ついにHuawei駅が誕生!深セン地下鉄 6・10号線が8月開業予定!

2020年も深圳地下鉄はホットな話題が続きます!

ついに、地下鉄6号線と10号線が試運転を開始しました。開業時期は2020年8月!

この路線、どちらも要注目です。6号線は初の光明区エリアをつなぐ路線で、10号線にはあのHuawei駅が誕生するんです!

Source:

EyeShenzhen: Vlog | Lines 6, 10 will open in August 地铁6、10号线试运行,将于今年8月开通

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

6号線と10号線のテスト走行を開始

2020年3月末に、深圳地下鉄は6号線と10号線のテスト走行を開始しました。

3か月の試運転の後、8月に正式にサービスを開始する予定です。

6,10号線の試運転セレモニー Photo via EyeShenzhen

深圳地下鉄グループがリリースしたコンピューターシミュレーションによると、6号線での移動には66分、10号線では45分かかります。

6号線車内ディスプレイ Photo via EyeShenzhen

試運転の期間中は、さまざまな電気設備システムが、使いやすさ・機能性・安全性・信頼性の独立テストと相互依存テストの対象となり、オペレーターには正式な開業に向けてのトレーニングも実施されます。

地下鉄6号線

地下鉄6号線は、宝安区の松崗駅から始まり、福田区の科学館駅が終点となります。

6号線路線図 Photo via EyeShenzhen

光明区内の地下鉄路線は史上初!

宝安区ー光明区ー龍華(龙华)区ー福田区ー羅湖区を通過する初の路線です。特に地下鉄が光明区に進出するのはこれが初めて!歴史的な路線です!

東莞市にも近くなる!

6号線は27駅にまたがり、49.3キロを走行します。この路線により、光明区と龍華区のアクセスが格段に良くなり、街の発展に大きく寄与していきますね。そして深センのお隣東莞市との接続も強化されていきます!

Photo via EyeShenzhen

松崗駅では11号線に、紅山駅では4号線に、深圳北駅では4号線と5号線に、銀湖駅では9号線に、八卦岭駅では7号線に、通新岭駅では3号線に、科学館駅では1号線に乗り換えることができます。

Photo via EyeShenzhen

6号線の座席カラーは薄緑色。路線のカラーもこの色かも。

地下鉄10号線

地下鉄10号線は福田口岸駅から始まり、龍崗区の双拥街(Shuangyong jie)駅で終わります。

10号線路線図 Photo via EyeShenzhen

10号線の長さは29.3 km。24駅にまたがる福田区と龍崗区を縦断します。

地図を見ると分かるように、絶妙な位置に路線を引きましたね。福田口岸から北の龍崗区にほぼ一直線で伸びるこの路線。待ちに待っていた方も多いと思います。

广深铁路を結ぶ「平湖」駅や、「HUAWEI」駅が新設!

「平湖」(Pinghu)駅は、広深線广深铁路と呼ばれる広州から深センを結ぶ鉄道の止まる駅でもあります。

そして!あのHUAWEI/華為(华为技术有限公司)本社のエリアを通るのです。
その駅の名前は、もちろん「华为」(Huawei)駅!

今までアクセスの悪かった地域がどんどん便利になっていきますね。

UpperHillsに隣接する「冬瓜岭」駅も新設!

それだけではありません!MUJI HOTELや日本食街「上横町」が入居している巨大モールUpperHills(深业上城)に隣接する「冬瓜岭」(Donggualing)駅がついに誕生します!

UpperHillsの唯一の弱点は駅から遠いことだったのですが、これで無敵です!
福田口岸からMUJI HOTELにスムーズに行けますし、香港からのお客さんもたくさん来そうですね。

予定通りに開通する?

開通予定日は2020年8月ですが、この手の工事は遅れることが多々あるんですよね。

Photo via EyeShenzhen

なので、あくまで目安として考えておいた方が良いのですが、もう試運転できるくらいにまでできあがっているのであれば、今回は順調に進んでいるのではないかと期待しています。

Photo via EyeShenzhen

深圳地下鉄はこれまでに8路線を開通させ、その後も怒涛の勢いで各路線で第2期の延長工事を行っているため、経験も積んできていますよね。

そして今後も、まだ地図に現れていないいくつもの路線が控えています。今後5年くらいでものすごく便利になっていきますよ!

Photo via EyeShenzhen

6号線と10号線が開通する頃には、香港との自由な行き来もまたできるようになっていると信じます!

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事