深セン市は美団・京東と提携し総額5億元(約100億円)以上のデジタルクーポン発行中

3月にロックダウンから回復した深セン市は、5月の大型連休に合わせて美団や京東などのプラットフォームを通じて総額5億元(約100億円)以上のデジタルクーポンを発行中。

これまで深セン市はデジタル人民元普及促進のためのクーポン配布を行なってきましたが、今回は買い物クーポン、食事クーポンなど内需拡大を目的としたキャンペーンとなります。

深圳市政府による救済措置の一環

このクーポン配布は3月25日に深圳市政府が採択した30項目の救済措置の一部で、新型コロナの影響を受けた企業が経営や資金調達の課題を克服するのを支援するためのものです。

内需を拡大し、消費を促進し、人々がゴールデンウィークのシーズンに深セン市内に滞在することを奨励すべく、美団や大众点评、京東のプラットフォームを通じた合計5億元の消費クーポンを配布。これによりロックダウンから回復した深センの消費回復を促進します。

4億元分の買物消費券(京東)

6,000万元の飲食消費券(美团/大众点评)

1,000万元の旅行券・スポーツ消費券(美团/大众点评)

3,000万元のデジタル人民元紅包

Image via 深圳新闻网

このデジタルクーポンの目的や効果のほどについて、ジャーナリストの高口康太さんとNewspicksトピックスにて掘り下げました。こちらもぜひご覧ください。

Newspicksトピックス デジタル・チャイナの裏側を掘る:新時代の景気対策、深圳のデジタルクーポン

美食[6,000万元]・文体旅遊[1,000万元]消費券(美团)

各クーポンは段階的に配布されますが、第一弾として4月28日より配布開始したのがこのクーポン。

市商务局、文化广电旅游体育局と美団が連携し、美団のプラットフォーム(美団と合併した大众点评も含む)にて6,000万元の美食消費券と、1,000万元の文体旅遊消費券(文化・スポーツ・観光)が提供されます。

クーポン内容

堂食消費券(店内飲食)

30元以上の利用で15元割引

100元以上の利用で50元割引

200元以上の利用で80元割引

500元以上の利用で200元割引

外売消費券(テイクアウト)

20元以上の利用で8元割引

30元以上の利用で15元割引

50元以上の利用で25元割引

同一ユーザーは、1回の利用で1枚の飲食消費券(店内飲食・テイクアウト)を利用することができます。先着順で在庫がなくなり次第終了となります。

酒店民宿消費券(ホテル・民宿)

400元以上の利用で200元割引

600元以上の利用で300元割引

旅遊景区消費券(観光)

51元以上の利用で50元割引

101元以上の利用で100元割引

健身行業消費券(フィットネス業界)

200元以上の利用で100元割引

同一ユーザーは、ホテル・民宿・観光・フィットネスの中から1つだけ選んで受け取ることができ、先着順で在庫がなくなり次第終了となります。

配布期間

クーポンは数回に分けて配布されます。

第一回:4月28日 12:00~5月4日 23:59

第二回:5月5日 12:00~5月11日 23:59

第三回:5月12日 12:00~5月18日 23:59

第四回:5月19日 12:00~5月25日 23:59

取得方法

現在、深センにおられる方は、「美团」アプリまたは「大众点评」アプリにログインし、トップページにある「乐购深圳消费券」「深圳消费券」を選択してキャンペーンページにお入りください。

Image via 深圳新闻网

表示方法

クーポン券は30分以内に届きます。以下のメニューから確認してください。

「美团」アプリ:我的-红包/卡券-消费券

「大众点评」アプリ:我的-钱包-现金券

Image via 深圳新闻网

使用方法

クーポン券は、「美团」「大众点评」プラットフォーム上の指定加盟店で商品購入の決済時に使用できます。美团支付・微信支付で引き換えることができます。

美食消費券の有効期限は各ラウンド開始日から7日間、文体旅遊消費券の有効期限は各ラウンド開始日から14日間です。

团购(団体購入)の消費券は購入日から有効で、最終償却日は2022年6月5日です。有効期限が切れると自動的に返金されます。

クーポン券は市を跨いで使用することはできません。 適用される加盟店の範囲は、アプリ内にある詳細ページからご確認ください。

Image via 深圳新闻网

4億元買い物消費券(京東)

京東(JD.com)では、1日で最大2,050元が利用可能な4億元の買い物消費券を5月1日より発行中。深圳市商务局、工业和信息化局が京東のプラットフォームを通じて協力しています。

対象となる商品は家電製品、衣料品、金・宝飾品等をカバーしており、华为(Huawei)、荣耀(HONOR)、大疆(DJI)、创维(Skyworth)、康佳(Konka)といったブランドの人気製品が含まれます。

Image via 深圳新闻网

クーポン内容

クーポンの内容は以下の通り。1回の注文で使用できるクーポンは1枚のみで、複数使用はできません。

100元以上の利用で50元のクーポン

200元以上の利用で100元のクーポン

500元以上の利用で200元のクーポン

1000元以上の利用で300元のクーポン

3000元以上の利用で600元のクーポン

5000元以上の利用で800元のクーポン

配布期間

クーポンは数回に分けて配布されます。

第一回:5月1日 10:00~5月7日 23:59

第二回:5月17日 10:00~5月23日 23:59

第三回:5月28日 10:00~6月20日 23:59

第四回:6月30日 10:00~7月10日 23:59

期間中、クーポンは毎日10時に発行され、1人1日1枚、先着順で在庫がなくなり次第終了となります。

取得方法

現在、深センにおられる方は、「京东」(京東)アプリにログインした後トップ画面右上部の「」アイコンをタップするか、「乐购深圳」「深圳消费券」と検索してください。

Image via 深圳新闻网

表示方法

取得したクーポンは、“我的”-“优惠券”ページで確認できます。

Image via 深圳新闻网

使用方法

このクーポン券は深圳市に配送先がある注文に限り、京東アプリでの商品購入時に使用することができます。 支払い欄で京东支付を選択後、右側に表示される赤いクーポンを選択します。 消費券は当日のみ有効とのこと。

Image via 深圳新闻网

饿了么も飲食クーポンを配布予定(5月上旬)

他にも、アリババ系の饿了么(Ele.me)は深センのブランド加盟店と手を組み、5月上旬から15%〜20%の割引となる飲食券を提供する予定です。

Image via 深圳新闻网

3,000万元のデジタル人民元クーポン提供予定(5月下旬)

そしてさらに、深圳市はいくつかの銀行と提携し、5月下旬から3,000万元のデジタル人民元クーポンを提供するとのこと。詳細は後日アナウンスされる予定です。

深圳市は7,000万元+3,000万元の家電製品購入補助を追加(5/1-)

上記のキャンペーンに加えて深圳市商务局は、内需拡大、消費促進のため家電製品購入補助金キャンペーンを4月30日に発表しました。消費者の家電製品や家庭用品の購入を促すべく電子機器には総額7,000万元、家電製品には総額3,000万元の補助金を提供します。

当キャンペーンに参加している地元の店舗で対象製品を購入すると、消費者一人当たり販売価格の15%の補助金を申請することができます。複数回の購入も可能ですが、一人当たりの補助金額は2,000元が上限となります。

対象製品

電子機器:
携帯電話、ホームオートメーション機器、ウェアラブル機器、家庭用ドローン、家庭用ロボット、パソコン、タブレット、3Cアクセサリなど

家電製品:
テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、キッチン家電、小型家電

申請方法

個人の消費者が、2022年5月1日より対象小売店(深圳市商务局WeChat公式アカウント「深圳商务」にて確認可能)で電子機器・家電を中国银联「云闪付」アプリで決済(QRコード読取)します。

販売店で補助金申請書を入手し、その場で記入後、売上請求書などの申請書類を添えて販売店に提出します。中国銀聯による事前審査・承認後、対象消費者の支払口座に補助金が振り込まれます。

実施期間

原則として2022年5月1日〜8月31日までの実施期間となりますが、当キャンペーンは補助金がなくなりしだい終了となります。終了時は市商務局よりキャンペーン終了の通知がなされるとのこと。詳細は以下リンクをご覧ください。

深圳新闻网:7000万元+3000万元!深圳消费电子和家用电器购置补贴来了

ShenzhenDaily:City offers more consumption subsidies, e-vouchers


深圳市が過去に行ったクーポン配布に関する記事はこちら


Source:

深圳新闻网:深圳发放5亿元消费券!领取攻略→

ShenzhenDaily:City to issue ¥500M in e-vouchers starting today

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事