深セン最大の巨大日本食街「上横町」(Yokocho)再始動!

もう再開しないのかと思っていました…

新型コロナの影響で長らく休業状態となっていた深セン最大の日本食街「yokocho/上横町」が、ついに再始動です。

大連の「小京都」など話題が絶えない中国の日本食街。外観も一新された新しい「上横町」に期待です!

POCKETALK S 中国版発売中!

上横町(Yokocho)とは

上横町は2019年に福田区のUpperHills(深业上城)内にオープンした深セン最大の日本食街。一流の日本食屋が16店舗集結して、寿司、天ぷら、焼肉、鉄板焼、おでん、焼き鳥、居酒屋、鰻や日本酒バーなど、ここに来れば一通りの日本料理が味わえる大人気スポットでした。

しかし中国で新型コロナが猛威を奮い始めた2020年の春節時に、深セン市の飲食店は一斉休業を余儀なくされました。上横町自体も休業が長引き、一時は解体も危惧されていました。一旦長期休業に入ると全店舗の設備やスタッフなど多方面に影響が及ぶだけでなく周りの店舗と再開時期を合わせながら体勢を整えなければなりません。

そしてついに、およそ一年半の休業を経て、上横町は8月28日に正式に業務を再開しました。

外観もリニューアル

入口の外観はこのような形でリニューアルされています。中国人の好きなスタイルに若干寄せてきています。

店舗紹介

Yokocho側からいただいた写真をもとにギャラリー形式でご紹介します。

北の炉端

定評のある炉端焼きのお店

狸穴

狸穴はすき焼き/しゃぶしゃぶと鉄板焼きの2店舗がありましたが、鉄板焼についての言及がないため店舗は一つに統合されている可能性があります。

青柚寅

日本の伝統的な海鮮居酒屋スタイル。

家味

おでん(関東煮)専門店です。深センでは非常に珍しいですね。

 椛(MOMIJI)

大坂焼・鉄板焼レストラン。日本人のイメージする鉄板焼き(お好み焼きに代表される)と海外の鉄板焼き(TEPPANYAKI)は別物ですが、こちらのお店では両方楽しむことができます。

银座凤邸(BIRD LAND)

焼き鳥専門店です。

银座豆寅

鰻専門店。2019年のオープニング時に訪れましたが、非常に美味しかったです。

天婦羅 彰 AKI

天ぷら専門店。このお店も以前に訪れたことがありますが非常に本格的。てんやとは違います(てんやも美味しくて好きですけどね)

澄醉清酒店

日本酒好きにはたまらない酒バー。コロナ前の店名と変わっていますがレイアウトは同じで提供される日本酒も種類は多そう。

六丸炸猪排 とんかつ/牛かつ

トンカツと牛カツ専門店

こちらは新店です。深センで牛カツが食べられるとは!すごく気になります。

上横町茶房〜スパゲティ&ピザ〜

この店も新店です。日本のファミレスのような佇まいですね。

上横町面工房 yokocho noodle studio

こちらも新店。以前に入居していた旭川ラーメン梅光軒と入れ替わりに出店した模様。

アクセス・ロケーション

深业上城小镇L3层S307铺

最寄駅:地下鉄10号線「冬瓜岭」駅

深业上城(UpperHills)の3階になります。

日本の飲食店は現在コロナで大変ですが、中国進出している飲食店は活路を見出せるようになると良いですね。大連の小京都も一旦休業となりましたが人気は高く、日本に自由に行くことのできない現在はこのような日本食街が人々のオアシスとして定着して欲しいものです。


Source:

yokocho上横町日本食街:门店新形象全面升级!遇见全新的上横町,来一次极致的日式体验吧!

yokocho上横町日本食街:吃日料原来没有那么简单!知道了这些,入座后再也不会尴尬了!

yokocho上横町日本食街:唤醒味蕾 | yokocho上横町·日本食街即将盛装回归,快来打卡~

深业上城:yokocho盛宴将启|我们,把东京本京搬过来了

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事