第3回深セン外国人写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)授賞作品

2021年8月から10月にかけて募集された、第3回深セン外国人写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)の授賞式が宝安区のエキシビジョンホール「BAY OPERA」にて行われました。

今回のコンテストには36カ国から173名の応募があり、合計76点の入賞作品が選ばれました(日本人は4人が受賞)。受賞作品をご紹介します。

All Photos from Shenzhen Daily.

第3回深セン外国人写真コンテスト

深セン外国人写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)は今年で3回目。1等賞2点、2等賞4点、3等賞8点を含む76点の入賞作品が選ばれました。

3回目となる今回は、初めてカテゴリ分けが行われ、C1(Humanistic category/人文部門)とC2(Nature category/自然部門)に分けられました。人文部門では深センの街並み、文化遺産、スポーツ、芸術、国際社会に関する作品が、自然部門では深センの自然景観、生態、人と自然の関係などを取り上げた作品となります。

コンテストは8月3日から10月8日まで募集が行われ、36カ国から173名の応募がありました。

2021年、2020年の告知記事はこちらから。

授賞式

外国人写真コンテストの授賞式は、12月17日に宝安区の深圳滨海艺术中心城市展厅(BAY OPERA)にて開催されました。

深圳日報の沈贤志編集長は歓迎の挨拶をし、応募作品の幅広いテーマを評価し、深圳の美しさを探求するために努力したすべての応募者に謝意を表しました。

このイベントは、深圳市人民政府新闻办公室が主催し、EYESHENZHEN.com(爱深圳)、Shenzhen Daily(深圳日報)、深圳市贸促委承办(CCPIT Shenzhen)が企画、Shenzhen OCT Happy Bay Operating Co. Ltd(深圳华侨城滨海有限公司欢乐港湾运营公司)の支援により開催されました。

深センは急成長している都市でありながらも常緑樹と草原に囲まれ、たくさんのフォトスポットがあります。今回の受賞作品も深圳の多種多様な顔を上手に映し出しています。

受賞作品

117点の受賞作品を集めた写真展は12月21日まで同会場で無料公開されていました。

優勝作品

C1 Humanistic category

Well-recorded Event
 Thomas Edison Harvey
The United States

C2 Nature category

準優勝作品

C1 Humanistic category

Yantian Port at Night (货柜场的夜景)
 Hiyane Yusuke
Japan

C2 Nature category

三等賞作品

C1 Humanistic category

Keep it Real
 Jeremy David Smith
Canada
New Family
 Andres Fernando Martinez Herrera
 Ecuador
Hard Work (兄弟加油)
 Jesus Eduardo Campos Semeno
Mexico

C2 Nature category

Cool Breeze
Peter Watson
Australia
After Diving
 Romario Severino
Brazil

Soak in Rain
 Bambie Olorvida
The Philippines

優秀賞作品

C1 Humanistic category

Litchi Forest
 Felipe Vieira Setlik
Brazil
Happiness
Andrea Caputo
Colombia
The Unforgettable Ones
 Klohoun Fabrice
Ghana

Shenzhen Sports
Chiranjib Chakraborty
India
From Shenzhen to the World
 Daichi Araki
Japan
West Meets East
Rachel Sii Ing Wee
Malaysia
Walking on Air
Anton Tsentalovich
Russia
Ad Astra
Zuev Nikolai
Russia
Shenzhen in Perspective
 Andrew Barnard
South Africa
Anniversary Photo
 Frantisek Bina
The Czech Republic
Late Night Dinner
Paul Enzo
The United States & Russia
The Center of Love
Alexandra Volkova
Ukraine

C2 Nature category

Adorable Squirrel
Simon Bezian
Canada
Gotcha!
 Diego Alexander Alcala-Gaona
Colombia & The United Kingdom
Shekou Dragonfly
 Christelle Beaude
France
The Crown (皇冠)
Yong Boon Seng
Malaysia
A Blue-and-Yellow Macaw in Safari Park Shenzhen
Amit Shrestha
Nepal
Araneus
Irina Bogodukhova
Russia
Sunbathing
Joe Macpherson
The United Kingdom

ファイナリスト作品

C1 Humanistic category

Dreaming Back to Dapeng
Kalan Garside
Australia
Watchful Eyes
 David Lambert
Belgium
Shenzhen Spring
Ronny Verdoodt
Belgium
Purity of Nature
Dubravka Vasiljevic
Bosnia and Herzegovina

Treasure in the Night
 Idrisse Yann Khelifi
France

The Bay Lighthouse
Maÿlis de La Tullaye
France
Dawn at Yantian
Dr. Manas Mondal
India
Peace at Night in Shenzhen
Sarah Okhovat
Iran
Charging Bull
 Tadahiro Kondo
Japan
Drift
Dr. Lawrence Lau Khin Leong
Malaysia
The Future of Ours
 Zlatko Petrovic
Serbia
Sunset at Nan'ao
Johann van der Walt
South Africa
Guzheng Kid
Bosco Peral
Spain
Little Big Fans
Angelie Jane Ubana
The Philippines

Flag on A Bike
Millan P. Rible
The Philippines
The Lion's Mouth
 Jason Illidge
The United Kingdom
Glorious Glass
 Michael Elsegood
The United Kingdom
Surrounded by Nature
 Brock Downs
The United States
Night Shift
Daniel Pizzo
The United States
What's Down There?
 Itzel Lucio
The United States
Pushing Towards The Light
Raul Nieto
The United States
In the Zone
 Will Billones
The United States
The Love Birds
Anton Usikov
Ukraine

C2 Nature category

Time to Reflect
Priscila Moreira Medeiros Walker
Brazil

Walking Iris
 Dr. Florian J. Stadler
Germany
Oh Honey!
 Diya V. Khemlani
India
Elegance after Typhoon
 Pooja Zenit Shah
India
Hey You!
 Matteo Convertino
Italy & The United States
The Sea Screams and Whitens
 Marco Di Foglio
Italy
Hiking in Qiniang Mountain 
 Kunihiko Mitsuoka
Japan
Serenity
 Ekaterina Sidorova
Russia
Social Distancing
Teo Wei Tiong
Singapore
Sunset Overload
Roden Sigua
The Philippines
A Man and His Cat
 Joshua Fernandez
The United States
Got Milk
 Kevin Jano
The United States
Where is My Fish?
 Denys Kutsyn
Ukraine

来年はぜひ出品を

今年はなんと4名の日本人が受賞しました。どれも素晴らしい作品ですね。

受賞作品を見ると、深圳の特徴をよく表現している写真をバランス良く選んでいるようにも思われます。野鳥の写真を撮るカメラマンの方々は機材も技術もレベルが高いので、同じ土俵で戦わない方がいいかもしれないですね。また、タイトルの付け方も選考に影響するようなので、ぜひ今から来年に向けて準備してみてください。


Source:

EyeShenzhen:Bilingual | 在这些外国友人的镜头中,发现不一样的深圳

EyeShenzhen:3rd expats photo contest awards ceremony held 大美鹏城!国际友人镜头下的魅力深圳

ShenzhenDaily:3rd Expats Eye Shenzhen Photo Contest awards ceremony held

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事