世界第二位のタワー「世茂深港国際中心」深セン竜崗区に建設中:AIスマートコミュニティ計画最新情報

中国ナンバーワン/世界第二位の高さとなるタワー「世茂深港国际中心」(Shimao Shenzhen-Hong Kong International Center)は2018年に工事が開始され、2024年の完成を目指して現在建設中です。

2020年3月には周辺エリアのデザインコンペ優勝者が決定、7月には商業モールの起工式も行われました。アリババクラウドを利用したAIスマートコミュニティの構築に向け全体像が見えてきました。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「世茂深港国际中心」基本情報

「世茂深港国际中心」は、深圳市龙岗区大运新城に位置し、大运(大運)体育中心(Shenzhen Universiade Sports Centre Stadium)に隣接しています。

ここは先日深セン経済特区40周年を記念して2020台のドローンショーが行われた場所でもあります。

現在の最寄駅は地下鉄3号線「大运」駅ですが、2022年に地下鉄16号線が開通する「大运北」駅が最も近くなります。

深センの中心部からは少し遠く、同じ3号線沿いにある大芬村よりも北東に位置します。

高さ700メートルの高層ビル、完成予定時期は2024年

この建設プロジェクトの目玉は140階建て700メートルの高層ビル。完成すれば中国ナンバーワン、ドバイのブルジュ・ハリファ(162階建て、高さ828.9m)に次いで世界第2位の高さとなる見込み。

(※サウジアラビアで高さ1,008メートルのジッダ・タワー(Jeddah Tower)が完成すれば世界第3位となる)

面積は322,000平方メートル、建設面積は136万4,500平方メートルで、総投資額は約500億元

Image via 深圳城市更新旧改

起工式は2018年3月26日に行われました。完成予定時期は2024年とのこと。

当プロジェクトは、香港と深センの資本・市場・経営上の優位性を促進し、深セン/香港間イノベーション協力のためのプラットフォームを構築するといった目的があるようです。

Image via 深圳城市更新旧改

起工式当日は広東省委員会常務委員や深圳市党委員会書記、市議会議長といったそうそうたる人物が参加しました。さらに2018年7月20日には香港行政長官、林鄭月娥(キャリー・ラム)氏も竜崗を訪れて視察を行ったことから当プロジェクトの重要性が伺えます。

Image via 深圳城市更新旧改

建設プロジェクト詳細

世茂深港国际中心は、高さ700メートルの高層ビルに加え、アパート・ホテル・オフィス・インターナショナルスクール・アートギャラリー・劇場・公園・広場などが含まれるのだそう。

Image via 深圳城市更新旧改

具体的には4つのセクション(ビジネス地区、アパート、学校、公共エリア)に分かれます。

タワー

タワーの全貌はどのようなものでしょうか?

深圳城市更新旧改ページ内には、想像力満載のイメージ動画が紹介されています。

Screenshot via 深圳城市更新旧改

ふもとには人工的な滝(?)が流れ

Screenshot via 深圳城市更新旧改

タワー内部には屋内プール

Screenshot via 深圳城市更新旧改

そして謎のホログラム空間。ミレニアムファルコンがなぜか飛んでいます。

Screenshot via 深圳城市更新旧改

タワー上部はこのようなデザインに。

Screenshot via 深圳城市更新旧改

最上部は展望台。楽しみですね(どこまで実現するか分かりませんが…)

Image via 深圳城市更新旧改

デザインコンペ優勝者はオランダの建築家集団「MVRDV」

2020年3月9日に発表された、世茂深港国际中心のデザインコンペティションではオランダの建築家集団「MVRDV」“深圳露台”(Shenzhen Terrace)設計スキームが1位を獲得しました。

深圳露台 コンセプトデザイン

前述の紹介動画とは若干異なるのですが、“深圳露台” の公開されているコンセプトデザインはこのような感じ。今後はこのスキームに沿って建設が進められていくものと思われます。

Image via 深圳城市更新旧改

深圳露台は東西の2つのゾーンに分かれています。

イーストサイド(東)

イーストサイドは、新しい展示会スペース(会展空间)、劇場(开心梦剧场)、ホール(地标发布厅)、青少年起業家センター(青年创业中心)の4つの領域を通して、深センと香港の若者や企業を誘致し、ハイテク産業、人材トレーニング、国際交流のハブを形成するとのこと。

Image via 深圳城市更新旧改

約2万平方メートルの展示会スペースでは、IP展示会・博物館・アートギャラリー、その他産業の高品質なコンテンツとエンターテイメント技術を組み合わせます。

Image via 深圳城市更新旧改

約3,500平方メートルの劇場は、深センのコアパフォーマンス会場としての場を提供。

Image via 深圳城市更新旧改

約5,000平方メートルの建築面を有するホールはユニークで透き通った建築形態となる予定。イメージ図では壁がガラス張りになっていますね。

Image via 深圳城市更新旧改

約1万平方メートルの青少年起業家センター(青年创业中心)では、深センの青年起業家インキュベータープラットフォームを構築し、竜崗の産業をアップグレードするのだそう。

Image via 深圳城市更新旧改

ウエストサイド(西)

西側の地区は、図書館、文化芸術センター、屋外劇場などの文化施設を作り、若者のための芸術的な雰囲気を構築し、健康的な都市文化生活を創造していくとのこと。

Image via 深圳城市更新旧改

約1万平方メートルの書籍複合施設には有名ブランド書店を引き入れ、年間200の文化的テーマイベントを開催します。

Image via 深圳城市更新旧改

「成长星剧场」という劇場の建設面積は約1万平方メートルで、国内の第一線メディアやファッションポップカルチャー育成機関を導入し、若者が芸術を理解できるよう若者向けの総合的な芸術環境を育成していくのだそう。

Image via 深圳城市更新旧改

商業モール起工式

2020年7月30日には、世茂深港国际中心商业Mallの起工式が始まりました。

Photo via 世茂深港国际中心

かつて商業施設は、注目を集めるために建物の規模や高さを大きくしていきましたが、今後は技術的な革新や複数のフォーマットを統合する「複合ビジネス形態」として大湾区の商業住宅の新しいモデルを構築するようです。

Screenshot via 深圳城市更新旧改

世茂深港国际中心は公共サービスとビジネスサービスといった複数のビジネス形式の特徴を組み合わせ、高級品・美容・エンターテイメント・ハイエンドケータリングなど複数の形式から複合的な没入型ビジネス体験を作り、消費者に無制限の投資機会を創出するのだそう。

Image via 世茂深港国际中心

そして、現在人気のある「地摊经济」(露店経済)と組み合わせて、屋外と屋内に相互運用可能なモールを建築し、商店のスペースを提供することも計画されているようです。

Screenshot via 深圳城市更新旧改

アリババクラウドによるAIスマートコミュニティ

世茂深港国际中心はアリババと協力して、世茂初のアリババクラウドAIスマートコミュニティを深センに構築します。

Image via 世茂深港国际中心

クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーン、5Gといったワードが先行しがちですが、世茂は「世茂深圳首个阿里云AI智慧社区发布擎领未来人居走向」という記事の中でこれらの技術をどのように当コミュニティに取り込んでいくのかを述べています。

Image via 世茂深港国际中心

世茂深港国际中心はアリババクラウドの他、音声認識「云知声」(Unisound)、人工知能ユニコーン企業「商汤科技」(SenseTime)、 監視カメラメーカー「海康威视」(Hikvision)、日本でもおなじみ白物家電大手「海尔智家」(Haier)など多くの大手企業と協力して作り上げていくようです。

Image via 世茂深港国际中心

世界最大級のアクセスが集中する中国のビッグセール「双11」(ダブルイレブン)のピークを耐え抜く力を持つアリババクラウドは2019年に「未来社区智慧服务平台」というコミュニティ向けのスマートサービスを発表。住民に多様なデジタルサービスを提供することとしています。「超级大脑」と呼ばれるAI+IoTスマート操作システムも用意されます。

Image via 深圳城市更新旧改

顔認識システムによりカードキー不要の「非接触」生活を送ることができ、24時間の監視システムによりコミュニティに入る車両等をリアルタイムで分析、子供や高齢者が危険な場所に行ったり転倒した場合は通知され、帰宅時は照明・温度・湿度などを自動的に最適なレベルに調整したり、指1本で家全体の照明、エアコン、カーテンなどの機器を制御します。

Image via 世茂深港国际中心

インテリジェント環境監視システム(煙センサー、可燃性ガス警報、洪水検知器、一酸化炭素警報など)は60秒以内に異常を検知し、本人が海外にいても常に家の安全に注意を払うことができるのだそう。

Image via 世茂深港国际中心

今後も新しい技術を取り入れて、映画に出てくるような近未来の生活を実現させようという意気込みが感じられます。

周辺の土地価格は急騰

大湾区の深センー香港軸と都市集積軸の交差点ともいえる場所に位置する世茂深港国际中心は、1日平均約79万人の処理能力を持つ地下鉄3号線に加え、現在建設中の14・16号線、そして33・21・23号線が近い将来周囲を走るようになり、巨大な交通ハブ「大运国际交通枢纽」を形成していきます。

Image via 广东省房源网

前海や西丽、光明城に加え、この大运新城も深センの新たな中心スポットとして成長していくことになるのでしょう。予想通り周辺の不動産価格は急騰しています。買うなら今かもしれません!


Source:

SCMP: Kicking off work on ‘China’s future tallest building’, Hong Kong tycoon Hui Wing-mau lauds bay area plan

dezeen.com: Work begins on world's second-tallest skyscraper in Shenzhen

超高層ビル・都市開発研究所:シマオ香港国際センター (世茂深港国际中心,Shimao Shenzhen-Hong Kong International Center) #中国最高層

世茂深港国际中心:「深圳露台」重磅亮相!又一个世界级规划落地大运(多图曝光)

世茂深港国际中心:深港商业Mall正式开工,盛启湾区商业未来

世茂深港国际中心:携手阿里云!世茂深圳首个阿里云AI智慧社区发布擎领未来人居走向

深圳城市更新旧改:龙岗 世茂深港国际中心 建700米深圳第一高楼,重点发展地段,附近业主身价暴涨

广东省房源网:龙岗 世茂深港国际中心,深圳地标,700米高

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事