(3/1 更新)【中国・香港・マカオ】最新渡航情報まとめ(2/26)

2021.03.01 UPDATE: 中国駐日本国大使館より、公式の日本語アナウンスが出ました。

中国駐日本大使館や香港行政府、そしてマカオ特別行政区より発表された、渡航者向けの最新情報をお伝えします。

日本から中国への渡航はトランジットを利用せず直行便を利用することが奨励されているほか、ワクチン接種により抗体検査が陽性となった場合の対処などがアナウンスされています。

Amazon BLACK FRIDAY

中国駐日本大使館アナウンス概略

中国駐日本国大使館より、公式の日本語アナウンスが出ました。それに伴い、アナウンス内容をアップデートしあした。

日本から中国へ渡航される方へ 健康コード申請要件変更のお知らせ

まず中国駐日本大使館は、必要性のない渡航をしないことを推奨しています。 中国への渡航が必要な場合、最新の受け入れ要件については、以下の「健康コード」または「健康状態宣言書」(以下、総称して「健康コード」といいます)にご注意ください。

直行便を利用すること

直行便にて訪中するようお願いします。日本から第三国・地域(中国台湾・香港・マカオを含む)を経由し、中国に行く方には健康コードが発行しません。健康コード申請の際、パスポート、ビザ・居留許可、住民票や航空券の予約証明等も検査証明と一緒にご提出ください。

トランジット(乗り換え)のために来日しないこと

日本の空港には経由・乗継客を対象としたPCR検査及び抗体検査のサービスがありません。そのため中国を最終目的地とした日本での経由・乗継はできませんのでご注意ください。経由・乗継におけるトラブル(空港内足止め、送還等)はご自身の責任となります。

 もし第三国から日本への乗り継ぎで中国に行く場合は、日本の防疫政策を守り、14日間の自主隔離後中国へ出発してください。健康コードを申請する際に日本入国スタンプと航空券の予約証明を一緒にご提出ください。

過去に新型コロナウイルスに感染した方、陽性反応者の対応

新型コロナ感染者やPCR検査、抗体検査のいずれで陽性と判明された方は、居住地の中国大使館・総領事館にお知らせください。健康コードを申請する際下記の資料をまとめてご提出ください。

1、居住地の病院で肺のCT検査またはX線検査を行い、診断証明書(肺に異常なしまたはコロナ感染が完治していると記載)及び、2回のPCR検査を行い(検査日時は24時間以上空けること)、陰性証明書を提出すること。

2、上記①の後、少なくとも14日間は自主隔離をし、健康状態に異常がないことをご確認の上、「自主隔離承諾書」にサインして提出すること。

3、搭乗2日前以内(検体採取日から起算)に中国駐日本大使館・総領事館指定の検査機関で新型コロナウィルスPCR検査及び血清特異性IgM抗体検査を行い、ダブル陰性証明を取得して提出すること。

ワクチン接種のためIgM抗体検査で陽性となった場合の対応

ワクチン接種が原因で、抗体検査に陽性結果が出た方は、健康コードを申請する際に検査証明とワクチン接種証明書をご提出ください。

国際船の乗組員の対応

日本から船舶(乗り継ぎ含む)で中国に行く国際船舶の船員は、乗船の2日前以内に中国大使館指定の検査機構でPCR検査とIgM抗体検査を受け、ダブル陰性証明でご乗船ください。大使館に健康コード申請の必要はありません。不要不急の乗り継ぎ、下船はお控えください。


上記については2021年の3月1日から実施し、中国へ渡航する方は、『最新:日本から中国へ行く乗客へお知らせ 搭乗に「健康コード」が必要になります』及び『駐日大使館・総領事館指定検査機関リストの更新について』の内容を踏まえた上、健康コードの申請を行ってください。

 検査後は自宅で自主隔離をし、特に外出や外食はお控えください。健康コードの申請期限を守り、検査証明に連絡先をご記入ください

 駐日中国大使館からの最新情報をご留意ください。

健康コード申請期限表

【香港】<第599章>規則改正・有効期限は9月30日まで延長

政府は2月23日に、疾病予防管理条例に基づく規則の改正を公表し、有効期間を9月30日まで延長しました。その中で、公共の場所に集まる人の数の制限は2人から4人に緩和されました。当局は社会的距離測定を徐々にかつ秩序正しく緩和するとしています。

(1)「香港入境者の強制検疫に関する規制」《若干到港人士強制檢疫規例》(第599C章)

有効期間延長:2021年9月30日

中国本土・マカオ・台湾から香港に到着した人、または到着日から14日以内に中国本土・マカオ・台湾に滞在した人は14日間の強制検疫を受けます(日本から来る場合は当てはまりません)。

(2)「疾病の予防と管理(情報の開示)規則」《預防及控制疾病(披露資料)規例》(第599D章)

有効期間延長:2021年9月30日

第599D章は保健担当官や医療従事者に対して正確な情報を提示するといった規定が盛り込まれています。

(3)「外国から香港に到着する者の強制検疫に関する規制」《外國地區到港人士強制檢疫規例》(第599E章)

有効期間延長:2021年9月30日

第599E章は日本から来る香港居民に当てはまる規定です。香港居民(香港IDもしくは査証保有者)のみ21日間の強制検疫を経て入境可です。(香港居民ではない外国人は引き続き入境不可)

(4)「疾病の予防と管理(要件と指示)(事業所と敷地)規則」《預防及控制疾病(規定及指示)(業務及處所)規例》(第599F章)

有効期間延長:2021年9月30日

レストラン・飲食店のテーブル利用人数制限は2人から4人までに緩和されました。

(5)「疾病の予防と管理(集団の集まり)規制」《預防及控制疾病(禁止羣組聚集)規例》(第599G章)

有効期間延長:2021年9月30日

(6)「疾病の予防と管理(国境を越えた輸送と到着)規制」《預防及控制疾病(規管跨境交通工具及到港者)規例》(第599H章)

有効期間延長:2021年9月30日

(7)「疾病の予防と管理(着用マスク)規制」《預防及控制疾病(佩戴口罩)規例》(第599I章)

有効期間延長:2021年9月30日

9月30日まで制限が続くわけではない

食品衛生局は、関連する規制の有効期間を延長することは有効期間が終了するまで現在の制限が変更されないことではないと指摘しています。今後の新型コロナウイルスの流行やワクチン普及に応じて柔軟に変化していく模様です。

【マカオ】中国本土からマカオへの入境要件緩和

マカオ政府は2月23日から、旅行者が過去21日間中国大陸に滞在していた場合、(マカオ入境前の14日間に河北省石家荘市と黒龍江省綏芬河市に行ったことがない限り)医学的観察や自己隔離を受ける必要がなくなると発表しました。また、マカオから本土に戻る場合、中国人居住者の検疫は不要です。

外国人の入境は一部可能

気になるのは中国在住の外国人もマカオに入境できるのかという点ですが、現在はまだ制限があるようです。

外国人に対する制限は2020年11月10日に一部緩和され、現在まで以下のような条件で入境が可能となっている模様です。

中国本土、香港特別行政区、台湾地域の在留資格を持たない非マカオ人で、マカオ入境前に中国本土に連続14日以上滞在したことがある者、そして以下のどれかに当てはまる者

●マカオ居住者の配偶者または子供

●"Authorization to stay for non-resident Workers(非居住者労働者の滞在許可証)"または就労目的の入国証明書("Título de Entrada Para Fins de Trabalho")を取得している場合(「滞在許可証」を取得、または取得する資格のある家族の扶養家族にも適用)

●滞在許可を得ている者

●マカオの高等教育機関に在籍している者

●マカオでの重要なビジネス、学術、または専門的な活動に参加する者

上記に該当する場合は、下記のリンクから申請書のPDF版(eng-exemption from covid-19 immigration restrictions procedures of application.pdf)をダウンロードして、必要書類や申請方法の詳細を確認してください。申請手続きは電子メールで行われ、完了までに15営業日かかるようです。

news.gov.mo: Exemption from COVID-19 Immigration Restrictions Procedures of Application

申請が可能とはいえ少し面倒なのと、上記の条件に多くの中国在住外国人は当てはまらないと思われるので、まだ現実的ではないようです。


2月中は全土で春節の大移動の警戒をしていましたが、今後は3月5日に開催される全国人民代表大会(全人代)に向けて引き続き警戒を緩めないと思われます。暖かくなる3月半ばより徐々に緩和に向けて動き出すことを期待していきたいですね。もう少しの辛抱です。

関連リンク

最新の渡航に関する過去記事も参考になさってください。


Source:

中国驻日本大使馆:关于调整自日本赴华人员健康码/健康状况声明书受理要求的通知

news.gov.hk: 群組聚集限制明起放寬至四人

news.gov.mo: [infographic] 24 February 2021 health quarantine requirements and measures for inbound travellers

ShekouDaily: Rules & Requirements for Foreigners Traveling to/from Macau

ThatsShenzhen: You Can Now (Maybe) Go to Macao Without Quarantining

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事