【2019年版】深セン蛇口フェリー乗り場「蛇口邮轮中心」最新情報!現金でのチケット購入方法など(2019.11.20 追記)

(2019.11.20 クレジットカードでのフェリー予約方法を追記しました(香港国際空港・蛇口フェリー両方からオンライン予約できます))

2016年にオープンして以来、たくさんの方々に利用されている深セン蛇口のフェリーポート「蛇口邮轮中心」(SHEKOUーFERRY)。

深センから香港・香港空港・マカオ・珠海など快適に移動できますし、香港空港利用者にとっては深セン側でチェックインも可能で、香港のデモ・ストライキの影響を受けずに空港に直接到着することができるため最近は利用者が急増しています。

ネット上にも様々なブログで利用者の感想や利用方法が取り上げられていますが、今回はあまりネットで取り上げられていないフェリーポート施設の情報や最新情報、また問い合わせの多い点をメインにお伝えします。

まず、フェリー利用に関する数あるブログから分かりやすい記事をピックアップしました。参考にどうぞ!

その上で、補足情報を以下に記載いたします。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

WeChat「招商蛇口邮轮母港」からのオンライン予約が便利

WeChat Pay(微信支付)が使えるなら、このアカウントから予約するのが断然おすすめです。

冒頭でご紹介したブログにも使用方法は記載されているので詳しい説明は省きますが、操作方法は簡単です。

WeChat「招商蛇口邮轮母港」

港珠澳船票」を選択して、出発港と到着港・時間を選び、「立即购票」を押します。

WeChat「招商蛇口邮轮母港」

予約後、出発の1時間前には港に着いていた方がいいですが(慣れている方なら30分前とかでもよいかも)、そこでチケットを券売機で発券します。

招商蛇口邮轮母港…覚えておいてください!

現金(キャッシュ)で支払う時はどこでチケットを買えば良いのか?

WeChatを使用したチケット発券場所は建物内の至るところにありますが、現金で購入できるところは限られます。

現金で支払う時は専用マシンから

まず、エスカレーターで2階へ向かってください。

その後、左側(国内发 Domestic Departuresのエリアへ向かいます。

写真赤枠エリア内に「Cash Only」の券売機があります。

ちなみに、当券売機はどうも2台しかないようで、特に外国人利用者に人気のため混んでいたりします。

ここで、香港・マカオ・珠海など各エリアへのチケットが購入できます。
※購入時に身分証(パスポート)をスキャンする必要があるので用意しておいてください。

現金購入だと事前予約ができないため、週末・繁忙期は前もってチケットを購入しないと満席で乗れないこともあります。特に朝一番の便と最終のフェリーは利用者が多いので時間に余裕を持って購入することをお勧めします。

クレジットカード(VISA/MasterCard)、PayPalでの支払いは可能か?

WeChat PayやAliPay、そして中国渡航者の多くが持っているクレジットカード「銀聯カード」なら、自動券売機でチケットを購入することができますが、VISAやMasterCardでは券売機で支払うことができません

そして手持ちの現金もない場合はどうしたらよいでしょうか?

2種類の方法があります。

フェリーチケット予約サイトを利用する(2019.11.20 追記)

(※ 2019.11.20 追記:クレジットカードで予約可能な予約サイト情報を最新化しました)

以下のフェリー運行会社の公式サイトからクレジットカード等で予約可能です。これが確実ですね。

予約方法は冒頭でもご紹介したkawanetさんのnoteがとてもわかりやすいです。以下に再度記載しておきます。

フェリー運行会社 CKS「珠江客運」公式サイト

予約画面

支払い方法は現在のところ、 VISA、Master、Union Pay、Alipay が利用可能とのこと。

CKS支払い画面

 

「蛇口邮轮中心」公式サイト

「蛇口邮轮中心」公式サイトからも予約可能。

「蛇口邮轮中心」公式サイト


他にも、
ferries.jp」や「directferries.jp」など、世界中のフェリー情報を集めて予約代行をしてくれるフェリーチケット予約サイトもあります。
日本語で案内されていて見やすいのですが、便がきちんと表示されなかったりするので、正直あてにならないです。

予約サイトを利用するなら前述の「CKSP」もしくは「蛇口邮轮中心」を利用するのがベストです。

ferries.jp トップ画面

 

施設内のATMでキャッシング→現金化

急いでいる時にはこれが一番無難な方法かもしれません。

1階左側に、中国銀行(BANK OF CHINA)のATMがあり、ここでクレジットカードからキャッシングができます。

このATMには、VISAのマークはなく本当に引き出せるのか不安になるかもしれませんが、ちゃんと引き出せます(引き出せました)。

中国銀行(BANK OF CHINA)のATM

「CREDIT ACCOUNT」を選択

手数料・レートは分からないので、最低限必要な分だけ引き出す感じで使うのがいいですね。

両替屋もあります。

ATMのそばに両替屋もあるので、もし他国の通貨を持っていればここで中国元に変えることもできます。

フェリーポート行きのシャトルバスは有料に変更(1元)

(2019年9月)現在、地下鉄2号線「蛇口港」駅から発車しているシャトルバスは(以前は無料でしたが)1元かかります。

バス乗り場も(若干)変更

そして、バス乗り場の位置は若干移動されています。

バスの番号は「B601」です。上記の写真の矢印に沿っていけば大丈夫です。

たかが1元、されど1元。払えないと乗れないのでご注意を!

フェリーポートからもシャトルバス(1元)が運行!

この点はネット上にもあまり記載されておらず、フェリーで深センに到着された多くの方(主に外国人)が移動の唯一の手段としてタクシーを利用して深セン市内に向かいます。

しかし、前述した地下鉄2号線「蛇口港」駅からフェリーポートまでのシャトルバスは往復で運行しているため、行きと同じように1元で駅まで行くことができます。

乗り場は地下(B1)に

建物内部に、地下(B1)に通じるエスカレーターがあります。ここを降りるとシャトルバス(B601)乗り場になります。

このB601バスに乗ると(1元払うのを忘れずに)、5分くらいで2号線「蛇口港」駅に到着します。

港周辺は至るところで工事中

深センの地下鉄は日本と違って格安なので、タクシーを使うよりもはるかに安く目的地に着くことができます。
この方法も覚えておいて損はないですね。(タクシーも日本と比べたらはるかに安いですが)

フェリーポートは今後も開発が進む

決して大げさな表現ではなく、毎回利用するたびに何かしら変化している「蛇口邮轮中心」。

4階は主にレストラン・カフェがありますが、淘汰も激しいですね。
以前は日本料理屋があったのですが、ものの見事に無くなっていました。でも吉野家はオープン当初から健在です。他店より価格は高めに設定されていますが、チェーン店だからなのか生き残っていますね。KFCもあります。

利用者が順調に増えているフェリーポート。今後の変化も楽しみです!

※当情報は、2019年9月現在のものです。施設内のレイアウトやシャトルバスの番号など今後変更される場合がありますのでご了承ください。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事