【期間限定割引】日本人に人気の今一番気になるこだわりパン屋さん!南山区「Daily Bakery House」

本日は、日本のパンをこよなく愛するオーナーが南山区の「海月」駅近くにオープンさせた、私が今一番気になる手作りパン屋さんをご紹介します。

その名は「 Daily Bakery House(得粒烘焙坊)」Shenzhen Fan 期間限定特典もあります!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

<“ Daily Bakery House” 得粒烘焙坊>とは

高級マンションといくつもの商店が並ぶ一角にあるガラス張りのおしゃれなパン屋さん。オープン時の狙いは、高級マンションが立ち並ぶ海月の方々をターゲットとしていたとおっしゃるオーナーの孙鑫(スンシン)さん。

もちろん地元の方にも人気ですが、今では “日本人の口に合うパン” としても知られており、現在じわじわと口コミで広がり中!その美味しさ求めて、遠くから足を運ぶ方もおられます。

店名の由来

“日常の生活でこのお店にいつでも立ち寄ってほしい”との願いで、この名前にされたそうです。中国では登記するために必ず中国名が必要とのこと。“Daily Bakery House”を文字って得粒烘焙坊 <Dé lì hōngbèi fāng>と名付けたとか。

名前の由来通り、学校を終えた子どもたちが、出勤前にコーヒーとパンを求めて若者やOLさんが気軽に立ち寄れるパン屋さん。さらに家族や年配の方まで様々な世代に愛されているパン屋さんです。

外観・店内にもたくさんのこだわりが・・・

大きなガラス張りの店舗は、向こう側が透けて温かみ溢れるお店です。オーナー孙さんが奥様とともに日本各地の人気のパン屋さんを巡り、日本にあるお洒落な店内をイメージし、こだわりを持ってデザインされたそうです。

店内は小さいながらもイートインスペースも設け、外が見渡せる開放的な空間。自ら手書きされたメニューカードがホームメイドの雰囲気を出しています。

またアンティーク調の小物や雑貨はすべて日本(東京/浅草)から仕入れてきたそうで、温かさが漂っています。

パンの材料や機材へのこだわり・・・

フランスの小麦粉・強力粉を知り合いの工場から仕入れ自然酵母を使用。またフランス最高のバターと言われるイズニーのバターを使用

その他の材料も全て輸入品で自然食品を使用し、その日に作ったものしか売らないとお客様の健康を第一に気に掛けておられる孙さん。

皆さん、家族の健康をいつも考えていると思います。それでわたしは、自然食品にこだわったカラダに良いものを常に提供したい」と笑顔でおっしゃっておられました。


ベーカリーマシンは有名なスイス製のKolbを使用し、「パンは焼き加減がとても大事。マシンにも妥協してはいけない」とパンの見た目も重視しておられる孙さん。

では孙さんこだわりいっぱいのパンをいくつか紹介しますね。

日本人にオススメのパンは?

明太フランスパン

明太フランス(明太子法包)¥18-·

福岡・博多の名物で日本でも人気のパンですね。明太子を宮崎から仕入れ、バターとマッチさせた最高の組み合わせのパンです。

ちなみのこのパン、日本人にしかウケが良くないとのこと…笑

塩パン

日本のどこのパン屋さんでも置かれている人気のパン。一口食べると中身からほのかなバターの香りと、表面にはこだわりの岩塩をのせ、サクッとした軽い食感が特徴のパンです。

塩パン(岩盐包)¥9-

この塩パン。余計なものが入っていないためごまかしが効かず、素材の良し悪しがすぐに分かります。

まずはこれを食べてみて、このパン屋さんがどれほどの実力か確認してみてください!

ベーグルパン

DAILY Bakery House

ベーグルパン(核桃蔓越梅贝果)¥18-

自然の甘みを引き出してくれる、ラズベリーとクルミを使ったベーグルパンも人気です!

カヌレ

カヌレ(可丽露)¥9-

フランスで人気のお菓子。Daily Bakeryの名物とも言われるカヌレは中国人にも人気。これ目当てで来店する人も多いのだそう!

あずきパン

あずきパン(红豆包)¥9-

生地は酒粕の酵母を使用し、中身は当店オリジナルの手作り餡子で、甘過ぎず上品な味わいのパンです。

クロワッサン&チョコクロワッサン

バターと小麦粉そして水さらに「焼き加減」でクロワッサンの味が決まるとのこと。

クロワッサン(原味可颂)¥16-

この何層にも重なったサクサクの表面ともっちりとした中身からバターの香り、チョコの香りが漂う、大人気のパンです。

チョコクロワッサン(浓香巧克力卷)¥17-

その他にも・・・

まだまだご紹介したいブレッドはたくさんあります。フランスパンやハード系パン、食パンから菓子パンも。。。

Daily Bakeryでは約30種類のパンが毎日ショーケースの奥の工房で手作りされています。

さらに新商品も続々と誕生しています。

ドリンクメニューも充実しています!

皆さんの気になるパンはどれでしょうか?

Daily Bakery House オーナー 孙鑫さん

オーナー孙鑫さんプロフィール

中国・大連(中国東北地方の港町)出身

20代で日本神戸大学を卒業後、約10年間日本の医療機器の企業に勤務

中国で一番好きな場所深センへ移住、現在はコンサルタント経営しながらも、パンへの愛情が捨てきれず、念願のパン屋さんを現在経営

現在、4人の職人さんがいらっしゃるそうですが、中には日本・福岡で修行をし日本語堪能な方も。「ここで経験を積んで独り立ちするのを助けたい」とおっしゃるとてもお優しい孙さん。さらには、スタッフの寮を設け、パン屋さんを清潔に保つために、安全で清潔な寮に住まわせているとのこと。スタッフの皆さんのことも気に掛けておられることにも感動しました。

中国の業界で経営を持続するのは本当に大変なことだそうです。(しかも競争率の高い深センであればなおさら)
しかし、できる限り長くお客様に愛されるDairy Bakeryであるために、全力を尽くしたいとおっしゃっていました。

そして、日本の方にも“深センにも日本人の口に合うパンがある”ということをたくさんの方に知ってほしい!と熱く語っておられました。

【Shenzhen Fan 限定特典】10%OFF!(7/31まで)

お店で当サイトを提示して「Shenzhen Fan 見たよ」と一言伝えて頂くか、Shenzhen Fanのロゴを指差して頂くと、なんと10%割引きしてもらえます!期限は2019年7月31日まで

是非一度!いや一度と言わず美味しいパンを求めてDairy Bakery Houseへお越しください!日本語堪能なオーナーの孙さんにもタイミング良ければお会いすることができます。

東京や大阪、京都を毎年パン巡りのために旅しておられる孙さんファミリー。私たちが知らない日本のオススメのお店を紹介してくださるかもしれません!

アクセス・ロケーション

Daily Bakery House 得粒烘焙坊

住所:深圳市南山区工业八路122号海月花园二期31栋11号铺

最寄駅:地下鉄2号線「海月」駅C/D出口 徒歩3分

営業時間:7:30ー22:00

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事