Shenzhen Fan 2020年 人気記事トップ10位+注目記事発表

2021年になりました。今年もよろしくお願いいたします。

新型コロナの影響により、日本から中国への渡航が依然として厳しい状況が続いていますが、お互いにサバイブしていきたいですね。

さて今回も去年に引き続き、年間を通して特に人気のあった記事や、反響の大きかった記事をご紹介します。

2019年のトップ10記事はこちら

目次

POCKETALK S 中国版発売中!

2020年 総アクセス数:381,568 PV

2020年間のアクセス数トータルは 381,568 PV となり、2019年の 241,821 PV から大きく増加しました。

月平均31,797 PV1日 1,000 PV ほどで推移しています。

2020年 月別アクセス数

2020年の月間最高アクセスは、2月の57,430 PV

一つの記事がバズり、月間最高アクセスを記録。当記事はそのまま年間トップ1のアクセスを集めました。(記事については後述します)

しかしその後は日本での新型コロナ感染拡大や、それに伴う緊急事態宣言などの影響によりアクセス数は急に鈍化します。

恐らく、今まで深センに渡航するたびに当サイトを参照していた方々が渡航できなくなったことに加え、緊急事態宣言といった前代未聞の状況に直面したため興味関心が日本国内のニュースの方に移ったのではないかと推測されます。

そこで2020年後半は、ビザ・渡航関連のニュース発信を増やしました。深センだけでなく中国全土に居住・渡航予定の日本人にも必要な情報をできるだけ早く日本語化して発信した結果、安定したアクセスを集めました。

2020年 アクセス記事ランキング

年間を通して一番のアクセスを集めたページは2019年と同じくトップページ(恐らくGoogleなどの検索エンジンからの直接流入)ですが、今回は投稿記事のランキングとして1位から順にご紹介します。

1位:【新型コロナウイルス肺炎】深センで実施された対策とその効果:時系列グラフで見えてきたシンプルな解決策!(26,097 PV)

新型コロナ感染拡大時に、中国・広東省・深セン市が取った対策とその効果についてグラフにした2月27日公開の記事が1位。当記事は今でも参考になると思います。

2位:中国4大都市の一つ、深センとは?(15,760 PV)

恐らくトップページから訪問してくれた方々が、当ページにアクセスされたと思われます。

(でもすみません、当ページは更新ができていません…)

3位:【新型コロナウイルス肺炎】最新情報と予防策・日本人対応クリニック情報(6,745 PV)

1月23日に公開した当記事は、深セン市内で新型コロナの感染者が増加するタイミングで多くの在住者が不安になっていた時期でした。市内の日本人対応クリニックに問い合わせて情報をまとめましたが、当時は担当者も日本から戻って来れなくなったり、マスクや消毒液の不足に悩まされたりしていました。

4位:中国渡航者向け 指定PCR検査機関 価格情報【駐日本大使館管轄エリア】(関東) (6,658 PV)

9月10日公開の当記事は、9月25日より始まった渡航者の飛行機搭乗に必要とされるPCR検査陰性証明の指定検査機関の価格情報をまとめたもの。

しかし、11月にはPCR検査に加えて抗体検査(IgM)も加わったため、対応可能なクリニックは大きく変わりました。現在は以下の記事が最新となります。

5位:【保存版】中国渡航ホテル隔離生活対策グッズ特集!(6,272 PV)

現時点でも、渡航後には基本的に指定ホテルでの14日隔離が必要となる中国。隔離経験者の意見をもとにあると便利なグッズを集めてご紹介しています。当記事はずっと上位に来ていますね。

6位:【2019年版】香港空港から深センに安全に移動する3つの方法(4,895 PV)

香港空港や深センのボーダーがまだ自由に行き来できた頃、当記事は多くのアクセスを集めていましたが

2020年2月以降は需要がなくなってしまいましたね。2021年にまた行き来が活発になる頃にはアップデートした記事を公開したいと考えています。

7位:【2020年8月版】中国発着 国際便運航スケジュール・発着ルート(3,910 PV)

この2020年、中国発着国際便のフライトスケジュールはアップデートが早かったため

毎月発着ルート記事を公開していました。国際便が正常に戻るまでは今後もアップデートしていきます。

現在の最新スケジュール情報は以下の通りです。(当サイトのトップページにも常時表示しています)

8位:【News】クレジットカードでAlipay(支付宝)にチャージが可能に!(3,523 PV)

当記事は2019年のベスト記事でしたが、2020年後半になってもある程度のアクセスを集めていました。アリペイのツアーパスに関する情報は今でも需要がありますね。

9位:【中国滞在ビザ延長】60日ビザ自動延長の後は?再延長申請方法解説(3,433 PV)

2020年5月に公開した当記事は、日本に戻ると現在のビザが無効になってしまうために滞在延長を検討しておられる方にとって必要な情報をまとめたものです。新型コロナの特別措置のため、中国で滞在ビザの期限が切れた後も60日の自動延長が行われていましたが、その後にどうすることができるのかを記載したものとなっています。

10位:中国入国者の集中隔離期間は「7日間」へー残りの7日は自宅隔離(3,392 PV)

通常、中国渡航後14日間は集中隔離が求められますが、この期間を「7日間」(+残りの7日は自宅隔離)に変更できるとするガイドラインが9月15日に通知されました。多くの方々が待ち望んでいた変更でしたが、日本を含め各国の感染拡大により当措置はほとんどの方には適用されず、現在は「14+7」(14日間の集中隔離+7日間の自宅隔離)を適用する自治体が増えています。

「14+7」の記事については以下のリンクから。

その他注目記事

2020年は速報性のある記事や中国全土に影響する記事などを例年よりも増やしたため、11位以降のランキングもニュース記事がかなりの割合を占めています。しかし政府からのアナウンスも数ヶ月後にはアップデートされるなど、キャッチアップに苦労された方も多かったのではないでしょうか。

2020年を振り返って、残しておきたいその他の注目記事をピックアップしました。

【深セン地下鉄6号線】8月18日開通!各駅詳細情報

【深セン地下鉄10号線】8月18日開通!各駅詳細情報

【深セン地下鉄】2号線(東延線)/3号線(南延線)/4号線(北延線)/8号線(第一期) 一斉開通!

広州と深センが地下鉄でつながる日が来る!<東莞地下鉄>最新情報

コストコ(Costco)が深センに!華南本部と旗艦店を竜華区に建設へ

深セン交通カード「深圳通」が、ついにiPhone/Apple Watchに対応!香港「八達通」(Octopus)も!

テンセントの未来都市 "未来城市/NET CITY" 前海エリアに建設予定!完成は約7年後

【インタビュー】JENESISが見る2020年の深センと2021年の戦略とは?

シャオミ国際本部・VIVO本社・OPPO本社が深センに建設計画進行中:総投資額2,800億円超!

世界第二位のタワー「世茂深港国際中心」深セン竜崗区に建設中:AIスマートコミュニティ計画最新情報

アリババ出資のAutoXによる完全無人運転タクシー「RoboTaxi」深センに登場!

香港空港ー深圳湾ルートが20分短縮!香港最長の海底トンネル「屯門至赤鱲角連接路」12月27日開通


2020年も深センは地下鉄開通や建設ラッシュが相次ぎ、国内景気も回復傾向でした。

しかし、現地の日本人在住者・旅行者が激減している現状では海外情報発信メディアやツアーアテンド業者、在住者向けサービスを展開されている方々はみなさん大変でした。

また以前のように自由な渡航ができるようになる日が来ることを願いつつ、必要な情報を発信し続けていきたいと考えております。2021年もよろしくお願いいたします。

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事