【News】シェアリング自転車「摩拜単車」(Mobike)が美团(Meituan)に置き換え開始!

2018年4月に、中国フードデリバリー大手「美团点評」(Meituan)が、シェアリング自転車大手「摩拜単車」(Mobike/モバイク)を買収することを発表しましたが、ついに自転車が美团仕様に置き換わり始めました。

買収発表時には、Mobikeの名前が「摩拜単車」から「美团単車」に変更され、Mobikeアプリではなく美团アプリを使うことになると言われていたのでさほど驚きはありませんが、ついにその日が来たな、という感じですね。

ソース:
[THE PAPER] 摩拜单车变黄色:在沪置换新车需用美团开锁,老用户权益不变
[that's CHINA] Mobikes Are Being Replaced by Meituan Bikes in Shanghai

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

新しい色・デザインは?

最初に置き換えが始まったのは、7/27の上海。

(Image via The Paper)

自転車の形は現行Mobikeの最新型とあまり変わりません。

でも大きく違うのは、。え…黄色?

この色は…そうですね。一時期Mobikeと熾烈な争いを繰り広げ、今はたくさんの屍の山となっているもう一つのシェアバイク「ofo」の黄色に似ています。

なぜこんなofoと間違える色にしたんだ!という声がさっそく上がっているとのこと。

あまりに近い色なので、ofoの新型かと思うじゃないですか…

現行のMobike、ofo、そして美团アプリ

ご存知の方も多いと思いますが、この色は美团アプリの色なんですね。

このアプリ、今回のもう一つの大きな変更点と関係しています。

新型は美团アプリからしか使えない!

そうなんです。ついに新型は現行Mobikeアプリに対応しなくなりました。

(Image via The Paper)

順調にいけば、Mobikeアプリからクレジットや毎月のパスを含むすべてのデータが完全に保存され、美团アプリに転送されるようになるとのこと。

まずは4万台を交換

新型(今後どう呼んだらいいんでしょうね?「美团バイク」でいいのかな?)は、今回4万台を上海に投入するそうです。

(Image via The Paper)

古いMobikeを新型に入れ替える形になるので、自転車の総数は変わらないとのこと。

今後どうなる?

これでMobikeの将来は(名前は消えていきますが)明るいのでしょうか?

楽観視はできないようです。Mobikeは2018年に美团点評に買収された後、150億元(約2,366億円)の利益を上げたそうですが、同時に450億元(約7,098億円)の赤字を計上したとのこと。桁が違う…

(Image via The Paper)

ここで頑張って黒字化していってもらいたいところです!

悪質ユーザーには罰則が

美团アプリを開いた右上に表示されている自転車のマーク骑单车を開くと

美团アプリ

違反者に対する罰則規定がQRコードをスキャンするボタンの下に表示されます。
(現行のMobikeアプリもお知らせの中から当メッセージを見ることはできます)

 

例えば、自転車に勝手に鍵をかけたり、家に持ってったり、

勝手にQRコードを剥がしたり、タバコなどでQRコードが読み取れない状態にして他の人に使わせないようにしたり(これほんと腹立つ)そういった行為をした人にはアカウント凍結などの処置を行なうとのこと。
(同じ自転車をずっと同じアカウントが使い続ける、とかで違反者を割り出すのかも)


今回の新型車両、深センではまだ見かけませんがそのうちお目に掛かることになると思います。

シェアリング自転車は生活の一部で、これがなくなったら困るユーザーもたくさんいますので、このアップデートは(色の点はさておき)支持したいところですね。HelloBikeなど新興メーカーが出てくる中でも頑張ってほしいです!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事