丁寧な対応を取られる方でした。そんな趙小勇さんにいくつかの質問をしてみました。


趙小勇さん

SZ Fan
趙さんは世界で一番ゴッホの複製を描いた人として有名になりましたが、今までにどれくらい描かれたのでしょうか?

趙小勇
今までに、チームとしては10万点くらい描きました。

SZ Fan
10万点!本当にたくさん描かれてきたんですね!
映画を拝見しましたが、趙さんの環境は映画の前と後でかなり変わったと思います。どんな変化がありましたか?

趙小勇
映画の撮影は2013−2017年の間に行われました。公開されたのは2018年ですが、映画が終わってたくさんのお客さんが来ましたね。あの映画を通して、たくさんの人に出会うことができました。

趙小勇
日本人の親子も絵を見に来ました。その子供は今までは絵に興味を示さなかったそうですが、私の絵を見てから絵が好きになって自分でも描き始めるようになったそうです。そういう話を聞くと嬉しいですね。

SZ Fan
1枚の絵を描くだけでも大変そうですが、どれくらいの時間がかかるものなのでしょうか?

趙小勇
大きさにもよりますが、73×92のサイズだと1枚で3日前後かかります。オリジナルを描き始めたのは、2018年の5月からです。
趙小勇さん画廊

趙小勇さんの画廊

SZ Fan
映画の中では、アムステルダムで本物のゴッホを見てから違いを感じたとおっしゃっていましたが、長年複製画を描かれた方でないと分からない感覚があるのかと思います。どんな違いがあったのでしょうか?

趙小勇
私は今まで20年、ゴッホの本を見て描いてきました。でもその本が間違っていたのです。

SZ Fan
え?本が間違っていたのですか!?

趙小勇
はい。本の中のゴッホはパソコンで色が加工されてしまっていました。しかも256色でしか表現していなかったので正確な色ではなかったのです。実際に見てみないと、この違いは分かりません。その場で写真を撮ってもやはり違うのです。

趙小勇
また、ゴッホの絵は一見大胆に描いているように見えますが、実際の絵をよく見るともっと細かく丁寧に描かれていることに気づきました。

SZ Fan
そうだったんですね…

趙小勇
複製画も、描く人によって風格が出てきます。その風格をクライアントが満足してくれるかどうかです。
大芬村 趙小勇さん

本と実物との違いを説明してくださいました

SZ Fan
映画の中で、今後はオリジナルの絵を描いていきたいとおっしゃっていましたが、実際のところどちらが大変ですか?

趙小勇
実は複製画の方が大変です。
ずっと同じものを忠実に描かないといけない、というプレッシャーに絶えず晒されます。そのためここに来る学生はたいてい続けることができず、2ヶ月くらいで飽きて辞めてしまいます。でも私にはそれしか生きていく手段がなかったので続けました。

趙小勇
複製画は感情的に辛い時でも変わらない品質で仕上げないといけないのですが、オリジナルの絵は違います。その時の感情を自由に表現できるのです。
大芬村 趙小勇さんの作品

趙小勇さんの最近の作品。ゴッホタッチの自画像も

SZ Fan
複製画の方が大変だったとは、意外でした。
複製画とオリジナルの絵は、現在どれくらいの割合で描いていますか?

趙小勇
今は、複製画が半分、オリジナルが半分くらいの割合で描いています。
(映画の中にも出てきた)仕入れ先のオランダ人も、このオリジナルに期待してくれています。
大芬村 趙小勇さんオリジナル作品

オリジナル作品。個人的にはこの作品が一番好きでした。

SZ Fan
将来的に、どのようなプランを考えておられますか?

趙小勇
アムステルダムでゴッホの絵を見に来る人は、アジア人がとても多いことに驚きました。そこで考え方が変わり、中国にゴッホの博物館を作りたいと思うようになりました。

趙小勇
以前に香港の映画製作会社が、3.1億元(約50億円)で本物のゴッホの絵を購入しました。それほどゴッホは人気です。ゴッホの人生にはストーリーがあるはずです。私はその彼の一生を博物館の中で表現したいのです。

SZ Fan
ストーリーですか…なるほど。

趙小勇
また、ゴッホは日本の浮世絵の影響を受けました。だから、私は日本に行きたいと思っています。

SZ Fan
日本ですか!

趙小勇
はい。私は伝統的な日本の絵が好きです。日本の文化が浮世絵に詰まっているな、と感じています。

SZ Fan
そうなんですね。日本のどこに行きたいですか?

趙小勇
日本の田舎に行きたいですね。ゴッホの絵も田舎の地位が低い農民を描いています。

趙小勇
画家は田舎に行ってインスピレーションを受けて作品を作ることが多いです。私の田舎は「長沙」というところですが、田舎には本物があるので好きなのです。

大芬村 趙小勇さん

SZ Fan
日本に行かれる予定があるのですか?

趙小勇
実は、2019年の夏に日本で展覧会を行ないたいと考えています。

SZ Fan
そうなんですか!?

趙小勇
はい。100-200枚の絵を展示したいので、現在そのための絵を描いているところです。

大芬村 趙小勇さん

SZ Fan
すごい!ぜひ展覧会を実現して欲しいですね!

趙小勇
絵を描くことは好きです。ゴッホも好きです。だから私はこの仕事を続けられます。
日本に行って、皆さんに会えることを楽しみにしています!

大芬村 趙小勇さん

本当に明るい方で、ゴッホに対する熱い想いが感じられました。ありがとうございました!

(展覧会は、東京で行なうことで調整中のようです。2018年12月時点で詳細は未定なのですが、ぜひ東京で実現して欲しいですね)


趙小勇さん画廊 アクセス・ロケーション

中国梵高 China Van Gogh 印象画廊

住所:深圳市大芬油画村老5
メールアドレス:xiaoyongfangao@126.com
最寄駅:地下鉄3号線「大芬」駅A1出口

大芬村趙小勇画廊地図

大芬村 趙小勇画廊地図(★マークの位置)

画廊には、ゴッホ以外の複製画やオリジナル作品も多数飾られています。

大芬村 趙小勇さん画廊

購入することも可能ですので、大芬村にお立ち寄りの際はぜひ足を運んでみてください!

今回趙小勇さんを紹介してくださり、サポートしてくださったMさんとKさんにも御礼申し上げます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事