(2/8 更新)【速報】中国本土から香港への入境者「全員」を14日間強制隔離へ(2/8より実施、香港行政府発表)

2020/2/5に、香港行政長官、林鄭月娥(キャリー・ラム)氏は、新型コロナウイルスの拡散を抑制するために
2月8日(土)以降に中国本土から香港に入る人全員を、強制的に2週間隔離すると発表しました。

多くの方がこの衝撃のニュースをご覧になったかと思いますが
2/4に施行された、香港と深セン/マカオをつなぐ口岸(チェックポイント)封鎖拡大に続く措置となります。


(2/8 更新):続報を追記しました。


深センといえばこの本!

目的は移動の制限

今回の目的は、中国との境界をまたぐ人々の移動を制限するためだと述べて、この施行により入境者数が減ることを期待している、とのこと。

この報道を受けて、2/7(金)までの間はかなりの人が深圳湾口岸に押し寄せるかもしれません。

様々なメディアが報道

各メディアとも速報のレベルで、まだ詳細は追って出てくると思いますが

現在のところ以下のメディアも同様のことを伝えています。

AFP News

South China Morning Post

港珠澳大桥珠海口岸

香港商報網

ロイター

(2/8 更新)続報

香港行政府は2/7に、この件についての続報をアナウンスしました。

まず、深センから香港に入境した人全員に同じ強制隔離を行うわけではないとのこと。

免除対象は以下の通り。

  • 政府事務の運営に必要な者
  • 香港の正常な運営・香港市民の日常生活物資とサービスを提供する者
  • 香港市民の安全・健康・公共衛生・緊急事態の処理に必要な者
  • 特殊なケース、その他の公共の利益に適合する者
  • 越境貨車の運転士、香港に着陸する旅客機・貨物機のクルー、漁船員

特に湖北省を訪問し、香港に戻ってきた香港居民については、リストバンド状の電子追跡機器を着用し、自宅隔離による検疫措置を行います。

追跡ブレスレット

photo via Now新聞台

強制検疫の対象者家族は、強制検疫を受ける必要はありません。

入境後はバスに乗り、自宅・実家・友人の家・ホテルに14日間滞在しますが、住居がない場合は仮住居を手配するのだそうです(詳細は不明)

強制隔離期間中は、体温測定・マスク着用・親族や友人を集めない・当局とは電話で連絡を取り合う、といったことが求められるとのこと。

違反者には罰金と禁固刑

違反者には罰金2万5000香港ドルと禁固6カ月の刑が科せられます。

また、検疫所は「保良局賽馬会北潭涌度假営(The Po Leung Kuk Jockey Club Pak Tam Chung Holiday Camp)」を利用するとのこと。

関連リンク

まだ不透明な部分も

まだニュースを追い切れていないということもあり、曖昧な点も残るのですが
続報入り次第引き続きアップデートを行っていきます。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事