佐佐木屋
常連さんからは深センの "深夜食堂" と言われている、本格和食家庭料理「佐佐木屋」。オーナーの佐々木さんは30年以上のシェフ経験があり、深センの日本料理屋のアドバイザーもされているのだそうです。どんなところが "深夜食堂" なのでしょうか?

佐佐木屋とは

オーナーの佐々木さんは、18歳の時から30年以上包丁を握ってこられました。 日本では、洋食・和食・蕎麦・うどんなど様々なジャンルの料理をこなし、ホテルの料理長の経験を積まれたそうです。深センでは、企業に弁当を作る総菜屋や隠れ屋料理屋を営んでこられたのでご存知の方も多いと思いますが(以前は福田[香梅北]にありました)、今年(2018年)罗湖区で新しく家庭料理屋をオープンしました。
店の外観
どんな料理を提供しているのでしょうか? 今回は、佐々木さんがお勧め料理を作ってくださいました。 最初に出てきたのは…
なんと、タコス!!
和食屋なのに、タコス!色がとても綺麗で美味しい! これ、人気メニューなのだそうです。 和食といえば…
王道の寿司!
そして、自家製の桃酒(美味しい!どんどん飲めてしまって危険です)
海老、サーモン。海老は子持ち!
他にも、鍋の季節なので日本の鍋が出てきました。
完全に日本の家庭の味!
日本食に関連して納豆の話題が出たところ…
すぐに納豆が出てきました!
デザートも出してくれました。
佐々木さんの手作りスイーツ
外はココナッツパウダー、中に餅が入っていてとても柔らかい。何個でもいけてしまう…

なぜ "深夜食堂"?

深夜までは営業していないのに、周りの方からなぜ "深夜食堂" と言われるのか分かった気がします。このお店、お客さんの要望に合わせて色々作ってくれるのです。
お客さんにもらった置物も飾っているそう
どんなお客さんが来るのか尋ねたところ、詩人の卵の女の子が定期的に営業開始直後の5時に訪れるのだそう。なぜ5時なのかというと、佐々木さんが仕込みでリズミカルに卵を割っている音を聞くと、いい詩が書けるのだそう。桃酒を飲んで卵を割る音を聴きながら詩を書いていく…いい光景ですね! 他にもギターを弾きに来る人もいたり、近隣の人たちに愛されているお店です。

日本料理店のアドバイザーも!

佐々木さんは、実は他の日本料理店のアドバイザーもされているとのこと。 海外の日本料理店特有の問題かもしれませんが、気をつけないと時間の経過とともに料理の味は変わってしまうそうです。 刺身一つとってみても、魚の繊維に逆らって切らないと刺身の生きた感じが出ないのですが、そういった感覚を丁寧に教えていく必要があるのだそう。
本当に仲の良いお二人です!
他にも、備品が切れた時の応用が利かなかったり、いくつかの面で問題が起きたりするのだそうです。予期せぬトラブルへの対応は経験を積まないと対処が難しいのですね。 効率を重視しがちな中で一つ一つのプロセスを踏む大切さや、トラブル対応などを現地の方に伝える佐々木さんは深センで貴重な存在ですね。

営業時間

定休日 : 月曜日 PM5:00 - 11:00 (延長可能)

アクセス・ロケーション

深圳市罗湖区国威路162号 最寄駅は…少し遠いです。現時点(2018年12月)では地下鉄2号線の東端「新秀」(Xinxiu)からさらにバスに乗る必要があるので、タクシーやDiDiを使うのが良さそうです。
しかし!(恐らく)2019年中に地下鉄2号線が盐田区の方にまで拡張されます。そこで新しく開通する「莲塘」(Liantang)駅からすぐ近くの場所なので立地が良くなりますね。

連絡先

電話番号:153 6151 9481 微信(WeChat):以下QRコードをスキャンしてください(日本語・中国語対応)
QRコード
罗湖区にお住いの方、忘年会・新年会などにいかがでしょうか!
深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事