台湾発の有名老舗タピオカドリンク「1點點」(1点点)の、偽ブランド見分け方

現在日本でなぜか爆発的な人気のタピオカミルクティー。日本は一過性のブームで終わってしまう可能性がありますが、中国・深センでは数年前から定着している感がありますね。

しかし、このタピオカドリンクにも偽ブランドが出現していて、本家が注意を促していたりします。
いわゆる「山寨」というやつですが、royaltea皇茶 / The Ally / 贡茶 GONG CHA / 1點點 などの有名ブランドを真似して「それっぽい」店を出しています。

今回は、その中の一つ「1點點」をご紹介します。

1點點の偽ブランドは、少し前から深セン市内に数店舗出現していて、巧妙に本家っぽく営業していました。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「1點點」とは

本家ブランドは、台湾発祥の「1點點」。中国各地に店舗を展開している人気ブランドです。

1994年に台湾で創業し、2011年までに直営店・フランチャイズ店合わせて150店舗にまで拡大し、2011年に上海に進出、その後中国全土に展開中とのこと。

深センの后海「海岸城」にある本家1點點

タピオカ業界では老舗の部類に入りますね。

ロゴの字体は「1㸃㸃」なのですが、
公式サイトではこの漢字ではなく「點」の方を使用しています。

「點」は「点」の繁体字で、公式サイトでもこの文字を使用しています。
一方、ロゴの字体「㸃」は、点の"異体字" となり、恐らくデザイン上の関係(下の点がタピオカを連想させますね)でロゴにだけこの漢字を採用しているようです。

(当記事も公式と同じように1點」で統一します)

偽ブランドは「垚 1

そしてこちらが偽ブランド。

1點點の前に「垚」が付いていますね。

この店舗の看板は違いがはっきり分かりますが、本家の注意書きを見ると…

本家の注意書き

本家のレジ前には、こんな注意書きがあります。

1點點の前に(うっすらと小さく)「垚」と書いている店があり、消費者を混同させているとの注意喚起。

中国のネットでも「"垚燚"の文字が見えないから区別がつかない」との声が多数見られます。

この「垚」の文字、背景色と同じ色で書いてあって完全に確信犯。

Webサイトのアドレスも酷似

1點點は2つ公式Webサイトを持っています。こちらは大元のサイト。

そして、1點點が上海に進出した時に取得したドメインだと思われますが、それが以下のアドレス↓

1點點:"www.alittle-tea.com"

"alittle-tea.com"

燚 1點點:"www.little-tea.com"

そしてこちらが、垚燚 1點點のアドレス。

"www.little-tea.com"

カラフルでオシャレに作り込んであります。

よくドメイン取れたな…と感心しますが。

値段等はほぼ同じ

本家のメニュー表

そしてこれが、垚燚 1點點のメニュー表

値段もメニュー内容も酷似…

タピオカミルクティーの味に違いは?

本家のタピオカミルクティー(波霸奶茶)

燚 1點點のタピオカミルクティー(波霸奶茶)

味の違いは…どうなんでしょう?

1點點のウリはタピオカが他と違うらしいのですが、正直私は詳しくないのでよく分かりません(すいません)

でもパッケージが酷似していることは分かります。

民事判決が下される

公式サイトには、しばらく前から偽物に対する注意喚起が書かれてありましたが、つい先日民事判決が下されたとのアナウンスが。

1㸃㸃 公式サイトのアナウンス

本家1點點(生根餐饮管理(上海)有限公司)が、垚燚 1點點(广州未来餐饮服务有限公司)を相手取って起こした訴訟の結果、垚燚 1點點側は48万元と5万元を補償することになったようです。

おそらくこれで偽物の方「垚 1點點」は、「垚燚」の文字を大きくしたり(現に私が訪れた店は対応済みでしたが)紛らわしい表示を是正していくことになると思われます。

店舗は深セン各地に

1點點の店舗は深センだけではないですが、本当にたくさんあります。

南山区だけでもこんなに。

1點點 MAP

 

そして、垚 1點點の方は…

垚燚 1點點 MAP

本家ほどではないですが、けっこうあるのが分かります。

でもせっかく飲むのなら正規のブランドで安心して飲みたいですよね。

深センの夏は日本よりも気温が高く、外の暑い日に飲むタピオカドリンクは格別です。値段も10元(160円くらい)でほぼ並ばずに飲めますし。

個人的にはタピオカドリンクより寒天やナタデココ系のドリンクの方が好きですが…(今度特集しようかな)

「百香三十奏」パッションフルーツのジュース。トッピングのナタデココとの相性がよい

皆さんも楽しい夏の深センライフを楽しんでください!


参考記事:

那些年,我们喝过的山寨奶茶 

当記事に関しまして、詳しい最新情報をお持ちの方は教えてください。情報をアップデートしていきます。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事