2021 深セン外国人写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)エントリー受付開始:賞金最高1万元!

深セン市と英字メディア「Shenzhen Daily」「Eye Shenzhen」の主催する、外国人の写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)が2021年のエントリー受付を開始しました。

このコンテストは3年目で賞金額は最高1万元!深センの街をよく表している写真を応募してください。

コンテスト内容・条件

主催

今回で第三回となるこの写真コンテスト。主催者は深圳市人民政府新闻办公室、オーガナイザーは「Shenzhen Daily / 深圳日报」「EYESHENZHEN / 爱深圳」「中国国际贸易促进委员会深圳市委员会(深圳市贸促委)」です。

2020年のフォトコンテストは以下の記事をご覧ください。

エントリー期間

エントリー期間:2021年8月〜2021年10月8日24時

テーマカテゴリー

今回は、2つのカテゴリーが用意されています。

C1 Humanistic category

「ヒューマニスティック」、つまり深センの都市景観、文化遺産、スポーツ・芸術、国際社会などに関する写真を募集しています。

C2 Nature category

自然に関するカテゴリー。深センの自然景観、エコロジー(動物・植物)、人と自然の関係などに関する写真を募集しています。

優秀作品・入賞作品

すべての入賞作品は授賞式での展示のほか、フォトコンテストのパンフレットに掲載されます。

カテゴリーごとに賞金が用意されています。(賞金は税引後の金額となります)

C1 Humanistic category

  • 優勝:1名、賞金 10,000元
  • 準優勝:2名、賞金 8,000元
  • 三等賞:4名、賞金 3,000元

C2 Nature category

  • 優勝:1名、賞金 10,000元
  • 準優勝:2名、賞金 8,000元
  • 三等賞:4名、賞金 3,000元

  • 優秀賞:10名、賞金 1,000元
  • ファイナリスト:数名、賞金 800元

エントリー要件・応募資格

  • 深セン在住の外国人写真家、または深センを訪れたことのある外国人写真家の作品のみ
  • 応募作品数は、連作を含めて1人10点以内の写真を提出可能。撮影時間に制限なし。
  • 各画像およびシリーズには、個別のタイトルとキャプション(画像の内容、撮影時間、撮影場所など)が必要
  • 応募者は、TIFFまたはJPG形式の高解像度デジタルファイル(JPG画像は2MB以上。2MB未満の画像は不可)を提出。
  • 主催者は、受賞作品をコピー・配布・展示・上映・およびインターネットを介した配布の権利を有する。
  • 応募者は、提出された画像の完全な明示的かつ議論の余地のない著作権を所有している必要がある。また、提出された画像が第三者の著作権、肖像権、名誉権、プライバシー権などの合法的な権利や利益を侵害していないことを保証するものとする。
  • 公序良俗に反する著作物及び行為は、発見次第失格とする。 「公序良俗に反する著作物及び行為」には、法律、道徳、公序良俗に違反し、公衆に重大な誤解を与えたり、詐欺的なものなどが含まれる。
  • 本ガイドラインの規定に準拠していない作品は受理されず、失格となる。
  • 主催者は通知により賞品や賞状などを撤回する権利を有する。
  • 参加費は不要。ただし提出された作品とそのストレージメディアは返却されない。主催者は配達プロセスにおける事故・遅延配達・未配達等の責任を負わない。
  • 応募作品は、明るさ、コントラスト、彩度、ホワイトバランスの調整、センサーの汚れ、レンズの色収差や歪みの修正、トリミング、多重露光、HDR調整、パノラマスティッチングなど、写真の基本的な後処理を被写体の客観的な真実に反しない形で行うことができる。カラー写真をモノクロ(または単色)に変換する場合は、全体のみを変換できる。
  • 主催者は、イベントの最終的な解釈の権利を留保する。すべての提出者は、これらのガイドラインのすべての条項に同意したものと見なされる。
  • 主催者は、本活動の最終的な解釈を行う権利を有する。応募者は、本ガイドラインのすべての条項に同意したものとみなす。

提出物について

すべての提出物には、次の情報が含まれている必要があります。

  1. 撮影者の氏名、国籍、連絡先(携帯電話番号、WeChat IDを含む)
  2. 撮影者自身の鮮明な写真。
  3. 各写真のタイトル、キャプション、撮影時間、撮影場所。
  4. カテゴリーのコード(C1 / C2)

提出方法

提出物は10月8日の午前0時までに eyeshenzhen@126.com に送信する必要があります。電子メールがスパムとして識別される可能性を減らすために、「qq.com」「126.com」「163.com」での送信が推奨されています。
(少なくともGmailは避けた方が良いと思われます)

以下の文面をコピーしてメール文に貼り付けると良いと思います。

Full name:
Nationality:
Contact Information:

Title:
Date:
Place:
Category Code:

コンタクト

Third Expats Eye Shenzhen Photo Contest organizing committee

組織委員会住所: 6F, New Media Building, Shangbao Road, Lianhua Subdistrict, Futian District, Shenzhen
深圳市福田区莲花街道商报路新媒体大厦6楼 第三届“国际友人在深圳”摄影大赛组委会

電話番号: 0755-8351 9458, +86 13902955793

Email: eyeshenzhen@126.com

担当者:王皓岚(Holly Wang)、叶尚青(Betty Ye)

2020年の入賞作品

去年の入賞先品をご紹介します(以下の写真はすべてEyeShenzhenから)

"Anniversary" by Jesus Salazar from Venezuela.
"Nanshan Peace" by Yurii Talapkanych from Ukranie.
"Eternal Love" by Isaac Cohen from Colombia.
"Mirage Reflection" by Jean-Baptiste Dutto from France.
"Dance to Live, Live to Dance" by Jeremy David Smith from Canada.
"Teamwork” by Anton Tsentalovich from Russia.

入賞作品を見ると、プロが撮った綺麗な写真というよりも「外国人が撮った深セン」の風景をうまく表現できている写真が選ばれているように思えます。加えて写真のタイトルも大きな影響を与えそうです。

現在深センにおられなくても、以前に深センを訪れて当テーマにふさわしい写真を撮られたことのある方は奮ってご参加ください。日本人ならではのセンスで入賞を目指しましょう。


Source:

EyeShenzhen : Sign up for expats photo contest to win ¥10,000 “国际友人在深圳”摄影大赛启动啦

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事