【深セン北駅】日本設計がコンペ1位!新都市計画設計案詳細情報

先日、深圳北駅地区都市計画新デザイン案のコンペティションが行われ、日本設計が見事第一位を獲得した、と報道されました。

複数の地下鉄・高速鉄道路線が入り混じり、中国南部最大の交通ハブである深圳北駅。将来は大湾区の玄関口ともなるため計画には様々な要素を考慮しなければなりませんが、どのようなデザインが採用されたのでしょうか?コンペに提出された具体案をご紹介します。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

開発エリア

対象となるエリアは深圳北駅の周辺。深圳北駅は2011年末に正式オープンしました。

Image via 深圳龙华融媒发布

竜華区のランドマークであり、中国南部で最大の面積を持つ交通ハブと言われている深圳北駅。

深圳北駅は、現状地下鉄5号線と4・6号線が交差する

現在は地下鉄4、5、6号線、香港と広州をつなぐ高速鉄道「広深港高速鉄道」、厦門と深圳をつなぐ高速鉄道「厦深铁路」の停車駅として利用されていますが、将来は地下鉄22、27号線、そして高速鉄道「深惠城际线」の停車駅にもなります。

コンペティション経緯

2020年3月に、深圳北站枢纽地区城市设计国际咨询(深セン北駅地区都市デザイン国際協議)の主催者は当コンペティションの告知を行い、ヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋およびその他の地域と国の合計81の参加機関から登録を受け取りました。

2020年6月、最終的に6つの候補機関が最終的に選ばれました。レビューした専門家は、中国工程院学者、華南理工大学建築学院院長などの9人。

コンペティション上位3チーム

1位:株式会社日本设计+日本太平洋咨询设计株式会社+深圳市华汇设计有限公司

2位:Henning Larsen Architects A/S+Ramboll Singapore PTE Ltd.(安博集团)+戴水道景观设计咨询(北京)有限公司

3位:艾奕康设计与咨询(深圳)有限公司+肃木丁建筑设计咨询(深圳)有限公司+华东建筑设计研究院有限公司

一位 日本設計の深圳北駅設計案

深圳龙华融媒发布の記事内に各チームのPVが公開されていますが、日本チームの詳細デザインを見てみましょう。

上空からの全体図

Image via 深圳龙华融媒发布

CROSS GATE x DOUBLE TERMINAL

真ん中の円が中心となります。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布

TERMINAL x DOUBLE

Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布

CROSS x GATE

Screenshot via 深圳龙华融媒发布

4・6号線と並行するエリア「中央服務軸」には「城市緑谷」と呼ばれるラインがあり、いくつもの緑地帯・公園を設置。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布

地下鉄22、27号線、「深惠城际线」などの交差地点からの連携を強化。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布

通勤・乗換のための駅でなく、休息・買い物といった生活のハブになることを目指している模様。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布

複数の地下鉄・高速鉄道路線といった多次元転送を処理する深圳北駅。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布

都市公園を作り、駅・都市・自然を調和よく統合した設計です。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布

機能的にも大湾区の玄関口としてふさわしいデザインになりそうです。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布
Screenshot via 深圳龙华融媒发布

実現に向けて

他の2チームのPVを見ると、2位も3位も自然との共生に重きが置かれた設計となっているようでした。

ただ周辺交通機関との関係性についてはいずれもあまり強調されていなかったため、軍配の上がった1位の設計はそのあたりのバランスが取れていたのが要因だったのかもしれません。

Screenshot via 深圳龙华融媒发布

今後は実現に向け、7ヶ月かけて設計計画の最終決定を行います。

コンセプト画像は大抵どれもかっこいいですが、問題はその通り実現するかどうか…

ここで妥協せず日本の底力を見せて欲しいですね。楽しみにしています!


Source:

深圳商报:先睹为快!深圳北站打造湾区超级枢纽中心方案惊艳亮相

深圳龙华融媒发布:揭晓!深圳北站片区未来啥样?湾区超级枢纽中心全新启幕

深圳世联行:城市影像 |超级枢纽再迎新变化 深圳北站再添新地标

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事