【2019年版】<深セン → 香港市街 安全ルート>直通バスチケット購入・乗車方法は?

今回は、深センから香港市街に向かう上で特に安全性の高いルートである、直通バスを使う方法をご紹介します。

昨今の香港デモの関係で、深センを始め内陸部から香港への渡航をためらう方も多いですが、仕事・出張などで香港の各地域に行かなければならない場合、リスクの低い方法の一つとして参考になれば幸いです。(※路線バスではなく、直通バスです)

香港市街に行くための、一番低リスクなルートは?

香港各地でデモが行われている現在、目的地に行くための一番リスクが低い方法は、

  • 途中乗り換えの少ないルートを選ぶこと
  • デモ・集会・ストライキなどが計画されている時間帯・場所の周辺ルートを避けること

これに尽きるのではないかと思います。
道路封鎖や渋滞に巻き込まれる場合もあるので確実に安全な方法はありませんが、Twitterなど最新情報をチェックしながらリスク回避の行動を取ることをお勧めします。

世界之窗/深圳湾口岸/皇岗口岸)直通バス → 香港市街

直通バス ルートマップ

直通バスのルートマップを作成しました。

(各目的地は大体の位置なので、目安として見ていただければ幸いです)

画像クリックで拡大

バスの種類

代表的なバスをご紹介します。
(これ以外にも存在します。そして必ずしもこの形・色とは限りませんので、目安にしてください)

同じ目的地でも、時間帯によってバス会社が変わることもあります。購入したチケットに書かれてあるバス会社をチェックしてください。

W 環島中港通

跨境全日通

 

E&E 永東集合

 

CTS 香港中旅

 

メリット/デメリット

直通バスは、観光バスのような形で必ず座ることができ、シートを倒して寝ることもできるのでお勧めです。

メリット:

  • ほぼ現地直通のため時間のロスがあまりない。乗り換えの負担が大幅に減る。
  • 座れる。寝ることもできる。
  • 本数が多い。
  • 値段も(そこそこ)安い。(香港中心部なら、45−60元くらい)
  • 中国元での支払いのため、香港ドルを使う必要がない。
    (皇岗口岸では、香港ドル[オクトパスカード]の支払いの方が安い)

デメリット:

  • バスが苦手な人は乗れない。(とはいえ、路線バスほどは揺れない)
  • 窓口のスタッフは中国語のみ。英語はほぼ通じない。(でもQRコード見せるだけでなんとかなる)
  • (深圳湾口岸)WeChat Pay での支払いができないと時間がかかる。
    (皇岗口岸)チケット売り場によって値段が変動する。

値段表/運行時刻

値段/運行時刻の大まかなデータは以下の通りです。
(変動する可能性がありますので、あくまで参考情報としてお使いください)

世界之窗

※ 世界之窗からの運行は大抵30分に一度のスケジュールです。そして時間通りに車が来ないこともあるので時間に余裕を持って利用されるのをお勧めします。

世界之窗 → 旺角(7:30-19:00) 60 RMB
世界之窗 → 灣仔(7:00-19:00) 60 RMB
世界之窗中環(7:00) 60 RMB
世界之窗 → 上環(7:00-19:00) 60 RMB
世界之窗銅鑼灣(7:00) 60 RMB
世界之窗 → 荃灣 (7:30-19:00) 60 RMB
世界之窗 → 屯門 (7:30-19:00) 60 RMB
世界之窗ディズニーランド(7:30-12:00) 150 RMB
世界之窗香港国際空港(7:00-19:00) 150 RMB

未確認ですが、ディズニーランドと香港国際空港行きの便は、スカイリモの可能性があります。
(世界之窗 → 深圳湾口岸までは他の目的地に行かれる方と同様に乗り合わせて、深圳湾口岸からスカイリモに乗り換えるのかもしれません。確認次第アップデートします

深圳湾口岸

深圳湾口岸 → 旺角(8:10-20:30) 45 RMB
深圳湾口岸 → 太子(9:15-22:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 觀塘(7:45-21:15) 50 RMB
深圳湾口岸 → 葵芳(7:30-21:30) 45 RMB
深圳湾口岸 → 佐敦(8:00-22:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 油塘(9:00-20:30) 50 RMB
深圳湾口岸 → 尖沙咀(8:00-22:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 油麻地(7:30-21:30) 45 RMB
深圳湾口岸 → 鑽石山(7:45-21:15) 50 RMB
深圳湾口岸 → 黃大仙(9:00-21:00) 50 RMB
深圳湾口岸 → 牛頭角(7:45-21:15) 50 RMB
深圳湾口岸 → 將軍澳(9:30-20:30) 50 RMB
深圳湾口岸 → 九龍灣(9:00-21:00) 50 RMB
深圳湾口岸 → 九龍塘(9:30-18:30) 45 RMB
深圳湾口岸 → 灣仔(7:15-22:15) 55 RMB
深圳湾口岸 → 中環(7:15-22:15) 55 RMB
深圳湾口岸 → 上環(7:15-22:15) 55 RMB
深圳湾口岸 → 北角(8:50-19:50) 50 RMB
深圳湾口岸 → 銅鑼灣(7:15-22:15) 55 RMB
深圳湾口岸 → 海洋公園(9:00-12:30) 90 RMB
深圳湾口岸 → 荃灣(8:10-20:30) 45 RMB
深圳湾口岸 → 屯門(8:00-21:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 元朗(8:50-19:50) 35 RMB
深圳湾口岸 → 沙田(8:30-21:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 大圍(8:30-21:00) 45 RMB
深圳湾口岸 → 東涌(9:30-14:30) 90 RMB
深圳湾口岸 → ディズニーランド(9:30-12:30) 90 RMB

口岸(深セン側で購入(RMB))

口岸 → 旺角(24時間) 45 RMB
岗口岸 → 灣仔(24時間) 50 RMB
岗口岸 → ディズニーランド(8:30-12:00) 80 RMB

(後述する、WeChat(微信)からのチケット購入を行なった場合です。深セン側の口岸には他にもバスチケットの売り場があり、目的地を伝えると直に中国元で払える窓口もありますが、総じて割高です)

口岸(香港側で購入(HKD))

口岸 → 觀塘(24時間) 44-52 HKD
皇岗口岸 → 旺角(24時間) 41-45 HKD
皇岗口岸 → 灣仔(24時間) 50-57 HKD
皇岗口岸 → 荃灣(24時間) 39-44 HKD
皇岗口岸 → 尖沙咀(24時間) 37-45 HKD
皇岗口岸 → 油麻地(24時間) 37-45 HKD

日中/夜間、オクトパスカード/現金 で料金が変わります。

岗口岸 → ディズニーランドのバスチケットもここで買えるようですが、これだけはなぜか中国元(80 RMB)での支払いです

チケット購入方法

WeChat(微信)からのチケット購入が断然楽です。
皇岗口岸は目的地によってオクトパスカードでの購入の方が良い場合があります。

WeChat(微信)で購入する場合は、以下のQRコードをスキャン、もしくは微信で「深港通跨境」と検索してください。
(他にもいくつかのアプリで購入可能です)

画面が開いたら、左下の购票を選択

すると以下の画面が出るので、赤枠の「豪华大巴」を選択

片道/往復の選択後(右上)、「发城市」をタップしてください。

今回は、世界之窗→灣仔までのバスチケットを購入してみます。

出発地点・到着地点・日付等の情報を設定すると、以下の確認画面が出るので
情報に間違いがないか確認後、「
认购买」をタップしてください。

支払い確認画面に遷移するので、「去支付」をタップ。

ボタンを押すと、支払い確定となります。

支払いが終わると、以下のQRコード/バーコードが表示されます。
(目的地・バス会社によって表示内容が若干変わります)

このQRコード/バーコード画面をチケット引き換え場所で係員に提示してください。

チケット引き換え場所/バス乗り場

 

世界之窗から乗車する場合

チケット引き換え場所/バス乗り場は以下の赤丸の場所です。

「世界之窗」駅 H/H1出口からすぐのところに位置しています。

赤いパラソルが目印です。

このパラソルの下にスタッフが待機しています。

特に平日昼間は利用者が少ないため、ヒマそうに座っています。

スタッフに先ほどのQRコード画面を見せると、チケットを発行してくれます。

世界之窗からの運行は大体30分おきです。
そして、来るのはバスではなくワゴン車!

「世界之窗」テーマパークを横目に、出発

車内は意外と快適です。

この車は、ダブルナンバー(中国大陸と香港両方走れる)なのですが、

世界之窗から深圳湾口岸までしか行かず、深圳湾口岸のスカイリモやバスが停留している場所でいったん降ろされてしまいます。

深圳湾口岸の入り口で降ろされる

運転手からは「香港側に出て右手に行き、39番のバス停に行くように」と言われます。

続きは「深圳湾口岸のバス乗り場」からご覧ください↓

深圳湾口岸から乗車する場合

深圳湾口岸でチケットを発行する場合は、まず写真の赤枠のところに行きます。

一番右の窓口です。

スマホの画面を窓口で提示すると、バーコードを読み取ってチケットが発行されます。

深圳湾口岸のバス乗り場

深圳ー香港側両方で出入境手続きを済ませた後、バス乗り場に向かいます。
香港側の出口を出て右に向かうと、柱に番号が書かれ、ずらっとバスが並んでいるこのような景色が見えます。

深圳湾口岸のバスチケット売り場に書かれてあるバス乗車位置はこのような感じ。
(番号と行き先が必ずしも正しいとは限らないので、あくまで目安として見てください)

時間帯によっては人の多さとバスの多さに混乱するかもしれませんが、
各乗り場にはバス会社名と行き先が書かれてあるので、一致する乗り場を探します。

各乗り場にいるスタッフにチケットを見せれば一発で分かります。

 

皇岗口岸から乗車する場合

チケット売り場は、口岸の入り口にあります。

右側の赤い矢印の店になります。

「蜜途综合服务中心」の店でチケットを発行してもらえます。

スタッフにスマホの画面を提示してください。

※皇岗口岸はオクトパス支払いがお得

しかし、前述の価格表を見ても分かるように、皇岗口岸から香港市内の直通バスは
イミグレを通過した後にある香港側のチケット売り場で買う方がお得で本数もあります。

売り場は、香港側のイミグレを出た後、右に進みます。

ここで、チケットが売られています。

オクトパスでの購入ならカードリーダーにかざすだけで簡単です。
そしてすぐにバスに乗り込みます。

※皇岗口岸では、チケットを無くさないように!

皇岗口岸では、中国側と香港側のイミグレーションの位置が離れているため、一度バスから降りる必要があります。

香港側のイミグレーションを抜けた後に再度バスに乗り込みますが、この時にチケットの半券を提示しなければならないので、チケットは必ず無くさないようにしてください。

この乗り換えが少しめんどくさいところ。

このあたりの情報は、カブレブログさんのページが分かりやすいです。

超快適なバスに当たることも!

個人的にはこの直通バス、かなり活用しています。
そして、バスによってはかなり快適だったりします。

例えばこのバスは「W 環島中港通」の種類の一つですが、シートが厚くてかなりの角度までリクライニングできちゃいます。

そして路線バスと違って運転が荒くない(←けっこう重要)!

香港の電車(MTR)は人が多くて大抵座れないので、MTRと路線バスの組み合わせだと(値段は安いですが)階段の上り下り等体力を消耗しますよね。そういったトータルコストを考えると、この直通バスはお勧めです!

そして、2019年8月現在はまだ深圳湾口岸に地下鉄が開通していないため、深セン側でも結局タクシーやバス等で乗り継がなければならないことを考えると、世界之窗からの直通バスはかなり良い方法です。

ぜひ参考になさってください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事