中国で大きな話題となっているシェアサイクルの代表的なサービス「Mobike」(摩拝単車) のユーザー登録方法を紹介します。
※ WeChat(微信)もしくは Alipay(アリペイ/支付宝)で決済ができること。また、インターネット接続ができることを前提としています。

 1.アプリをダウンロードする。

(Huaweiの公式アプリサイトです)

「mobike」で検索すると、ofo、bluegogo(小蓝)、小鸣(シャオミン)も出てきました。

2.アプリを起動する(初回)

Mobike起動画面

起動画面

 

Mobike電話番号登録画面

電話番号登録画面

 

アプリを起動すると、すぐに電話番号の登録が始まります。

・携帯番号を入力してください。←ここに電話番号を入力。
・コードを送信する←ここをクリック
・認証コードがSNSで届きます。
・PINを入力してください←ここに届いた認証コードを入力
・開始←ここをクリック

 

Mobike登録を途中でやめた場合の起動後の画面

登録を途中でやめた場合の起動後の画面

Wechat、QQでサインインしても、そのアカウントがモバイクに登録されていないアカウントの場合は、上記の電話番号登録をする必要があります。

3.デポジットを払う。

Mobikeデポジット支払い画面

デポジット支払い画面

デポジットを299元支払うと30日間無料のマンスリーパス(20元相当)が付いてくる(2017.8.27)。
・続けるをクリック

 


・支払うをクリック
ここで「詳細」をクリックすると、アリペイ(支付宝)も選択できる。

 

WeChatモバイクデポジット支払い画面

WeChatデポジット支払い画面

・Wechat 「今すぐ支払う」をクリックして支払いを完了させる。

 

アリペイモバイクデポジット支払い画面

アリペイデポジット支払い画面

・アリペイ 「Pay now」をクリックして支払いを完了させる。
※このデポジットはいつでも払い戻しが可能です。

 

4.個人認証をする。

Mobike個人認証検証画面

個人認証検証画面

・支払いが終わるとすぐに検証画面が開きます。
・最下段の赤文字の部分をクリック。

 

Mobike個人認証マニュアル認証画面

個人認証マニュアル認証画面

・名前を入力(パスポートの表記通り。)※アルファベットの大文字、小文字にも注意。
・身分証明書 パスポートの番号を入力。※アルファベットの大文字、小文字にも注意。
・国 国籍を入力。
・身分証明書を持った写真をアップロード。
・証明書の写真をアップロード
・送信

 


・1時間ほど経つと認証が完了し、モバイクが利用可能(レンタル費用をチャージ後)となる。

5.マンスリーパス、レンタル費用のチャージ

Mobikeレンタル費用チャージ画面

レンタル費用チャージ画面

・個人認証が終わったらレンタル費用をチャージする。マンスリーパスを使用する場合はよほどのヘビーユーザーでなければ、チャージが減ることがないので、最低金額の5元でも問題なし。心配な場合でも20元チャージすれば問題なし。
・マンスリーパスがない場合は、以下のように1回1元程度かかるので、必要に応じてチャージする。試しに乗ってみたいだけなら、5元でも問題なし。

レンタル費用
モバイク  30分 1元 ※ネットでの確認のみ
モバイクlite 30分 0.5元 ※ネットでの確認のみ

マンスリーパス
マンスリーパスを購入すると最初の2時間は無料になる。2時間を過ぎると通常のレンタル料金がかかる。
今なら、マンスリーパスが90%オフのたったの2元(原価20元)で購入できる(2017.08028現在)

2時間以上乗らなければ、チャージが減ることがないため、月間の費用としては、マンスリーパスの購入価格となる(料金がよく変わる)。

6.乗り方

 

7.デポジットの払い戻し方法

マイウォレットの右下「詳細」をクリック。

 

Mobikeデポジット払い戻し画面

「デポジットを払い戻す」をクリック

Mobike払い戻し完了画面

払い戻し完了

※その場ですぐにWechatかアリペイに返金されます。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事