【休業情報】福田区 UpperHillsの日本食街「上横町」(YOKOCHO)は2020年内休業・・・再開時期は?

最近は深セン内で閉店のニュースを立て続けにお伝えしていましたが、今回もまた悲しいお知らせです。。

福田区UpperHills(深业上城)の巨大日本食街「上横町」(YOKOCHO)は、2020年の春節後から現在まで閉鎖が続いていますが、担当者の話によると少なくとも年内は休業するとのことです。

このままシャットダウンされないことを切に願います。。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

2019年7月にグランドオープン

16店舗もの有名日本料理店が集まる上横町は、3週間のテストオープン期間を経て2019年7月にグランドオープンしました。

オープニングイベントはとても盛大で、たくさんの関係者が訪れました。

深センの日本食街といえば「恵比寿横丁」も有名でしたが、ちょうど上横町と入れ替わりで閉店してしまいました。。。

残るは羅湖や南山駅付近に点在するお店を集めると日本食街と言えなくはないですが、一つの建物に何店舗も集める形態は相乗効果を生みますね。

何を食べるか決めていなくても、とりあえずそこに行こう。行ってから決めよう!となりますし。

2020年2月(春節)以降休業中

その「上横町」。2020年の春節後から休業が続いているため、動向が気になっている方はたくさんおられることと思います。

上横町担当者によると、少なくとも年内休業が決定しています。ではいつ再開なのでしょうか?

営業再開時期は未定・・・再開条件は?

現時点(2020年5月)で確定しているのは年内休業の一点だけで、再開時期に関する情報はまだ何も決まっていないため、公式アナウンスも出すことができていないとのことですが

担当者の話によると、以下の状況を見極めて営業再開を見極めるのだそうです。

1.地下鉄10号線の開通

地下鉄10号線開通はUpperHillsにとっても大きな変化。これにより「冬瓜岭」(Donggualing)駅が新設されますが、この駅はUpperHillsに直結します。

UpperHillsはお洒落な空間内にMUJI HOTELやSony Storeを始め有名ブランド店がたくさん出店しているため知名度は抜群ですが、駅から遠いのが唯一の弱点。

そのため、UpperHillsオープン直後はなかなか集客に苦労していました。テナント側はテンセントストアなど話題になる店舗を次々と入れながら若者達のインスタ映えスポットを作り出し、上横町もその一端を担っていました。

現在深センではコロナ収束ムードが漂い、UpperHillsにも人々が戻りはじめているようです。

地下鉄10号線は2020年8月開通の予定ですが、これによってUpperHillsが勢いを取り戻すことが大いに期待されています。

2.設備・環境が整うまで

そして、春節以降凍結されてしまった様々な設備やスタッフの体制を整えること。なのですが…

新型コロナウイルスの影響は日本の飲食店にも多大な打撃を与えているため、上横町に出店している全ての店舗が以前と同じように営業再開できるかは微妙なところ。

外国人向けの飲食店は(外国人の入国規制が続くうちは)どこも厳しい状態ですし、スタッフも現地に行けません。これを機に海外出店を見直す店舗が出てきても不思議ではありません。

でも再開を待ち望む声は多数!

深センには現地在住の日本人だけでなくたくさんのお洒落な若者がおり、彼らの大半はお洒落な日本料理が大好きです。

ここで(皆さんが行きたくなるように)上横町のお店をピックアップ!

5/60 Sake Bar

日本酒を多数取り揃えているこのバーは開放的で、まずはここで(or 他の店舗で食事した後)一杯飲むお客さんもちらほら。

 銀座 鰻 豆寅(まめとら)

狸穴 鉄板焼き TEPPANYAKI

東京イタリアン Sala Amabile 意居 Tokyo Italian

北の炉端

この肉がとても美味しかった…

旭川ラーメン 梅光軒

私が最後に上横町を訪ねたのは2020年1月18日。旭川ラーメンを食べた時でした。

梅光軒は深セン以外にも、香港・タイ・ベトナム・シンガポール・ホノルルなど世界各地に展開し、北海道のミシュランガイドにも掲載された有名店。


オフィスも入居しているUpperHillsはお客さんの接待やミーティングに利用するビジネスマンも多数おられますし、やはりなくてはならないエリアです!ぜひ復活を!!

お願いします!!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事