深セン市は前海の開発スペースを8倍に拡張

9月6日夜、中国共産党中央委員会と国務院は「前海・深圳・香港現代サービス産業協力区の改革開放を全面的に深化させるためのプログラム」を発表しました。

この計画は、4つの主要分野において今後15年間の香港の経済社会の発展を支援し、広東省、香港、マカオの協力関係を強化し、大湾区の建設を促進する目的があります。これにより、前海合作区の開発スペースは「8倍」に拡張されることになりました。

2025年、2035年の開発目標の決定

当プログラムは《全面深化前海深港现代服务业合作区改革开放方案》と呼ばれており、2010年に国務院により承認された前海・深圳・香港現代サービス産業協力区の計画をより深化させるもの。

8月下旬に発表された公式データによると、前海合作区には合計11,500社の香港投資企業が登録されており、登録資本金は1兆2,800億元に達しています。

今回、2025年および2035年までの開発目標が掲げられました。

2025年までに、より高いレベルの開放経済の新システムが構築され、国際的に競争力のあるビジネス環境が形成され、現代サービス業を繁栄。

2035年までに、ハイレベルな対外開放のシステムとメカニズムがより完全なものとなり、ビジネス環境は世界水準に達し、香港・マカオとの産業の相乗的な連携、相互接続された市場、イノベーション主導の支援による発展モデルが確立され、改革とイノベーションの経験を広く普及させる。

Image via 深圳卫视深视新闻

前海合作区は「特区の特区」として、深センや中国全土が活用することのできる複製可能な経験を形成するという大きな使命を担っているのだそう。先端モデルになろうとしています。

前海合作区の開発スペースは「8倍」に拡張

本計画は、前海合作区の開発スペースをさらに拡大するものとなります。

新しい前海合作区は以下の通り、

南側に隣接する蛇口・南山片区(東は后海大道、近海路、爱榕路、招商路、水湾路,南は深圳湾,西は月亮湾大道、珠江口,北は东滨路,中国(広東省)自由貿易試験区の蛇口ブロックを含む)の22.89平方キロメートル

北側に隣接する会展新城・海洋新城片区(東は松福大道,南は福永河,西は海岸线,北は东宝河、沙井北环路)の29.36平方キロメートル

空港及びその周辺(東は宝安大道、南は金湾大道、宝源路、碧湾路,西は海岸线,北は福永河、松福大道、福洲大道)の30.07平方キロメートル

宝安中心区及び大铲湾片区(東は宝安大道、南は双界河,西は海岸线,北は金湾大道、宝源路、碧湾路,另包括大小铲岛、孖洲岛)の23.32平方キロメートル

拡張前の前海合作区(地図のオレンジ色にあたる部分)の総面積は14.92平方キロメートルでしたが、拡張後は約8倍の120.56平方キロメートルに拡大しています。

Image via 深圳卫视深视新闻

エリア拡大後の前海合作区は、国際空港、2つの鉄道駅、7つの港湾ターミナル、5つの外洋に開かれた港、1つの跨境通道、7つの鉄道路線、4つの高速道路、1つの越境チャネルがあり、 グレーターベイエリアのコアエンジンとして十分な条件を備えることになりました。

改革と革新を深めるための包括的なプラットフォームの構築

ここでは、4つの重点的な取り組みが挙げられています。

現代サービス業の革新的発展の促進

本計画では、香港・マカオと世界を結ぶ近代的なサービス産業を発展させるための制度的メカニズムの確立と改善を提案しています。

  • 現代サービス業の標準システムを構築・改善し、標準化の試験的実証を行う。
  • 国際貿易のポートフォリオを構築するために連携する。
  • 実体経済に貢献することを目的とした金融産業を育成する。
  • グリーンでスマートなサプライチェーンの構築など、一連の取り組みを加速する。
  • 深圳前海湾保税港区を包括的な保税区に統合・最適化することを基礎に、市場ベースの要素配分の改革を深め、要素の独立した秩序ある流れを促進し、オフショア貿易の発展を規制する。
  • 国際的な船舶登録とそれを支えるシステムの改革を探り、研究する。
  • 現代のサービス業と製造業の一体的な発展を促進し、「インターネット+」や人工知能などのサービス業の新技術、新ビジネスモデル、新モードの開発を加速させる。

科学技術発展の制度的メカニズムの改革とイノベーションの加速

  • 広東省、香港、マカオと連携した新しい研究開発機関を積極的に展開する。
  • 科学技術協力の管理システムを革新し、科学技術の成果の技術標準化を促進する。
  • 国際的な海洋イノベーション機関を集め、海洋科学技術を強力に発展させ、現代的な海洋サービス産業クラスターの構築を加速させ、ハイエンドの海洋インテリジェント機器、海洋エンジニアリング機器などを中心とした海洋科学技術イノベーションハイランド(海洋科技创新高地)を構築する。
  • 知的財産権の創造、保護、活用のためのエコシステムを構築し、国家的な著作権の革新と発展の拠点を構築する。

国際的に一流のビジネス環境を構築

  • 前海合作区の投資家保護に関する規制の検討・策定、外資・私営企業の権益保護の仕組みの改善、審議・調整機関としての公正競争委員会の設置の検討、公正競争審査・第三者評価の実施などを行う。
  • グローバル人材の誘致と管理のために、よりオープンなシステムを導入し、外国人人材のビザや永住許可証の申請を容易にする。

合作区のガバナンスモデルの革新

  • 政府の地域統治機能の一部を法定機関が担うという制度的メカニズムの革新を促進し、法定機関のコーポレート・ガバナンス構造、機能設定、管理形態を最適化する。
  • 前海合作区で働く香港人、マカオ人、外国人が前海の地域統治に参加する方法を検討し、資格のある香港人、マカオ人、外国人が前海合作区の法定機関の役職に就くことを可能にする方法を検討する。
  • 管理・運営の改革を深め、適格な市場主体が公的な管理・サービス機能を引き受ける可能性を探る。
  • 企業が社会的責任を果たし、デジタル経済の発展に適応することを促進し、オンラインプラットフォームやシェアリングエコノミーなどの分野で、政府と企業が共同で行うガバナンスモデルを模索する。
Image via 深圳卫视深视新闻

外に開かれたハイレベルなゲートウェイ・ハブの構築

本計画では、外界への開放という点で一連の支援政策を提案しています。主に4つの主要分野をカバーしています。

香港・マカオとのサービス貿易自由化の深化

  • CEPA(Mainland and Hong Kong Closer Economic Partnership Arrangement)の枠組みの中で、香港・マカオとのサービス自由化の拡大を支援する。
  • サービス業の専門的な資格取得の分野で前海合作区を支援し、サービス基準など香港・マカオとのルールの整合性を深めていく。
  • 香港、マカオおよび国際的に有名な大学を前海合作区に導入し、学校運営や香港・マカオの若者の教育・訓練拠点の構築においてハイレベルな協力を行う。
  • 香港・マカオの医療機関の集積・発展を支援し、オープンで利便性の高い管理システムを構築する。
  • 香港・マカオから船の出入り、活動の監督、人や物の通関などの自由化措置のドッキングを推進。

金融分野の対外開放の拡大

  • 金融セクターの対外開放のための全国パイロット・デモンストレーション窓口とクロスボーダー人民元ビジネス・イノベーションのための試験区機能を強化する。
  • グリーン・ファイナンスにおける広東省、香港、マカオの協力を深め、グリーン・ファイナンスの統一基準の確立を模索し、中国本土の企業が香港・マカオ市場を利用してグリーン・プロジェクトに資金を提供するためのサービスを提供する。
  • 特に本計画では、香港証券取引所の前海共同証券取引所が、法律やコンプライアンスに則ってバルク商品のスポット取引を行うことを支援することが言及されている。

法律関係の対外開放レベルの向上

  • 国際的なリーガルサービスセンターと国際的な商業紛争解決センターの建設を支援し、異なる法制度と国境を越えた法的ルールの収束を模索する。
  • 香港の法律を適用し、前海合作区の民事・商事事件の仲裁地として香港を選ぶためのメカニズムを改善する。 前海合作区の法律事務所と香港・マカオの法律事務所との間のパートナーシップ・ジョイントベンチャーの仕組みの改革を深める。
  • 国境を越えた商業投資を行う企業や個人の合法的な権利と利益を守るために、前海法院が外国関連の商業事件の範囲拡大を検討することを支持し、香港の法律専門家が前海法院に出頭して法的確認の支援を行うことを支持する。

国際協力へのハイレベルな参加

このスキームでは、国際港湾や自由貿易地域との協力関係を強化し、国境を越えた貿易データプラットフォームを構築することを提案しています。

  • 前海合作区における国際的な経済、科学技術、標準、人材等の組織を市場志向で設立することを支援し、国際的な産業と標準の組織の管理システムを革新する。
  • 深圳空港での自動車輸入ポートの建設を支援する。 深圳国際会展中心を拠点に、会展中心と科学技術、産業、観光、消費の統合的な発展を促進し、一連の国際的な一流の会展中心ブランドを構築し、メイン会場での外交活動を積極的に行ってゆく。

香港の企業家、オフィスワーカーたちに好評

Shenzhen Daily誌によると、当計画は香港の企業家やオフィスワーカーたちに特に好評のようです。

香港の起業家サービスプロバイダーの王氏は、才能、技術、資本の自由な流れの最後の障壁が破られ、香港とマカオの若者に大きなチャンスがもたらされることを期待して興奮していると述べ「インキュベーションプラットフォームやベンチャーキャピタル企業が、より多く前海に進出することを奨励しており、香港・マカオの人々のために、より多くの起業の場を設けることを後押ししています」と語っています。

前海に拠点を置くAIアルゴリズムに特化した企業であるBM TeKのLo Yuen-lai氏は、「これにより、特に技術サポートのスキルを持つ人たちが集まってくるでしょう。計画では近代的なサービス業と先進的な製造業の統合が言及されているため、充電パイル(充電ステーション)、サービスロボット、駐車場管理システムなどの新製品がより広く適用されるでしょう」と述べました。

9月6日には香港行政府長官キャリー・ラム氏も深センを訪問

当計画の発表された9月6日には、香港行政府長官キャリー・ラム氏も香港政府代表団を率いて深センを訪問しました。

「この計画の開始は、香港と深圳のより高いレベルの協力関係を促進し、広東・香港・マカオの大湾区地域における2つの場所の「双子のエンジン」を発揮させることに資するものである」と述べています。

深セン空港は国内でも数少ない自動車(完成車)の輸入空港となり、人民元のクロスボーダー利用も進むといった大きな変化も記載された今回の計画。東莞、中山、珠海など近隣都市との連携も密になりそうです。

前海合作区はこの拡張により、航空ハブ、海港ハブ、展示会ビジネス、近代的サービスなど、国際的なベイエリアとしての中核的な開発要素を持つことになりました。 また、国際的な沿岸の未来型新都市を創造してゆく意欲も見せています。周辺の地価はさらに上がりそうですね。


Source:

深圳卫视深视新闻:划重点!中央明确前海“扩区”,最新方案发布!

EyeShenzhen:China issues plan for further developing SZ-HK cooperation zone

深圳卫视深视新闻:重大利好!前海,不仅仅是“扩区”……

ShenzhenDaily:Qianhai plan illustrates a better future for HKers

i深圳:深港高层会晤暨深港合作会议在深举行,林郑月娥访深看点多多

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事