Design Week Face to Face Eyecatch

2019年 深圳デザインウィーク(SHENZHEN DESIGN WEEK)は、これまでもご紹介してきた通り世界各国のアーティスト/デザイナーとコラボレーションを行なったり、海外の作品を紹介する展示も数多くなされています。

今回ピックアップしたのは、芸術の都フランスからの展示です!
展示名は「Face to Face: Between Art and Design, Between France and China /相视:艺术与设计之间 法国与中国之间」
開幕日にトークイベントがありました。アート×デザイン×テクノロジー×深セン…これらが密接に融合してきているのがうかがえます。
展示は4/30までです!

話題の新刊!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。

敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

展示場(深圳当代艺术馆与城市规划展览馆 3階

場所は、深圳当代艺术馆与城市规划展览馆の三階になります。前回ご紹介した深圳デザインウィークのもうひとつの展示「设计引擎 DESIGN ENGINE」は一階に位置していますが、
当展示は入り口からエスカレーターで3階に上がったすぐそばになります。

Design Week DESIGN ENGINE 深圳当代艺术馆与城市规划展览馆

入り口から入って右側にあります。

入って右側を進んでいくと

Design Week Face to Face France to China

ここが入り口となります。

Design Week Face to Face France to China

ちなみに、ここ深圳当代艺术馆与城市规划展览馆では、他にも「大潮起珠江一广东改革开放40周年展览」が4階と5階で行われていて、こちらの展示を見に来る方も多いです。お時間がありましたらどうぞ!

コンセプト

フランスの15のデザイン事務所から、20名のフランス人デザイナーと8人のマルチメディアアーティストによる作品をピックアップしたとのこと。

今年のテーマ可持续的设计(DESIGN FOR SUSTAINABILITY) 」"持続可能なデザイン" は
伝統的だけど絶え間なく革新を追求するフランスのデザインと、展示作品の多くがリサイクル可能な素材でできているという点で合致しているのだそうです。

Design Week Face to Face France to China

「深圳设计周SZDW」より

キュレーターは、フランスで20年以上活躍している深セン出身の高枫枫博士

Design Week Face to Face France to China

高枫枫博士「深圳设计周SZDW」より

高枫枫博士いわく、深圳の印象は革新、若さ、活力であり、フランスが代表する芸術的精神と一致しているそうです。

作品の中には、3Dプリンタで作られた花瓶などテクノロジーを駆使したものも多数あります。

Design Week Face to Face France to China

3Dプリンタ製花瓶「深圳设计周SZDW」より

デザインとアートの境界は、お互いが技術に依存するようになるにつれてもっと絡み合ってきているとのこと。

そして、今回参加したデザイナーのほとんどは深センに来たことがなく(というか中国にもアジアにも来たことがないそう)、平安タワーや様々な建築物などを観察してとても興奮したそう。

Design Week Face to Face France to China

「深圳设计周SZDW」より

彼らは、フランスの現代美術と深センの高い技術をどう結びつけることができるのかを考慮しているそうです。
例えば、今回とても美しいランプが多数展示されていますが、いくつかの作品はフランスで生産すると非常にコストがかかり高価なものになるとのこと。でもそれを深センで製造すればコストを抑え、作品の数も増やすことができます。

Design Week Face to Face France to China

フランスのデザイナーたち「深圳设计周SZDW」より

この展示を機に、フランスのアイデアをもっと深センに持ち込みたい、そしてもっと広範囲に協力していきたいと考えるようになったそうです。
フランスの現代美術と深センの高い技術力の融合…今後が楽しみですね。

展示内容

会場内はたくさんの展示がされています(一部分だけご紹介します)

Design Week Face to Face France to China入り口。フランス語かっこいいですねー(ミーハー)

 

たくさんの作品が飾られています。

Design Week Face to Face France to China

Design Week Face to Face France to China

非常に中国っぽい作品

Design Week Face to Face France to China

Design Week Face to Face France to China

一つでも家に置いておくと映える作品ばかり。

Design Week Face to Face France to China

 

Design Week Face to Face France to China

他の部屋には映像作品もあります。

Design Week Face to Face France to China


感覚的には、フランスのデザイナーが、中国の伝統や文化を表現した作品が多く見受けられました。

日本でも中国でもおしゃれなプロダクトを集めて展示・販売しているセレクトショップをよく見かけますが、それに近い展示の仕方で非常に見やすいですね。
キュレーターが厳選しただけあってデザインの質がとても高く洗練されているので、アート・デザインに携わっている方にとってはすごくいい刺激になると思います!

アクセス・ロケーション

場所:深圳当代艺术馆与城市规划展览馆<"深圳两馆"とも呼ばれます>
   ※入館にあたり、パスポートの提示が求められます。また液体を持ち込むことはできず、大きな荷物はロッカーに預けるように指示されます。

開催期間:2019年4月19日ー4月30日 10:00-18:00

最寄駅:(地铁3号线/4号线)「少年宫」駅 A2出口 徒歩約5分
              (地铁2号线)   「市民中心」駅 A出口 徒歩約5分

Design Week DESIGN ENGINE 深圳当代艺术馆与城市规划展览馆

深圳当代艺术馆与城市规划展览馆。正面階段の左側から入ります

 

(本当はもっと前もってご紹介したかったのですが、ギリギリの紹介になってしまいました。申し訳ありません…)
最終日は混雑が予想されますので、お気をつけてお越しください!


参考資料:
深度专访2019深圳设计周主题展策展人高枫枫: 法式创意魅力与深圳“设计之都”精神不谋而合
主题展论坛 法国设计师们聊起了巴黎圣母院

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事