2019年深センGDP統計データ発表:南山区は広東省史上初の6,000億元超え!

4月15日に、深圳統計局と国家統計局の調査チームは、「深センの2019年国家経済社会開発統計速報」を発表しました。

2018年は、深センのGDPが香港を抜いたことで大きなニュースになりましたが、2019年はどうなったのでしょうか?新型コロナウイルスの影響を受ける直前のGDP…気になりますね。

source:

深圳大件事:最新实力曝光!深圳3区去年GDP超4000亿,第一又是TA……

深圳本地宝:深圳哪个区最富,哪个区最穷?最新GDP排名出炉!没想到第二名是…

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

2019年 中国GDPベスト10

まずは基本情報から。

先月(3月)に人民網等のメディアで報道された内容によると、全国の2019年GDPベスト10は以下の通り。


  1. 上海
  2. 北京
  3. 深セン
  4. 広州
  5. 重慶
  6. 蘇州
  7. 武漢
  8. 成都
  9. 杭州
  10. 天津

2019年の中国全体のGDPは98兆860億元。
成長率は6.1%で、2018年の6.6%から鈍化したという報道もありましたね。

1位の上海は、3兆8,155億3,200万元(6.0%増加)、2位の北京は、3兆5,371億3,000万元(6.1%増加)

では3位の深センは?…内訳を見てみましょう。

2019年 深センGDPは、2兆6,927億900万元!前年比6.7%増加

深センの2019年GDPは、2兆6,927億9,000万元!成長率も前年比6.7%の増加です。

深セン各区マップ

深センのトップ3: 1.南山区 2.龍崗区 3.福田区

2019年の各地区の総GDPランキングは2018年と比較して変化しておらず、トップ3は以下の通り。

  1. 南山区:6,103億 6,900万元(7.6% 増)
  2. 龍崗区:4,685億 7,800万元(8.1% 増)
  3. 福田区:4,546億 5,000万元(7.2% 増)
  4. 宝安区:3,853億 5,800万元(6.6% 増)
  5. 龍華区:2,510億 7,700万元(2.5% 増)
  6. 羅湖区:2,390億 2,600万元(6.8% 増)
  7. 光明区:1,020億 9,200万元(8.0% 増)
  8. 坪山区: 760億 8,700万元(8.5% 増)
  9. 塩田区: 656億 4,800万元(8.2% 増)
  10. 大鵬新区:351億 4,400万元(5.5% 増)
  11. 深汕特别合作区:46億8,000万元(23.1% 増)

GDP成長率が8%以上のエリアもあります。各区のデータを見てみましょう。

Image via 深圳本地宝

1位:南山区

中でも注目すべきは南山区。ついにGDPが6,000億元を突破しました!

Photo via 深圳本地宝

これにより、南山区は広東省でGDPが6,000億元を超えた最初の区になりました。同時に南山区は広東省内でGDPが7年連続1位にランクされています。

大台を超えたのはすごいことですが、実は南山区、2018年のGDP成長率はガクンと落ちて4.5%になっていました。それが2019年は7.6%に達したことは注目に値します。再び上昇して勢いを取り戻しました。

Photo via 深圳本地宝

南山区は深センの観光拠点でもあります。世界之窗、欢乐谷、锦绣中华、海上世界、青青世界、野生动物园、南头古城などの有名な観光スポットがあります。

Photo via 深圳本地宝

そして、益田假日里、海岸城、益田假日广场、京基百纳广场、以及欢乐海岸、海上世界などの大型ショッピングモールも多いですね。

2位:龍崗区

龍崗区は深センでもトップ2の地位を維持し、2019年は4,685億7,800万元。成長率も8.1%と相変わらず絶好調。

Photo via 深圳本地宝

でも龍崗は北の方にあってあまりアクセスも良くないですよね。。。なんでこんなに成長してるの?

地理に詳しい方はお分かりだと思いますが、そうです。龍崗区には、あのHuawei(華為)本社があるのです!それだけでなく工業地帯としても有名なんですね。

Photo via 深圳本地宝

また、龍崗区の観光スポットは、红立方甘坑客家小镇园山风景区大芬油画村求水山公园や、大运中心体育馆などもあり、意外と見どころ満載でたくさんの訪問者が来るエリアなんですよ。

Photo via 深圳本地宝

3位:福田区

福田区の2019年GDPは、4,546億5,000万元。成長率は7.2%。

言わずと知れた深センの中心市街地。市政委員会と政府の所在地でもあり、深センの行政、文化、金融、情報の中心地です。

Photo via 深圳本地宝

また、红树林、园博园、莲花山公园、荔枝公园、梅林公园、笔架山など多くの観光資源もあり、パビリオンも充実。「会展中心」という国際展示会も毎週盛況ですし、博物馆、音乐厅、少年宫、中心书城もあります。

Photo via 深圳本地宝

大型ショッピングセンターは、coco park、连城新天地、中心城、kk one、茂业百货などが有名。2019年にオープンした超巨大モール卓悦中心(One Avenue)もあります。

Photo via 深圳本地宝

そして、みんな大好き華強北も!

4位:宝安区

深セン唯一の国際空港がある宝安の2019年GDPは、3,853億5,800万元。成長率は6.6%。

Photo via 深圳本地宝

宝安区の観光スポットには、西湾红树林、万丰湖湿地公园、簕杜鹃谷、海上田园、凤凰山、凤凰古村、宝安公园などがあり、無形文化遺産も豊富。

Photo via 深圳本地宝

さらに、宝安区は文化的観光プロジェクトを推進しているとのこと。滨海文化公园など海に面している特性を生かしてベイエリアを活気あるものとしていきます。

Photo via 深圳宝安网

ショッピングモールも充実していますね。海雅缤纷城、西乡汇一城、时代城、沙井京基百纳なども人気。

Photo via 深圳本地宝

5位:龍華区

龍華区のGDPは以外にも羅湖区より大きい2,510億7,700万元、ですが…

成長率はワーストの2.5%となっています。輸出入関連があまり良くなかったようです。

Photo via 深圳本地宝

龍華区の観光資源には、深圳北駅の中心公园、白石龙音乐主题公园、观澜版画村山水田园、そして先日ご紹介した世界最大のゴルフコースのある观澜湖大地生态艺术园(Mission Hills)羊台山などがあります。

Photo via 深圳本地宝

ショッピングモールは、壹方天地、九方购物中心、coco city、ico时尚购物、AT MALLなどがあります。

自然が豊かなので、それも大事にしながら開発していって欲しいところ。

6位:羅湖区

2019年のGDPは2,390億2,600万元。成長率は6.8%。

Photo via 深圳本地宝

羅湖は、教育や医療などの公共サービスが充実。伝統産業もあり、成熟している感があります。

羅湖区の観光資源は、地王观光、梧桐山、仙湖植物园、洪湖公园、东湖公园、人民公园など豊富。

Photo via 深圳本地宝

ショッピングモールも多く、深センを観光する旅行者は一度は訪れるところですね。

Photo via 深圳本地宝

地王购物中心、万象城、喜荟城、KK MALL、1234space金光华广场など。そして有名な东门老街もこのエリア。

7位:光明区

光明区の2019年GDPは、1,020億9,200万元です。成長率は8.0%

Photo via 深圳本地宝

光明区は緑が多く、光明小镇欢乐田园、大顶岭绿道、光明农场、红花山公园、鹅颈水生态湿地公园など、家族で遊べる場所もたくさんあります。

Photo via 深圳本地宝

光明区は世界クラスの科学都市として深セン北部の建設を加速中。光明区の大きな弱点は内陸にあるが故にアクセスが悪いという点でしたが、先日お伝えしたように2020年8月に地下鉄6号線が開通予定ですし、栄えていく要素しかありません!

8位:坪山区

坪山区のGDPは760億8,700万元ですが、8.5%の成長率。対外貿易の輸入と輸出が牽引しているようです。

Photo via 深圳本地宝

坪山区は深センの客家の人々が集まる場所で、有名な客家の家である龙田世居などがあります。聚龙山公园坪山中心公园も観光スポットとして有名。

Photo via 深圳本地宝

9位:塩田区

2019年のGDPは656億4,800万元。

塩田区は海に面していて、世界最大級のコンテナ船が入港できる塩田港が有名。コンテナターミナルの街というイメージを持っている方も多いと思われます。保税区もあり自由貿易の物流基地として着実に発展しています。GDP成長率は8.2%!

Photo via 深圳本地宝

GDPの順位は下から数えた方が早い9位ですが、現在は2号線に接続する地下鉄8号線が建設中で、この路線が開通すると羅湖へのアクセスが格段に良くなり街並みもガラッと変わるはず!

Photo via 深圳本地宝

観光スポットも充実。东部华侨城、大梅沙、小梅沙、小梅沙海洋世界、盐田海滨栈道、中英街、鸳鸯谷、烟墩山国际友好公园、海山公园などたくさんありますね。

10位:大鵬新区

2019年のGDPは351億4,400万元。

Photo via 深圳本地宝

大鵬は深センで一番新しい区ですが、GDP成長率は前年比5.5%の増加。

Photo via 深圳本地宝

大鵬新区は観光資源がとても豊富です。大鹏所城、西涌、东涌、较场尾、杨梅坑、七娘山など、あまり聞き慣れない地名が観光スポットとして人気なのです。

Photo via 深圳本地宝

深センの東端に位置しているため中心部からだと車やバスで数時間かかるのですが、行ってみると本当にいいところ!このあたりも徐々にご紹介していきますね!

11位:深汕特别合作区

実は深センのGDPには、上記で挙げた深センの10区の他にもう一つのエリアが含まれています。

その名前は「深汕特别合作区」(Shen-Shan Special Cooperation Zone)。深セン市と汕尾市が協力して2011年に開発を始めました。

広東省汕尾市にあり、深センの「10 + 1」とも呼ばれるこのエリア。2019年のGDPは46億8,000万元ですが、GDP成長率では23.1%という数字を叩き出しています。大規模な建設・開発も進行中で、今後も伸びていくエリアです。

2020年第1四半期の中国GDPは、マイナス6.8%

4月17日に中国国家統計局が発表したデータによると、
2020年第1四半期(1-3月)の中国全体のGDP(概算)は20兆6,504億元で、前年同期比6.8%減とのこと。

Photo via 深圳大件事

もちろん原因は新型コロナウイルスによるものですが、深センも例外なく影響が出ています。
これは仕方ないので、今後どの程度回復していくのか注視していきたいと思います。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事