【2022 北京五輪】ドローンだけではない深センの提供技術紹介

2022年の北京オリンピック開会式前に見事なドローンショーを演出した深センですが、深センの技術はそれだけではありません。聖火台となったオリンピックのトーチやスケート競技場の氷を最速で作るための技術に至るまで深センが活躍しています。

冬季五輪仕様のダンスロボット

開会式パフォーマンスで目立ったのはドローンだけではありません。56カ国の衣装をまとったロボットが歌い、踊り、音楽に合わせて国旗を振り、選手に変身してスキーやボードの動きを見せた姿を披露していました。

これは、南山区にある优必选(UBTECH) という有名なハイテク企業による冬季五輪仕様のロボットです。

Image via 蛇口消息报

深センのデザインチームによる五輪の聖火トーチ

開会式の中でも「まさかのトーチが聖火台に!」とひときわ話題となった聖火台ですが、実はこのトーチ「飞扬」は、アリババ天猫(Tmall)精灵の深センデザインチームによってデザインされました。

トーチは、リボンが舞うような形で工業デザインの枠を飛び出していました。吴光浩氏、洪文明氏、李文思氏の3名でなるアリババの若手デザイナー達による、火と氷の出会い、情熱の飛翔を象徴した設計案が最終的に採用されたとのこと。

スピードスケート競技場の "最速の氷 "作成技術

北京冬季オリンピックの象徴であるスピードスケート競技場「冰丝带」は、約12,000平方メートルの面積を持つ全面氷上の設計となっています。

Image via 蛇口消息报

当スケート場では、「最速の氷」をつくるため、また製造後の氷の表面温度を均一にするために、氷の表面の水平度を5mの範囲で±3mm以内という高い基準を設けているのだそう。この目標を達成するためには、高効率で高精度な水平度測定装置が急務となります。

Image via 蛇口消息报

ここで活躍したのが、深圳大学の動的精密工学測定チーム。慣性測定法を利用して地面の局所的な高さの起伏を正確に測定し、慣性測定の補助技術で試験結果の位置決めを行い、特大氷面のコンクリートの下地の平坦度の評価を迅速に達成することを提案。

Image via 蛇口消息报

工事期間中のコンクリート氷の下地の正確な水平出しを支援するため、専用の装置と平板型慣性水平測定ロボットを開発しました。加えて地面の相対的な高さを測定し、全体の水平度を評価するために、車輪付きの慣性平準化ロボットを発明したのだそう。

Image via 蛇口消息报

冬季五輪用レーザー光線

深センでは、開会式前のイベントでレーザー光が雲に向かって発射され、雲に「五輪」のロゴが描かれました。この技術は南山区の企業「光峰科技」によるものです。

投影装置は、光峰科技が独自に開発した「ALPD®」レーザーディスプレイ技術を採用。超長距離投影技術を重ね、従来の投影技術の距離制限500mを破り、最大3000mの距離を10万ルーメンの明るさで、雲の中まで映像を鮮明に映し出せるようになったのだそう。

Image via 蛇口消息报

他にも、パノラマ全立体メディア技術によるオリンピック会場可視化システムのデータ収集に深圳大学の写真測量チームが関わるなどの技術サポートが行われている模様です。

北京オリンピックの報道はスポーツや政治の側面から行われることが多いですが、このような技術面の情報を知るのも面白いですね。


Source:

蛇口消息报:昨夜,南山惊艳亮相冬奥会!

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事