美団・深セン地下鉄・万科は世界初のドローン配送商圏を構築中

フードデリバリーなど生活関連サービス大手の美団が、深セン地下鉄万科と共に、世界初のドローン配送商圏を深センに構築中です。

場所は深圳湾超级总部基地内にあり、都市の低空物流ネットワークの自動発着施設を作ります。深センがますます未来都市に変わっていきますね。

美団のドローン事業は2021年世界人工智能大会で公開

美団(Meituan)のドローン事業は、7月8日に上海で開催された「2021年世界人工智能大会(WAIC)」で詳細が公開されて話題となりました。当大会では、美団と上海金山区政府が初の都市型低高度物流運営実証センターを共同で建設する契約を正式に締結しています。

美団は2017年にドローン配送サービスの検討を開始。2021年からは深セン坪山区と竜崗区でさらに多くのドローン配送サービスの商業試験運用を行い、ユーザーに即時配送サービスを提供する着陸作業を実際のシナリオに落とし込んでいるそうです。6月の時点で美団のドローン(美团无人机)は22万回以上の飛行テスト60万分以上の運用を完了しており、2,500件以上の注文を完了したとのこと。

Image via ShenzhenDaily

世界初のドローン配送商圏は深圳湾超级总部基地内に

美団は、世界初の「无人机配送商圈」(ドローン配送商圏)を深圳地下鉄(SHENZHEN METRO)と万科集団(Vanke)と共に構築します。

なぜ深圳地下鉄も含まれているのかというと、深圳地下鉄と万科集団は初の地下鉄超高層プロジェクト「SIC超级总部中心」を共同で開発し、2014年12月に着工。このSIC超级总部中心と美団がドローン配送商圏の試験的な実証協力に関する契約を締結したというわけです。

SIC超级总部中心の場所は、深セン市が力を入れている「6大本部基地」の一つである深圳湾超级总部基地の超高層複合施設の一部となります。

「SIC超级总部中心」概要

SIC超级总部中心の計画総投資額は153億元、土地面積は約5万4,000平方メートル、建設面積は約60万平方メートル。メインとなる超高層タワーは高さ358.7m、地下4階、地上79階

Image via 向上天际线

3本の地下鉄路線(2号線、9号線、11号線)に隣接したプロジェクトで、地下鉄やバスの接続などの交通機能が統合されたTODの上部構造物件となる技術的にも難易度の高い建設となります。事業形態は、本社オフィス、商業施設、ホテル、文化施設などが予定されています。

Image via 向上天际线

美団はSIC超级总部中心と共に、都市の低空物流ネットワークの自動発着施設を建築設計に統合します。

深圳市万科发展有限公司の執行総経理である宗卫国氏は「美団社との共同作業により、世界初の試験的なドローン配送商圏の実施を推進することで、周辺住民やオフィスワーカーの即時的な消費ニーズをよりスマートに満たすことを目指す」と述べました。

SIC超级总部中心グローバルブランド発表会(7/30開催) Image via 万科周刊

ショッピングモール最上階からドローン配送

美団は周辺3キロの住民のニーズに応えるなど、ドローン配送の着地応用を模索していきます。 ユーザーは「美団」アプリを開くと、最短10分でSIC超级总部中心からデリバリー商品を受け取ることができます。

Image via ShenzhenDaily

ShenzhenDailyの記者が美団アプリで基地から近隣のショッピングモールのタピオカミルクティーを6杯注文したところ、美団の配達員がミルクティーを店頭から受け取り、ショッピングモール最上階にあるドローンの離着陸場に送り、2台のドローンのボックスに積み込みました。

Image via 无人机

ショッピングモールは基地から約1.3km離れた場所にあり、基地とモールの間には学校があるため上空を飛行しないように迂回しています。その結果ドローンがモールから基地までミルクティーを届けるのに3分49秒かかったとのこと。迂回を必要としないエリアであればもっと早く届けることができそうです。

Image via 美团Meituan

ドローンだけでなく無人配送車も開拓中

美団社は、ドローンに加えて無人配送車の分野も開拓中。 2018年3月に無人配送車の試験運用をスタートし、2021年4月には新世代の無人配送車「魔袋20」を発表。衝突検知と衝突防止機能を搭載し、路上走行時は歩行者や信号機を識別して配送業務を無事に完了できるようになったようです。これまでに、同社の無人車両による配送サービスは20以上のコミュニティをカバーし、合計35,000件の注文を届け、自動操縦で約30万キロを走行してきました。

Image via 机器之心

美団ドローン事業の責任者であるChu Zheng氏は、新型コロナの大流行により、同社の無人配送システムの研究開発が加速しており、サービスの選択肢として非接触型配送も検討していくと語っています。

近い将来にはもしかしたら美団ドローン+無人配送車の最強の組み合わせを目にするかもしれませんね。


Source:

ShenzhenDaily:Meituan’s drone delivery gets off the ground in SZ

TechWeb:美团无人机配送商圈试点将落地深圳

无人机:美团联合SIC总部中心启动无人机配送商圈试点

向上天际线:356米!深圳“深湾汇云/SIC超级总部中心”全球发布!

万科周刊:深圳湾超级总部基地首个超高层综合体SIC亮相

机器之心:美团无人配送新车落地运营,毫末智行助力量产制造

美团Meituan:网友:我的外卖怎么在天上?

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事