深セン南山区の人気クラフトビールバー「TAPS」は4周年!「TAPS TAPROOM」も大盛況!

(最近はビール色強めの記事が多めですが、偶然です)
深セン南山区にある、カナダ人オーナー経営のクラフトビールバー「TAPS」が2019年10月で4周年を迎えました!

深センにお洒落なバーはたくさんありますが(最近は乱立状態ですね…)
TAPSは独自のフレーバーを研究し、クラフトビールにこだわり続けて地元の人々に愛されるバーとしての地位を確立しています。

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

4周年のTAPS!

近くに住む日本人の方々もよく利用されているTAPS、つい先日行われた4周年記念イベントです。

TAPSは、周辺在住の外国人にはかなり知られており、以前は福田のココパークにも出店していましたが、色々なことがあってそれ以降は南山の一店舗に絞って営業を続けていました。

その後、今年の4月に隣の駅「湾厦」近くに新店舗「TAPS TAPROOM」をオープン。本店のTAPSは4周年を迎えました!

TAPSには、日本語をある程度話せるスタッフの女の子もいますので、探してみてください。

豊富な種類のクラフトビール!

クラフトビールの数は、15種類以上!

一例を挙げますと、

スタッフの個人的オススメは、このEND OF DAYS IPAだそうです。

全部試したことはありませんが、CUCUMBER  SAISONTAPS STOUTJASMINE PASSION TEAは飲んだことあります。
JASMINE PASSION TEAは甘酸っぱく飲みやすいですね。どれも絶妙なブレンドで美味しいです。


また、最近はこのような新製品も。

开化龙顶赛松 Kai Hua Long Ding Saison

「开化龙顶」(kaihua longding)という中国茶にスターフルーツなどもブレンドされているそう。少しフルーティーな仕上がりになっています。

そしてもう一つ。

普洱艾尔 Pu'er Ale

プーアール茶とのブレンドだそうです。濃いビールと濃いプーアール茶とのコラボレーション。

このような斬新なビールを楽しめるのもTAPSの人気の秘密!

迷う人にお勧めの、テイスティングセット!

120元で楽しめる、6種類のビール(125ml)テイスティングセットがお勧めです。

これを注文する人はすごく多いようですね。

ハッピーアワー時間帯は、全てのビールが25%OFF!(月ー金 18:00-19:30)

もちろんハッピーアワーもやっています。

月曜から金曜まで18:00−19:30なので、仕事を早めに切り上げて少しずつ全制覇していくのもいいですね!

日替わりのセットメニューも!ビールとセットで68元〜(2019年10月現在)

このようなセットメニューも提供されています。

これ、すごくいいですね。夜の食事しながらちょっと飲んで帰りたい時とかちょうど良いと思います。

ミニバーガーやパスタのセットでさくっと飲んでいく。次の日の活力にもなりますし、お勧めです!

毎週木曜日はライブイベントも!

ビール醸造機の前でライブをするという新しいスタイル。4周年記念期間中は毎日ライブ開催されていました。

ちなみに、右側のドラム/ボーカルの女の子も(少しだけ)日本語ができます。バンドメンバーは日本が好きみたいです。

2019年秋の新メニュー登場!

ビールだけでなく、おつまみ・食事も定評があります。

画像は秋の新メニュー!

 

今回、私はこのビーフレタスロールをいただきましたが、少しピリ辛でビールによく合う!

軽く食べたい時にお勧め。

さきいかも!

TAPS TAPROOMとは

TAPS TAPROOMは、2019年4月に新しくオープンした、もう一つのTAPSです。

2019年4月のグランドオープニングイベントの様子

提供しているビールはTAPSとほぼ同じ。

店内はTAPSよりもシンプルな作りになっています。

 

場所は後述しますが、海月の隣の駅「湾厦」に近いところにあります。

TAPSからも歩いていける距離なので(20分くらい?)、酔いを覚ましながら川沿いを歩いてTAPROOMで2軒目、というのも良いかもしれませんね!

アクセス・ロケーション

  • ①. TAPS
  • 深圳市南山区岸湾五路君汇新天136、137号商铺
  • 最寄駅:地下鉄2号線「海月」駅 徒歩約5分
  • ②. TAPS TAPROOM
  • 深圳市南山区中心路皇庭港湾77号
  • 最寄駅:地下鉄2号線「湾厦」駅 徒歩約10分

 


4周年を迎えてますます人気を確立しているTAPS。深センのクラフトビールを完全に代表しています。お勧めです!

 

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事