【速報】中国渡航条件大幅緩和、11月14日より実施

中華人民共和国駐日本国大使館(在日中国大使館)は11月14日、中国渡航者向けの新たな申請条件を発表しました。

先日の国務院発表に呼応して大幅緩和です。当アナウンスは即日実施となります。

中国渡航ホテル隔離グッズ特集!

最新渡航条件通知文(11/14-)

原文はこちらを参照してください(中国語)。取り急ぎ翻訳しましたので以下参考になさってください。

(11/15 追加)中国大使館公式日本語アナウンス発表

11月15日、中国大使館は日本語での通知文を公開しました。各領事館はまだ日本語訳されていないようですが、以下リンクを記載します。それぞれの領事館の通知文内に各管轄地域で勧められているPCR検査機関も記載されています。

大使館<関東>アナウンス文(日本語)

大阪総領事アナウンス文(中文)

新潟総領事館アナウンス文(中文)

名古屋総領事館アナウンス文(中文)

札幌総領事館アナウンス文(中文)

福岡総領事館アナウンス文(中文)

長崎総領事館アナウンス文(中文)


大使館通知文(日本語訳)

新型コロナの予防と管理をさらに向上させるため、また、最新の国内要件に基づき、日本から中国への旅行者は、この通知の日付から以下の要件に従って健康コードを申請するよう要請されます。

検査要件

検査時間

搭乗者は搭乗前48時間以内にPCR検査を完了し、PCR検査陰性証明書を添えて健康コードを申請する必要があります。

例えば、12月10日14:00に中国行きの便に乗る予定であれば、12月8日14:00以降にテストを受け、申請書をアップロードすれば、健康コードの申請に間に合います。

検査機関および検査報告書

在日大使館・領事館では、PCR検査機関の指定はなくなりました。中国への渡航者は、日本の大使館または領事館に申請し、大使館または領事館が定める書式の検査報告書を使用している機関で検査することができます

渡航前PCR検査は領事館の管轄区域内で受けることができるので、近隣で、アクセスしやすく、料金も妥当な施設を選ぶことができます。検査機関は現地の規則に従って運営されており、在日大使館や領事館とは金銭的な関係はありませんので、各施設の経営環境、サービスレベル、料金、支払い方法などをご確認の上、ご自身で選択してください。 検査の効率、勤務時間、休日の有無、予約方法などは各機関によって異なりますので、事前にご確認ください。

参考までに、長期にわたりPCR検査を提供している機関の一覧をご覧ください(一部、中国語表記もあります)。

大使館領事部

総領事館領事地区

検査フォーマットは以下の通りです。

過去に感染歴のある方

過去に感染歴のある方、密接な接触があった方、症状が疑われる方などについては、追加要件は設けず、一般の方と同様の申請要件とします。

第三国からの経由

第三国(地域)から日本を経由して中国本土へ向かう旅客は、出発地または経由地でPCR検査を完了し、PCR検査施設のある中国大使館または総領事館で健康コードを申請し、健康コードの有効期間内に乗り継ぎをすることができます。 日本の空港のトランジットエリアには検査施設がないため、足止めや同じように送り返されることを避けるために、健康コードの有効期間が日本でのトランジット滞在をカバーできることを確認するか、事前に日本のビザを取得して検査のために日本に入国するようにしてください。

健康コード申請要件

必要な書類

  1. PCR検査陰性報告書
  2. パスポートのコピー(外国籍のお客様は有効な中国ビザまたは居留証もご用意ください)。
  3. 中国までの航空券または旅程表。

注:同時に複数の出入国書類を所持する旅客は、中国本土への入国時に使用した書類の情報を試験報告書およびコード申請システムに入力する必要があります。

申請方法

中国籍の方(中国のパスポート、旅行許可証、「回乡证」、「台胞证」をお持ちの方を含む):WeChat「防疫健康码国际版」ミニプログラムからお申し込みいただくか、以下をスキャンしてお申し込みください。

中国国籍以外の方は、下記のQRコードをスキャンするか、https://hrhk.cs.mfa.gov.cn/H5/ の「防疫健康码国际版」Webページにログインし、関連情報を記入し、必要書類をすべてアップロードしてください。

PCR検査機関の登録地域(リンク)に応じて、対応する大使館・領事館を選択し、健康コードを申請してください。

   例えば、名古屋にお住まいの方が東京から飛行機で中国に行く場合、PCR検査は名古屋(または東京)で受けることができます。

審査・検査

フライト情報

日本から中国本土への直行便の詳細は、下表をご覧ください。 フライト情報は、疫病や天候の状況により、ダイナミックに調整されることがあります。

審査期間

健康コードの発行を確実に行うため、フライト情報シートに記載されている期限までに、必ず健康コード申請書をご提出ください。 審査期間中は、在日大使館・領事館による審査が行われますので、健康コードの状況をリアルタイムで確認しながら、しばらくお待ちください。 審査の効率に影響しますので、審査期間中に急いで申し込まないようにお願いします。 書類に不備があり返却された場合は、できるだけ早く記入し、再提出してください。

在日大使館・領事館では、通常、土・日・祝日に健康診断書を確認させていただきます。

チェックイン検査

  1. 航空会社はチェックイン時に健康診断書を確認します。 中国へ渡航されるお客様は、チェックインカウンターにて健康コードアプリケーションシステムにログインし、健康コードを表示する必要があります。
  2. 在日大使館・領事館発行の健康コードは、日本の空港でのチェックイン時のみ使用可能です。 検査・検疫、検疫観察、旅行コードなど、入国後の措置については、入国地の所轄官庁にご相談ください。

注意事項

検査証明書を回収する際は、記載内容に間違いがないかをご確認ください。

健康コードの情報を提出する際、該当する名称のアップロードチャンネルがない場合、システム内の任意のアップロードチャンネルを選択することができます。

香港、マカオ、台湾へご旅行のお客様は、入境地の関係当局に予防接種の必要性についてお問い合わせください。

重要な注意事項

  1. 中国渡航前、特に検査後、出国前の対策を怠ったことが、中国入国後に陽性反応が出る主な理由です。 すべてのお客様は、中国への渡航前に合理的な旅行手配を行い、外部との接触を最小限に抑え、健康監視を強化することを強くお勧めします。 検査後は、マスクの着用や外食、パーティー、ショッピングなどのリスクの高い行動を避けるなど、日常の予防習慣を厳守し、検査後の感染を防ぐことが重要です。
  2. 検査は正直に行い、提出された情報が真実かつ有効であることを確認してください。 必要な報告を正直に行わなかったり、検査結果を改ざんして重大な結果を招いたりした場合は、法的な責任を負うことになります。
  3. 中国大使館・領事館は、流行状況を踏まえ、引き続き関連規則の動的な調整を行う予定です。 渡航前検査および衛生基準適用に関する既公表の通知およびQ&Aと本通知との間に矛盾がある場合は、本通知が優先されるものとします。


中国渡航隔離対策グッズ特集

当サイトでは中国渡航の隔離経験者の方々のご意見をもとに作成した、渡航後のホテル隔離生活を快適にするために必要とするグッズも紹介しています。

モバイルWIFIやSIMがセットになった「中国入境隔離快適キット」も強い味方!

渡航者向けのこのようなサービスも強い味方です。ガイドブックも付いているようで安心ですね。

「中国ビザ渡航情報共有」WeChatグループ

現在、日本から中国に渡航する方のために有志で「中国ビザ渡航情報共有」WeChatグループを運営しています。また「中国→日本渡航情報共有」グループや各エリアごとのグループチャット、フライト便ごとのグループチャットも運営中です。

ビザ・フライト・フェリー情報に加え、PCR検査・抗体検査に関する質問や日本から中国に送る荷物などの情報共有も活発です。 チャット内で問い合わせや相談もできます。(チャットの内容に関しては常識の範囲内で自己責任でお願い致します)

詳細は以下のリンクをご参照ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事