ShenzhenShekouNightView

深セン(深圳)には別の名前があることを知ってますか?
地元の深圳人にとっては当たり前の情報でも、外国人にはあまり知られていないようです。

その名は…

鹏城」(Peng Cheng)

深センのWikipediaにはさらっと書いてありますが、この名前の由来までは載っていませんでした。

「鹏城」(WeWork Shenzhen Opening Party)

先日のWeWorkオープニングパーティの垂れ幕にも記載されていました。

「鹏」(Peng)とは、(想像上の)伝説の鳥の名前。「大鵬」(Da Peng)とも言われます。日本だと「鳳凰」のほうがなじみがありますね(微妙に違うみたいですが)。横綱「白鵬」など、力士の名前に多く使われているようです。体長は数千里。一飛びで9万里飛ぶとのこと。

一里は400メートルなので…体長400キロメートル以上?

9万里は…3万6000キロですね。地球の一周が約4万キロなので、一飛びでほぼ地球一周できてしまうことになります。(計算があっていればの話ですが…)

Fenix_大鹏

イメージです。

もちろんそんな鳥は存在しません。いたら大事件です。

なぜこの名前なのかというと、一飛びで遥か遠くまで羽ばたくこの鳥のように高速発展していくんだ、という意味が込められているのだそうです。

地元の人たちはプライドを持ってこの言葉を使うとのこと。

ShenzhenView_Mike2

ちなみに、深センの東側には「深圳大鹏所城」という城が存在します。昔の深圳人はここに住んでいたようで、この城の名前にも「大鹏」が付いています。


ShenzhenView_Mike3

深圳=「高速に発展していく城」

まさに、この言葉通りの発展を深センは遂げてきました。これから先、深センはどこまで羽ばたいていくのでしょうか?

Shenzhen_Construction

ShenzhenShekouNightView

今回、これらの美しい深センの写真を提供してくれたのは、深セン在住のカメラマンMike Morrisonさんです。彼の他の写真は以下のShutterStockサイトにあります。

Shenzhen_Bay_Border

深セン湾大橋(ドローンから撮影)

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事